+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
「減量したら月660円相当の手当」、奇策空振りのムンバイ市警 - インド
月660円じゃあね、6万円位じゃないと・・

減量に取り組めば月250ルピー(約660円)の割り増し手当を出すって言われたって
誰がやるか!! ちゅう感じですよね。

でも、何で 、「警官が減量なの??」

モデルなら分かるけど・・・

インドの警官も、コレ↓で、ダイエットしたら!

▼「クレア」で、あなたも、究極ダイエット



△2週間で、10キロ減量可能!なクレア!




【ムンバイ/インド 20日 AFP】減量に取り組めば月250ルピー(約660円)の割り増し手当を出す――ムンバイ市警が肥満対策として導入した奇策に、応募したのは総勢3万8000人の同市警察官のうち、たった45人だけだった。

 地元紙ムンバイ・ミラー(Mumbai Mirror)が20日報じたところによると、この特別手当制度は11月に開始された。体重を70キロ以下に保てば手当を出すとし、実施期間は12月末までとした。

 ところが、これまでに制度に応募したのは45人きり。全警官数の0.01%にすぎない。

 同紙が取材したフィットネス業界関係者らは、70キロという一律の
減量基準
を批判し、減量の際には体重と身長のバランスが考慮されなければならないと述べた。

 また1人の巡査は同紙に対し、「月250ルピーで何が買えるっていうんだい? 近所のジムの月会費にすらならないよ」と語ったという。

 インドの警察官は設備の悪いオフィスと低賃金で有名で、それが収賄の横行と勤労意欲の低下につながっていると、
多くの市民団体が指摘している。

 しかし、制度を考案したAshutosh Dumbareムンバイ市警副警視視総監は、減量特別手当に関する試みはまだ始まったばかりだと反論。市内83か所の警察署にジムを併設し、警官らがエクササイズを行う時間を設ける予定だという。

 写真は、ムンバイ市警の警察官たち。(10月18日撮影)(c)AFP/Sebastian D'SOUZA

ムンバイとは



インド門
ナーリマン岬、エア・インディア・ビルやヒルトンホテルなどムンバイ(Mumbai、マラーティー語:मुम्बई)はインドの西海岸に面したマハラシュトラ州の州都である。人口14,021,434人(2005年)で「世界で最も人口の多い都市」と言われる[1]。国内各地から移住してきた住民が非常に多いコスモポリタン的国際都市である。

1995年に英語での公式名称がボンベイ(Bombay)から、現地語(マラーティー語)での名称にもとづくムンバイへと変更された。なお原語では「イ」が長母音のため「ムンバイー」の表記がより正確とも言えるが、日本国内での表記は「ムンバイ」が大半であり、慣用という意味も含めて当記事内でも後者に統一する。

ムンバイはインド随一の商業及び娯楽の中心都市で、インド準備銀行、ボンベイ証券取引所、インド国立証券取引所や、多くのインド企業の本社がある。ムンバイには国内各地から多くの人々が事業機会や比較的高い生活水準を求め集まり、国内各地の様々な集団や宗教・文化の集積地となっている。インドにおける映画やテレビなどメディア産業における国内有数の拠点ともなっている。特に、北インドを中心に国内各地で上映されているヒンディー語による娯楽映画はこの街にある巨大な撮影所(通称フィルム・シティー)で多く制作されているため、街の旧名「ボンベイ」とハリウッドをもじった「ボリウッド」という映画の街としても知られている。また、サンジャイ・ガーンディー国立公園を市内に擁すという、インドでは珍しい都市のひとつである。

目 次

1 歴史

2 地理

3 気象

4 経済

5 観光

6 交通
6.1 市内交通

7 住民及び文化

8 その他

9 姉妹都市

10 外部リンク



[1] 歴史

主要記事:History of Mumbai
1554年ポルトガルがムンバイ沖の島々を占領し、1661年ポルトガル・ブラガンサ王朝のカタリナ王女が英国王チャールズ2世と結婚する際、持参金としてイギリス側に贈与された。英国王家は1668年年10ポンドでイギリス東インド会社に貸し付け、会社は対岸に良港があったので1687年インドにおける拠点とした。20世紀に起こった二度の世界大戦を通じてコルカタ(カルカッタ)を抜く商工業都市となる。ティラクやマハトマ・ガンディーらの民族運動の拠点となった。


[2] 地理

主要記事:Geography of Mumbai
ムンバイはインド西海岸のアラビア海に注ぎ込むウルハース川の河口にあるサーシュティー島にある。ムンバイの大部分は海面下で平均海抜10〜15mである。ムンバイの北部には丘があり、最高地は海抜450m。面積は468平方キロ。



[3] 気象

主要記事:Weather of Mumbai
熱帯に属するため、気候は主に雨季と乾季にわかれる。雨季はおおよそ3月から10月までで、湿度が高く、気温は30 °Cを超える。6月から9月の間はモンスーンによる雨が降り、2,200mmの年間降雨量のほとんどを占める。乾季はおおよそ11月から2月で、湿度もややあり温暖な気候である。1月と2月はやや冷たい北風が吹く。平均最高気温は38 °C、平均最低気温は11 °Cと幅がある。



[4] 経済

主要記事:Economy of Mumbai
ムンバイはインドの商業の中心都市で、インド経済の大きな部分を担っている。ムンバイでは、インドの全工場雇用者数の40%、全所得税収入の40%、関税収入の60%、インドに来る国際線の全フライトの40%などを占めている。ムンバイ中心街には、インド準備銀行、ボンベイ証券取引所、インド国立証券取引所、インド造幣局や、タタ・グループ(Tata Group)、ゴドレージ・グループ(Godrej Group)、リライアンス(Reliance)など、多くのインド企業の本社がある。外国の金融機関の支店もこの地域に集中している。

1980年代までは、ムンバイの経済は繊維工業と港湾貿易に大きく依存していたが、その後地域経済の基盤は工業、ダイヤモンド加工業、ヘルスケア、IT産業の分野で大きく広がっている。またムンバイは州都であり、連邦政府と州政府の職員数が多い。また非熟練労働者、港湾労働者も多い。

娯楽産業もムンバイの中心的な産業のひとつである。ほとんどのインドの主要テレビ局や衛星ネット局、出版社はムンバイに本社を置いている。インド映画業界のうちヒンディー語娯楽映画産業の中心地でもあり、ハリウッドをもじって「ボリウッド」として知られる。この地域ではインド最大の映画会社や制作会社が軒を並べる。マラーティー語のテレビ映画産業もこのムンバイにある。


[5] 観光

ムンバイ市内の主な観光地は下記の通り。

インド門(Gateway of India):高さ26m。港町ムンバイのシンボル。1911年にイギリスの当時の国王ジョージ5世とメアリー王妃の訪問を記念して、16世紀のグジャラート様式で建造された。

チャットラパティ・シヴァージー駅(旧ヴィクトリア・ターミナス):ユネスコ世界遺産に登録されている

チョウパーティー海岸(Chowpatty Beach)

プリンス・オブ・ウェールズ博物館(Chatrapati Shivaji Maharaj Vastu Sangrahalaya - Prince of Wales Museum)

チャーチゲート駅(Churchgate Terminus)

マニ・バヴァン(ガンディー博物館、Mani Bhavan - Gandhi Memorial Museum):インド建国の父マハトマ・ガンジーの1917年から1934年まで住居を現在は博物館としている

ムンバイ高等裁判所(High Court):ゴシック様式で1878年建造の建築。

ジュフー海岸(Juhu Beach)

国立現代美術館(National Gallery of Modern Art):ジャハーンギール公会堂(Sir Cowasji Jehangir Public Hall)にある



[6] 交通

主要記事:Public transport in Mumbai

チャットラパティー・シヴァージー国際空港(Chhatrapati Shivaji International Airport):ムンバイの海外からの玄関口であり、市内から34kmにある国際空港。IATAコード:BOM、ICAOコード:VABB。

長距離鉄道
インド国鉄(Indian Railways):国内各都市へ連絡している。


[6.1] 市内交通

近郊鉄道

近郊鉄道網ムンバイ近郊鉄道(Mumbai Suburban Railway)が下記の3本のルートで鉄道網を形成している。

セントラル鉄道(Central Railway、CR):チャトラパティ・シーヴァジー・ターミナス駅(旧ビクトリア・ターミナス駅)に本拠を持つ。市内北東部、中央部をカバーしている。近郊地域にも路線を持つ。市内南東部をカバーするハーバー線(Harbour Line)も傘下におさめている。
ウェスタン鉄道(Westren Railway、WR):チャーチゲート駅を本拠に持ち、市内西部を中心にカバーしている。こちらも近郊地域にも路線を持つ。
公共バス
BEST(ブリハンムンバイ電力交通公社、The Brihanmumbai Electric Supply & Transport Undertaking)が市バスを運行している。市内のほとんどをカバーしており、2階建てバス、エアコンバスも運行されている。
また、タクシー(黒と黄色のツートンに塗り分けられた車体)とオート・リクシャーが市民の足となっている。


[7] 住民及び文化

主要記事:Mumbai culture

ムンバイのユダヤ人はペルシアやアラビアに由来し、長い共存の歴史を持っている。迫害されたことはない。

ベネ・イスラエル(インドのユダヤ人)、ボンベイ・ユダヤ人、Cochin Jewsも参照。


[8] その他

血液型(ABO型分類)で、O型の亜種としてボンベイ型という型が存在する。これはムンバイで最初に発見された事に由来する。
ボンベイ・サファイアというジンは、英国統治下のインドでジンが薬として飲まれていたことからの連想で、名付けられたとされている。


[9] 姉妹都市

イズミル、トルコ
横浜、日本


[10] 外部リンク

インド政府観光局・ムンバイと西部紹介(日本語)
ムンバイ市政府(Municipal Corporation of Greater Mumbai)公式ウェブサイト(英語)
ユネスコ世界遺産 ・ムンバイのチャトラパティ・シヴァージー駅舎 (日本語)



ウィキメディア・コモンズに、ムンバイに関連するマルチメディアがあります。
この「ムンバイ」は世界の地理に関連した書きかけ項目です。



カテゴリ: 世界地理関連のスタブ項目 | インドの都市 | ゾロアスター教 | ユダヤ教徒コミュニティー | マハラシュトラ


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


世界ビックリ仰天ニュース!笑えるぜ!トップ
JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス


| インド | 22:41 | comments(0) | trackbacks(10) | pookmark