+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
【動画】 かわいいね!母親に捨てられた赤ちゃんトラ、1歳のイヌが養育 ドイツ
▼新型インフルエンザ対策!3層(三層)サージカルマスク 50枚入




↓虎とライオンの赤ちゃん!↓



JUGEMテーマ:動物園


| 動物 | 06:38 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark
かわいいね!ロシアのワンちゃん!
たしかに、オシャレなロシアのお犬様・・

ベゼルG200使用者に!大きくなり過ぎ注意!〜あなたも、20センチを超えられる!

▼『ベゼルG200(BESEL G200)』ノーベル生理学・医学賞の一酸化窒素理論をサプリに応用。



▲大きくなりすぎても、責任は持てません・・ベゼルG200の威力を体感して下さい!




| 動物 | 15:31 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark
これはちょっとヒドイ・・残酷なので、気の弱い方は見ないで動画・・!
PETAの裸抗議には、飽き飽きしてますけど、偶然、ユーチューブで見つけた↓動画は、ちと残酷過ぎです・・

PETAの主張には、今まで、あんまり関心ないというか、、ど〜〜なのよって感じでしたけど、こういう絵を見ちゃうと、ちょっと賛同してしちゃいますね・・・

人間って、なんでここまで残忍になれるのか・・・

▼あなたのコンプレックスを、『シトルリンΩ』が、完全克服!精力も増強!!





▲『シトルリンΩ』新医薬成分でペニス増大↑!!


★今だけ!『シトルリンΩ』 ★代引手数料無料キャンペーン!




▼ちょっと、残酷なので、気の弱い方は見ないで!PETA - Gillian Anderson: Armani Fur Video
JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス


| 動物 | 23:32 | comments(0) | trackbacks(9) | pookmark
レッサーパンダが大きくなったら、育ての親ネコもビックリでしょうね!
レーサーパンダ(かわいいレーサーパンダ)


▼かわいいレーサーパンダの赤ちゃん(ユーチューブ)
   ↓   ↓   ↓ 


◆へえ〜^^)!レッサーパンダの赤ちゃんを、ネコが育てるんだ・・・

まあ、色んな違った種の動物が、赤ちゃんを育てる話って聞くけど、レッサーパンダと、猫ちゅうのも珍しい組み合わせでんな・・

↓パンダ・バンクで、貯金しよっと!!↓

パンダバンク【美心生活 stmx (美容・健康・ダイエット・生活用品総合ショッピングサイト)】


▼レッサーパンダとは

レッサーパンダ(lesser panda)は、中国南部からヒマラヤにかけて棲息する哺乳類の一種である。ネコ目(食肉目)レッサーパンダ科に属する。

亜種としてネパールレッサーパンダ(ニシレッサーパンダ) Ailurus fulgens fulgens とシセンレッサーパンダ Ailurus fulgens styani の2種があり、日本の動物園で飼育されているほとんどはシセンレッサーパンダである。

中国では小熊猫(繁体字:小熊貓)と呼ばれる。英語ではレッドパンダ(red panda)と呼ばれることが多い。また、かつてイタチグマと呼ばれていたことがあった。

クマ科とアライグマ科のどちらに属するか、長年議論の的だったが、遺伝子解析の結果、北アメリカ大陸のアライグマ類が近縁であることが判明し、アライグマ大科(Musteloidea)のレッサーパンダ科(Ailuridae)に分類されることとなった。

ただし日本国内においてはアライグマ科(Procyonidae)レッサーパンダ亜科として扱われている。


そのかわいらしい姿と近年のブーム(後述)により各地の動物園で人気者になっている。

レッサーパンダ Ailurus fulgens
種の保全状態評価
ENDANGERED
(IUCN Red List Ver.2.3 (1994))
画像:Status iucn2.3 EN.svg
分類
界 : 動物界 Animalia
門 : 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱 : 哺乳綱 Mammalia
目 : ネコ目(食肉目) Carnivora
科 : Ailuridae
属 : Ailurus
種 : A. fulgens
学名
Ailurus fulgens
(F. Cuvier, 1825)
和名
レッサーパンダ
英名
Red Panda
レッサーパンダの分布図


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス


| 動物 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark
しまね海洋館のシロイルカ、得意技「バブルリング」を披露
イルカって、幸せを運んできてくれるイメージありますけど、この島根のしまね海洋館AQUAS
の写真のイルカ君(か「ちゃん」か分からんが)、賢そうな、お顔してまんね〜〜

何だか、おとぎ話に出てくる、賢人の生まれ変わりみたいなイメージですなあ〜〜

ちょっと、何を考えてるんだろう、このイルカ君、お話してみたいねえ〜〜

なんて思っちゃいますわ!!

まあ、こんな賢そうなイルカ君と、一緒に泳いだら、気持ち良さそうっすけど、その前に、こいつ↓で、スッキリ、いい男になってないとイルカ君に嫌われちゃうかも!!

▽激得、御買得情報!!▽

☆あなたも、

エヌナノアフターシェイブジェル
で、ツルツル肌に!!今年の夏は頂き!!
       
    ▼    ▼    ▼    ▼


エヌナノアフターシェイブジェル
】最強抑毛剤ナノナノのヒゲ用バージョン登場!大豆イソフラボン・パパイン酵素高配合!

↓ 詳しい情報は、下記をクリックして下さい ↓

        ↓    ↓   ↓

 

JUGEMテーマ:社会の出来事


| 動物 | 04:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
シベリアトラの3つ子の赤ちゃん、仏動物園にお目見え
3つ子のシベリアトラって、「かわいい」と思いつつ、赤ちゃんとはいえ、そこは野生のトラ、、目つきが鋭すぎ・・

▽激得、お買得情報!!▽

★あなたも、シトルリンΩで、デッカイ男になれる!!★

      ▼    ▼    ▼ 

↓ シトルリンΩ(今なら、2万2千円値引き中)の詳しい情報は、下記をクリックしてね ↓

      ↓    ↓   ↓


       ↑    ↑    ↑
【期間限定!-22000円off】シトルリンΩ5箱セット
シトルリンΩ』長年のコンプレックスを完全克服!精力も増強!!

JUGEMテーマ:1へぇ〜


| 動物 | 08:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
40年前から一人ぼっちのゾウガメ、「ロンサム・ジョージ」 - エクアドル
うん、うん、知ってるこの、ガラパゴス諸島の、一人ぼっちの亀さん、、

人呼んで「ロンサム・ジョージ」、、一人ぽっちのジョージ、、

テレビ番組で何度か見たことあるぞ!!

確か、何度か、メスのカメとくっつけて、種の保存を、人間様が図ったけど、全部失敗に終わってたみたいな、番組やってたよ。。

やっぱ、人間様の思い通りになんか、メスのカメだって、このロンサム・カーボーイじゃなくて、ロンサム・ジョージだってなんないよね。。

それもあるけど、同じテレビ番組で、ガラパゴス諸島に観光客が押し寄せて、自然環境が壊されてるってやってたけど、そっちも心配ですね。。

ねえ、ロンサム!!

でも、人間で言えば、このロンサムジョージって、何歳くらいなんだろうか?

100歳は、軽く超えてんのかね?

JUGEMテーマ:びっくりニュ-ス


| 動物 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
タスマニアデビル絶滅の危機高まる、保護区で「デビルがん」が発生

タスマニアデビル
、、デビルと呼ばれるだけあって、

↓こうだと、おっかないが・・・

タスマニアデビル Sarcophilus harrisiiタスマニアデビル Sarcophilus harrisii。




↓こうなちゃうと、かわいそう・・

重篤なDFTDに罹患したデビル重篤なDFTDに罹患したデビル。


このデビルガンの原因は、いろんな説があるようだけど、本当の原因は、何なんだろうか?

また1つ貴重な種が、地上から消えてしまうのだろうか・・・


デビル顔面腫瘍性疾患とは



重篤なDFTDに罹患したデビルDFTD(Devil Facial Tumour Disease)、または単純にデビル病(デビル癌)と呼ばれる。

タスマニアデビル成獣の顔・首にできる腫瘍(癌)で、徐々に周辺組織を侵しいずれは死に追いやる 。

多くはまず口の周辺に腫れ物ができ、腫瘍が肥大化(口や目を塞いでしまうこともある)、頚部・頭部の周辺組織や、

時には腰・背中など他の部位にまで転移し、症状が現れてから3〜6ヶ月で餓死する。 現段階では原因、治療法共に不明である。


餌を巡る争いや求愛行動の際の咬傷を介して伝染するという説が有力。 そのため、主に成獣に発症していると考えられる。

生態数調査で捕獲される発病したデビルのうち83%までが成獣である。


癌の直接的な病因が伝染するのか、はたまた癌を誘発する別の何かが伝染するのか定かではないが、感染に対する免疫反応や

治癒例は現在のところ確認されておらず、感染地域は拡大の一途をたどっている。

1996年にタスマニア北東部で報告された後、2006年12月までにタスマニア東部〜中部(島面積の約2/3)で感染例が報告されている。

1992〜1995年と2002〜2005年の目撃数を比較すると、タスマニア州平均で約60%、北東部では約10%までに減少している。

因みに1964〜1995年に捕獲されたデビルの総数は2020匹にのぼるが、その時期のDFTD様の症状に関する報告は皆無だった。

epidemic / pandemic(爆発的に広がる強い伝染病)、zoodemic(その動物版)などと評される所以であろう。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


タスマニアデビルとは



タスマニアデビル

タスマニアデビル Sarcophilus harrisii
分類
界 : 動物界 Animalia
門 : 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱 : 哺乳綱 Mammalia
亜綱 : 獣亜綱 Theria
目 : フクロネコ目 Dasyuromorphia
科 : フクロネコ科 Dasyuridae
亜科 : フクロネコ亜科 Dasyurinae
属 : タスマニアデビル属 Sarcophilus
F. G. Cuvier, 1837
種 : タスマニアデビル S. harrisii

学名
Sarcophilus harrisii
(Boitard, 1841)
和名
タスマニアデビル
英名
Tasmanian devil
タスマニアデビル(Sarcophilus harrisii)は、哺乳綱フクロネコ目フクロネコ科タスマニアデビル属に分類される有袋類。別名、フクロアナグマとも。

目 次

1 分布

2 分類

3 形態

4 生態

5 生活環

6 保全状態の評価

7 歴史

8 デビル顔面腫瘍性疾患
8.1 公的な保護活動
8.1.1 生息数調査
8.1.2 病理研究
8.1.3 野生保護区
8.1.4 人工飼育
8.2 民間の保護活動

9 参考文献
10 外部リンク



[1] 分布

タスマニア島に分布し、特に北東部に全般的に生息数が多い。


[2] 分類

タスマニアデビルが自然学者ジョージ・ハリスによって初めて学問的に紹介されたのは、1807年のことである。

その論文中ではオポッサム属に分類され、Didelphis ursinaと名付けられた。

1838年、リチャード・オーウェンによってフクロネコ属に分類し直され、Dasyurus laniariusと改名された。

次いで1841年には ピエール・ボアタールがタスマニアデビル属に分類し、Sarcophilus harrisii と名付けた。

sarco

philus
嗜好者
harrisii
タスマニアデビルを初めて学問的に分類した自然学者ジョージ・ハリスに因む

1987年、同種を Sarcophilus laniarius へと更に分類・改名しなおす試みがなされた。

しかし、その根拠となったのはオーストラリア本土で発見された数体の化石に過ぎず、分類学上ひろく受け入れられるには至らなかった。

系統学上、タスマニアデビルともっとも近い肉食有袋類はフクロネコで、より遠いのがフクロオオカミとされている。


タスマニアデビル属の生物は3種が知られており、うち2種(S. laniariusとS. moornaensis)は更新世の化石種である。


S. laniariusは現存する本種よりも10kgは大きかった。3種の系統上の関係はよくわかっておらず、本種をS. laniariusが矮化したものとする説と

、本種とS. laniariusは別種で、更新世にはどちらも存在していたとする説がある。


[3] 形態

体高
30cm程度

体長(尾を含まない)
50-60cm

尾の長さ
20-30cm

体重
雄10-12kg、雌6-8kg


フクロオオカミ絶滅後は、現生では最大の肉食性有袋類である。 黒色(または黒褐色)の毛に覆われており、たいていは胸・腰のあたりに
白い模様がある。

耳の被毛は薄く、興奮すると血色が透けてピンクや赤色が鮮明になる。

上顎部の2本の鋭い牙は、一生伸び続ける。 尻尾には脂肪がためられるようになっており、栄養状態の悪いデビルの尻尾は細い。

走るときには後ろ足を揃えて出すため、後ろ足よりも前足の方がやや長いことと相まって、ユーモラスな動きになる。

四肢に鋭い爪を備えているが、攻撃用ではなく、巣穴の土掘りに活躍する。 子供の頃は身が軽く、低木によじ登ることもできる。

有袋類の特徴である育児嚢は、コアラやカンガルーと異なり、後ろ向きについている。 これは四足歩行で土を掘り返す習性のためで、

袋の中に土が入らないようになっている。 本種よりも穴掘りがずっと得意なウォンバットの育児嚢も同じく後ろ向きである。


通常あまり臭わないが、ストレスを感じたり興奮したりすると強い体臭を発する。 視力は弱いが、優れた嗅覚と聴覚を持っている。


[4] 生態

夜行性で、昼間は穴ぐらや藪の中に潜んでいるが、夜になると餌を求めて1晩に16kmほど移動することがある。

主には死肉を食すが、哺乳類・鳥類・昆虫類等も捕食する。 野生のデビルの胃からホヤが見つかったことすらある。


およそ肉食に分類される獲物ならば何でも食べるが、ポッサム・ワラビー・ウォンバット等の小型哺乳類を最も好む。


クロコダイルと比較されるほど強靭な顎を持ち、骨・皮・毛・羽等、何でもバリバリと噛み砕いて食べてしまう。

標準的には1日に体重の15%ほどの食餌を要するが、体重の実に40%近い獲物を30分でたいらげてしまう事が可能である。


動物の死体を処理することで、公衆衛生やスムーズな食物連鎖の回転に寄与している。


気性が荒く、個体同士が餌の奪い合いで激しい争いになることもある。鳴声が非常に特徴的で、「背筋の凍るような」「数km先まで響き渡る」と

形容される唸り声・叫び声を上げる。


争いなのかコミュニケーションの一環なのか、恐ろしげな威嚇の鳴き声・ジャブの応酬・果ては本格的な喧嘩や多少の怪我はデビルにはつきもの
である。


顔や腰周辺の傷跡の多寡で年齢や性別を推測できたりもする。

一方で、自分より大型の動物に対しては臆病で、格上の個体や人間等に対して牙をむき出してうなるのは攻撃性のゆえではなく、

むしろ恐惶に駆られているか直接的な争いを避けるためのハッタリである。


大きく口を開けて叫びつつ今にも襲いかかってきそうな野生個体に遭遇したら、人間はそのまま距離をおいて黙って待つことである。

攻撃しなければ、逃げていく。



縄張り意識はさほど強くはなく、数匹の縄張りが重なり合っていることもある。


腐肉の臭いに誘われて集まった同格の個体が、争ったり威嚇したりしながらも、ひとつの獲物に同時に食らい付いていることも稀ではない。

そのような時には、ヒゲで他の個体との距離を測りつつ食べては争う。


[5] 生活環

生まれたばかりのタスマニアデビルの発育段階。斜め線は変化の開始から終了までの期間を示す。例えば、体表が毛で覆われるのには41日間かかる。

繁殖シーズンは通常3月(タスマニアでは初秋)。7月まで続くこともある。 雌はシーズンを迎えると首周りに脂肪がたまり、巣作りをはじめる。

雄同士は雌を巡って激しく争い、勝者の雄は雌を3日ほど巣に監禁して生殖行動を行う。

3日がすぎると雌のホルモン分泌バランスが変化して気性が(ますます)荒くなり、雄は巣穴を追い出される。


有袋類、言い換えれば無胎盤類であるタスマニアデビルの妊娠期間は約31日で、カンガルー等と同様、胎児が非常に未熟な状態で出産する。

一度に20-40匹生まれる米粒ほどのサイズの胎児は、産道の出口から6-7cm離れたところにある育児嚢に向かって移動する。

育児嚢には乳首が4つしかないので、生き残るのは無事たどりついて乳首にしっかり固定された最大4匹の胎児だけとなる。

通常は2-3匹の赤ん坊を子育てすることになる。


生まれたときは小さいジェリービーン様だが、育児嚢で4ヶ月すごすと200gほどに成長し、見た目は成獣とそっくりになる。

その時点で育児嚢から出てくるが、カンガルーやワラビーと違い、いったん袋の外に出ると戻ることはない。

更に3ヶ月ほどは巣の中に留まり、母親の袋に顔をつっこんでは授乳してもらう。

10-12月(春)には巣の外に出るようになり、1月(夏)には独り立ちするが、その後の1年間を生き延びる野生のデビルは半数ほどである。

生後2年で成熟し、2年目の3月には繁殖期を迎える。

3年目には大人の大きさまで成長する。

野生のデビルの寿命は5-6年、飼育下では6-7年である。


[6] 保全状態の評価

LEAST CONCERN(IUCN Red List Ver.3.1(2001))


オーストラリアでは、「危急」(Vulnerable)にランクされている[4]。



[7] 歴史

現在はタスマニア島のみに生息するが、古くはオーストラリア大陸にも生息していたことが化石により判明しており、同大陸ではヨーロッパ人
到達以前の14世紀終わり頃に絶滅した。

オーストラリア大陸での絶滅はフクロオオカミと同様に、人類がもたらしたイヌが野生化したディンゴの影響があると思われる。

1800年頃から入植を始めたヨーロッパ系住民は、家禽や家畜を襲う害獣として、また鳴き声や死体を漁る姿を悪魔に例えて忌避した。

1830年には羊毛・畜産の民間企業による奨励金(雌35セント、雄25セント)が、また1888年には政府によって同様の奨励金が設けられ、
フクロオオカミと共に駆除が奨励された。

しかし、1936年にフクロオオカミが絶滅するとタスマニアデビルを保護する気運が高まり、1941年に保護法が成立し現在に至っている。

1996年に初めて公式に報告された「デビル顔面腫瘍性疾患」と呼ばれる病気によって、この10年間で30〜40%まで個体数が減少している。

自然発生的な伝染病のみを原因として生物が絶滅することは稀だが、環境的な要因が加わると、加速度的に個体数が減少する可能性がある。

2000年前後にハンティング目的で不正にもたらされたキツネが野生化して個体数を増やしつつあり、仮にDFTDが収束したとしても、いちど

食物連鎖の頂点を追われた動物が元の地位・生息数・生息地域に戻ることは困難である。

2006年、オーストラリア政府は本種を絶滅危惧種(危急 - Vulnerable)に指定した。



[編集] 公的な保護活動
タスマニア州政府農水省(DPIW:the Department of Primary Industries and Water)・大学・自然公園・動物園などによる共同保護プログラムが実施されている。主には以下のようにに分類されている:

生息数調査
病理研究
野生保護区
人工飼育
なお、DFTDプログラムでは、随時ボランティアを募集している。


[編集] 生息数調査
野生のデビルを捕獲・観察し、また捕獲後はリリース前に動物医による診断を行っている。 罠による捕獲では毎日チェックし中のデビルをケアする必要があるため、日次チェックに適さない地域では遠隔操作カメラも導入され効果をあげている。

捕獲に使用される罠は特製で、日中穴倉にもぐりこむデビルの習性にあった形状をしている。 ストレスを感じさせないのは勿論のことだが、よほど居心地が良いのか、中にはしょっちゅう罠に入り込んでは仰向けで熟睡している個体もいるそうである[6]。


[編集] 病理研究
DFTDの原因、治療法などの研究が多くの大学機関・病理学者によって行われている。

2006年11月にはDFTDの癌細胞は神経内分泌に起因するとの研究成果が発表されたが、従来の仮説(リンパ腫あるいはレトロウィルスを原因とする)を覆す内容であり、今後さらなる研究が期待される[7]。


[編集] 野生保護区
島南東部に位置するタスマン半島と本島とを繋ぐ唯一の橋を封鎖し、健康なデビルを隔離・生息させようという試み。 半島と本島をつなぐ橋に、デビル避けの網や、デビルサイズの生物に反応するセンサー式のウォータージェット・ライト・録音した犬の鳴声を仕掛けるなどのアイディアがある。

2004年にプログラムがスタートしてから3年の間に、DFTDに罹患したデビル60匹が保護・退去となっている。 2006年前半6ヶ月の監視カメラによる記録では、外部から半島へ入ってきたデビルは僅か2匹に留まっている[6]。


[編集] 人工飼育
「箱舟」プロジェクトでは、2006年12月と2007年1月の2度にわたって、総勢48匹のタスマニアデビルをオーストラリア本土の4つの自然動物公園へ送り込んだ。 同プロジェクトの舞台としてタスマニア州外の動物公園が選ばれたのは、DFTDの脅威と無縁だからだ。 タスマニア州でもDFTDの発症例がない地域から集められた48匹が、箱舟に乗せられた。

2007年4月、カランビン自然動物公園で人工飼育下のタスマニアデビルの袋に子供が4匹入っていることが確認された。

2007年6月には、ニューサウスウェールズ州ゴスフォールドのオーストラリア爬虫類公園で、タスマニアデビルの赤ちゃん10匹が生まれた。 母親となったのは、DFTDプログラム下で人工飼育した「健康保証つき」の3匹だ。 この他、同公園に送られた2006年12月時点で、すでに離乳前の新生児が袋の中にいた雌が1匹いる。

同園では、遺伝子の多様性を保ち近親交配を予防するため、3匹の雌をそれぞれ2匹の雄と交配させた。


[編集] 民間の保護活動
旅行者の目撃情報
タスマニアデビルの目撃情報は、生息地域や感染地域に関する重要な情報源となり得る。 旅行中にデビルを目撃した場合(生死問わず。路肩の野生動物の轢死体を漁りに来て二次被害にあった事故死体も含む)、DFTDプログラムは次の事柄に関する情報を求めている:

目撃場所(GPSがあれば座標情報)
大きさ(体重を目測できなければ、猫・小型犬・小さい中型犬などの描写でも可)
雌雄
身体的特徴(古い傷跡や模様の位置、耳の形・切れ目など。尻尾の毛は濃いか、薄いか。写真があればベスト)
推測される死因(明らかな交通事故死か、そうでないか)
病変の有無、位置、大きさ(腫瘍が見当たらない場合はそのように明記)
報告者の連絡先
このチェックリストは、国立公園や野生動物公園のビジターセンターで配布されている。 電話報告は24時間受付。ただしDPIWの営業時間外は留守電に伝言を残す形式で、翌営業日に折り返し連絡になる。

※注意
タスマニアデビルは未知の病原菌に感染している恐れがある。
決して触らないこと!



マックスバリュ東海
マックスバリュ東海は、DFTDプログラムへタスマニアデビル支援金を贈呈する活動[8]を行っている。 青果物の仕入れが縁で始まったという支援活動で、2回目の寄付となる2006年6月には約 A$30,000 が寄付された。 内訳は、店内設置の募金箱に集められた寄付金、およびそれと同額のマックスバリュ東海拠出の寄付金である。

カンタス航空
カンタス航空はオーストラリア国内の空港にタスマニアデビルの彫像を冠した募金箱を設置している。


[編集] 参考文献
[ヘルプ]^ Harris, G. P.1807. Description of two species of Didelphis for Van Diemen's Land. Transactions of the Linnean Society of London, Volume IX
^ Krajewski, C. et al. 1992. Phylogenetic relationships of the thylacine (Mammalia:Thylacinidae) among dasyuroid marsupials: evidence from cytochrome b DNA sequences. Proceedings of the Royal Society B-Biological Sciences 250:19–27 PMID 1361058
^ 製作:Natural History New Zealand、協力:Discovery Channel、The Devil's Playground、2000年
^ Department of Environment and Heritage. EPBC Act List of Threatened Fauna
^ http://dx.doi.org/10.1371/journal.pbio.0040342 To Lose Both Would Look Like Carelessness: Tasmanian Devil Facial Tumour Disease. McCallum H, Jones M, PLoS Biology Vol. 4/10/2006, e342.
^ a b c d デビル顔面腫瘍性疾患ニュースレター(2006年12月)
^ R. Loh1; D. Hayes; A. Mahjoor; A. O'Hara; S. Pyecroft1 and S. Raidal, "The Immunohistochemical Characterization of Devil Facial Tumor Disease (DFTD) in the Tasmanian Devil (Sarcophilus harrisii)", Veterinary Pathology, (編者不明), USA (WI): The American College of Veterinary Pathologists (ACVP), Vol.43, pp. 896-903
^ 第2回タスマニアデビル保護支援金の贈呈について

[編集] 外部リンク
ウィキメディア・コモンズには、タスマニアデビルに関連するマルチメディアがあります。ウィキスピーシーズにタスマニアデビルに関する情報があります。Tasmanian Parks and Wildlife Services entry on the Tasmanian Devil (音声・動画へのリンクあり)
SAVE THE TASMANIAN DEVIL
この項目「タスマニアデビル」は、動物に関連した書きかけの項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めています。(Portal:生き物と自然/Wikipedia:ウィキプロジェクト 生物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 動物 | 23:39 | comments(0) | trackbacks(7) | pookmark
広島大、内臓が見える「透明カエル」を作り出すことに成功

透明カエル
が、癌など、人の病気を治す役に少しでも立つなら、どんどん活用すべきじゃないかな、、

尊いカエルさんの命に心から感謝しながら。

へ〜〜、最近は、カエルの解剖が、動物愛護団体の活動で、コンピュータグラフィックの世界で行われてるんだ!!

なんだか、おかしいよね、、

だったら、食用ガエルは、どうなのさ!!

下のWiki「食用ガエル」を見ても一目瞭然だけど、大昔(日本書紀??)から、洋の東西を問わず、世界中で、カエルさん

食べまくってる訳よね・・・・

その量に比べて、科学者や、医者なんかが、実験用に使うカエルさんって、どん位の量な訳さ??
(小学校の実験入れたって、比較になんないんじゃないの??)

第一、動物愛護団体とかって、動物を一切食べないわけ??

ちゅうか、植物だって生き物でしょ?

ということは、同じ、命なわけで、そういう輩は、動植物を一切食べてないわけ??

それとも、自分が生き続けるために他の動植物を、殺して食べるのはいいけど、自分たちの命を救うための医学や

科学の進歩のために、少しだけ(食べる量に比べたら、屁みたいなもんでしょ・・)他の生物を利用するのは

野蛮で、イカン、、、ちゅうわかなのかな??

それなら、まだ、高級毛皮は、ケシカラン!!

とかいう主張の方が、分かりやすいと思うけどね・・・

私も、難病を患ってるから、医学と科学には、真っ当に、進歩発展して欲しいけどね・・・


だいたい、人類が、今の平均寿命(長く生きればいいってもんじゃないけど・・・)を勝ち得てるのも

多くの他の動植物の犠牲の上で進歩、発展してきた、医学、科学の成果があるからじゃないのかね???



食用ガエルとは



フランスの代表的な食用ガエル、ヨーロッパトノサマガエル Rana kl. esculenta食用ガエル(しょくよう - )とは、食用とされる様々なカエルの総称

目 次

1 欧米における食用ガエル
1.1 ヨーロッパトノサマガエル
1.2 ウシガエル
1.3 その他の食用ガエル

2 南アメリカにおける食用ガエル

3 日本における食用ガエル

4 参考文献



[1] 欧米における食用ガエル


[2] ヨーロッパトノサマガエル

フランス料理などの食材に使われるカエルは、ヨーロッパ原産のヨーロッパトノサマガエル Rana kl. esculenta である。

オスの体長は6cmから11cmでメスは5cmから9cmである。このカエルはRana lessonaeとワライガエルの種間雑種である。

氷河期にこの2つの種の原種の生息域が分断され、それ以後別に進化を遂げたが、交配できなくなるほどには分化しなかった。

そのため、両種が生息している地域には、ヨーロッパトノサマガエルもまた生息している。

しかしヨーロッパトノサマガエル同士の交配では胚が正常に発生しないので、ヨーロッパトノサマガエルのメスは元となった種と交配して、子孫を残す。

なおヨーロッパトノサマガエルという和名だが、日本のトノサマガエルととりたてて近縁なわけではない。


[3] ウシガエル

日本では食用ガエルといえばウシガエルを指すことが多い。1918年に東京帝国大学の渡瀬庄三郎教授の手によってアメリカ合衆国から食用として輸入され、

その後、国の指導により各地で養殖されるようになった。

全長は10-20cmと大型。雄の鳴き声は牛の声に似て低く大きく遠くまで響き渡る。繁殖期は6-8月。

湖・池・沼・水田・河川の水の流れの弱い所など水面が広く水の淀んだ所に棲み、ザリガニ・昆虫・魚などを食べる。

養殖されていたものが逃げ出し野生化し、現在では日本各地で見ることができる。アメリカザリガニはウシガエルの養殖用の食料として輸入された。

80年代に韓国が食用として日本からウシガエルを導入したが、逃げ出したウシガエルが野生化して国内に大量発生し、韓国の生態系を脅かす問題となっている。


[4] その他の食用ガエル

中国からインドネシアにかけての地域では、トラフガエル Rama tigerina 、ヌマガエル Rana limnocharis などが食用に利用されている。

トラフガエルは乱獲によって資源が減少した地域もあり、1985年にワシントン条約付属書 II に掲載された。

また中国では国家二級保護動物に指定されている。中国南部、タイなどでは養殖も盛んである。

他の食材と同じく、カエルも需要に応じて国際商取引が行われている。

たとえばフランスでは、ヨーロッパトノサマガエルの減少に伴い、その代用としてウシガエル、トラフガエル、インドクサクイガエルなどを輸入している。

1970年代、1980年代には、推計で年間約6000万匹のカエルがフランスに輸入されたという。


[5] 南アメリカにおける食用ガエル

ユビナガガエル科に分類されるナンベイウシガエルが食用とされる。味は鶏肉に近いようで「マウンテンチキン」の別名がある。


[6] 日本における食用ガエル

また、日本書紀によると、吉野の国栖の人々は蝦蟇(がま)を煮たものを「毛瀰(もみ)」と呼んで食べていたという。

この「毛瀰」が非常に美味しかったことから、関西では「もみない(毛瀰でない)」という言葉を「不味い・美味しくない」という意味で使うようになった。

現代ではガマガエルはヒキガエルの別名として用いられるが「大和本草」には蝦蟇と蟾蜍(ヒキガエル)が別項目で載っていることから他の種類のカエルであると

考えられている。

なお、沖縄では昔からナミエガエル Rana namiyei を食用にする習慣があったが、現在は天然記念物に指定されているので食用にはされていない。


[7] 参考文献

松井正文『カエル−水辺の隣人』中公新書、2002。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

| 動物 | 11:26 | comments(0) | trackbacks(9) | pookmark
ウィーンの動物園でジャイアントパンダが出産、欧州初の自然妊娠
ジャイアントパンダが、欧州ウイーンで、自然出産したそうな。


パンダ
って、シロクログマ(白黒熊)とも言うんだね・・

なんか、見たまんま・・・ちゅうう感じやけど。

それに、
ジャイアントパンダの「貸出制度」
があるとは知らなかったね、、

中国政府は1984年以来、「パンダの貸出制度」を行っており、各国の動物園は年間最大100万ドル(約1億1600万円)を中国に支払っている。


一頭、最大で100万ドルで貸出てるちゅううから、中国政府も、良い商売してまんな・・

しかも、パンダの「所有権」と「命名権」は、中国政府にあるんやて!

ちなみに、ヤンヤン、ロンフイ、2頭の所有権を持つ中国が、この赤ちゃんの命名権を持っている。



何だか、パンダは、「不動産かよ!!」って突っ込みたくもなるけどね。。

一方で、パンダは絶滅危惧(きぐ)種に指定されてて、野生では四川省(Sichuan)の山奥を中心に約1600頭しか生息していないんだって。

動物園で、人が飼育しているパンダが、約160頭で、合わせても、世界中で、パンダって、2,000頭いないってことだ、、

こりゃ、かわいいだけじゃなくて、守っていかないとね、、

でも、繁殖し過ぎて、珍しくなくなっちゃうと、希少価値が落ちて「パンダの貸出代」も暴落したりして・・・






ジャイアントパンダとは



ジャイアントパンダ


コウコウ(神戸市立王子動物園)
分類
界: 動物界 Animalia
門: 脊索動物門 Chordata
亜門: 脊椎動物亜門 Vertebrata
綱: 哺乳綱 Mammalia
目: ネコ目(食肉目) Carnivora
科: クマ科 Ursidae
亜科: パンダ亜科 Ailurinae
属: ジャイアントパンダ属 Ailuropoda
種: melanoleuca

学名

Ailuropoda melanoleuca

和名
ジャイアントパンダ

シロクログマ
英名
Giant Panda

ジャイアントパンダ(あるいはシロクログマ)は、中国四川省、陝西省などに生息する、哺乳綱ネコ目(食肉目)クマ科に属する動物。中国では熊猫‧熊貓(ションマオ、xióngmāo)または大熊猫・大熊貓(ダーションマオ、dàxióngmāo)と呼ばれる。白と黒にはっきりと分かれた体毛が特徴である。

目 次

1 分類

2 名称

3 身体的特徴

4 生態

5 生息地と保護

6 新種の発見

7 Status

8 パンダと外交

9 日本国内でジャイアントパンダを見られる場所

10 来日パンダ

11 関連項目

12 外部リンク


[1] 分類

その名の通りクマに似ているが、アライグマに近い特徴も持つ。そのため、クマ科に属するか、アライグマ科に属するか、独立したパンダ科(もしくは、ジャイアントパンダ科)に属するかの論争が長年繰り広げられていたが、遺伝子の解析により、クマの近縁であることが明らかになった(なお、上野動物園などでは旧来のジャイアントパンダ科の表記がまだ残っている)。一方、レッサーパンダ(小熊猫・小熊貓)は独立したレッサーパンダ科に分類された。


[2] 名称

日本では単にパンダと言う場合、レッサーパンダではなく、このジャイアントパンダを指すことが多いが、先に発見されたのはレッサーパンダの方である。なお、パンダという呼び名は、ネパール語で「竹を食べるもの」を意味する「ポンガ」に由来するとされる。中国語で単に「熊猫」または「熊貓」という場合も同様である。猫にあまり似ていないジャイアントパンダに猫という字が入るのも、元はこの名がレッサーパンダのものだった名残である。


[3] 身体的特徴

全長120〜150僂如⇔ち上がると170僂砲覆襦オスの体重は約100kg、メスは約80kgである。目の周り、耳、四肢、背中の両肩の間の毛が黒く、他の部分は白い。尾も白で長さは約13僉H乕罎凌Г亙かれていない。 なお生まれた直後は毛が一切生えておらず、一ヶ月ほどたつと親と同じような模様の毛が生えてくる。

第一中手骨(親指)側にある撓側種子骨と第五中手骨(小指)側にある副手根骨に指状の突起があり、その突起を利用して物を掴むことができる。撓側種子骨は人間の親指のように見えることから「偽の親指」や「第六の指」と呼ばれている。

目の周りの模様がたれ目のような形をしている。歯は牙のように鋭い。

消化器官の構造は肉食獣と同様であり、草食としては腸も盲腸も短い。 このため、食物の消化効率が悪く栄養摂取の効率が低い。 飼育下では肉を与えていたこともあり、肉食や雑食も可能ではないかと言われている。


[4] 生態

現在は竹林を住処にし、笹や竹を主食にしているが、かつては他のクマ類と同様に肉食を含む雑食性であったと言われている。昔は動物園でも肉を与えていた。その後、気候の変動による食糧不足から偏食を余儀無くされ、常に入手しやすい笹ばかり食べるようになったと思われる。

群れや家族を形成せず、基本的に単独で行動している。他のクマ科の動物と異なり、冬眠はしない。メスの繁殖期は年に一度、3月から5月の間である。受胎が可能な期間は数日ほど。妊娠期間は3〜6か月で、通常1頭または2頭の子どもを出産する。生まれた子どもの体重は85〜140gと非常に小さい。

かなりの数の飼育員や見学客などが実際に襲われていることからも分かるように、愛らしい外見に似合わず凶暴性も持つ。毛皮は、堅くて脂ぎっている。


[5] 生息地と保護

ジャイアントパンダの分布図2004年に発表された調査では、現在、中国四川省北部の岷山山地、陝西省南部の秦嶺山脈、甘粛省南部などに約1,600頭が生息している。中国では40か所のパンダ保護区を設けてジャイアントパンダを保護しているが、最大のものは四川省北部のアーベイ州にある臥竜自然保護区(約2,000㎢)である。

現在の中国では、パンダの密猟は重罪とされている。終身刑が最高刑であるが、以前は死刑が最高刑で、実際に処刑(主に銃殺刑)が行なわれたこともある。

中国では生息地域だった土地の開発が進むにつれて、パンダが孤立する傾向にあり、繁殖期になっても交尾の相手が見つからないといった事態が起きている。また、パンダの食物である竹は数年に1度、一斉に開花し枯れてしまうため、この時期には食料にありつけず餓死してしまうことがある。

ワシントン条約の附属書I(絶滅のおそれのある種で取引による影響を受けており又は受けることがあるもの)に掲載され、取引が厳しく制限されている。

2006年、生育センターなどで飼育中のパンダは計217頭。野生では約1590頭のパンダが生育している。この数は80年代末より約40%増えている。


[6] 新種の発見

2006年、四川のジャイアントパンダと秦嶺のジャイアントパンダはそれぞれ独立した亜種であることが確認された。


[7] Status

ENDANGERED (IUCN Red List Ver.2.3 (1994))



[8] パンダと外交

中国政府は各国との関係発展のために相手国にパンダを贈呈する、いわゆる「パンダ外交」を展開してきた。これが転じて、アメリカなどでは親中派が「パンダ・ハガー(パンダを抱く人)」という蔑称で呼ばれることがある。

日本においては1970年代にパンダの大ファンである黒柳徹子によって紹介され、その後日中国交正常化により上野動物園に中国から2匹送られたため、日本中にパンダ・ブームが起こった。現在でも愛くるしさや希少さからパンダの人気は高く、パンダのいる日本の3動物園ではパンダ目当ての来園客が非常に多い。そのため、興行などで集客力を持つために使われる人気者のことを指す客寄せパンダという言葉も生まれた。

また2005年に台湾(中華民国)の比較的親中的な野党である中国国民党および親民党代表団が中国大陸を訪問した際に中国共産党側から台湾にパンダを贈る約束を取り付けた。これに対して民主進歩党出身の陳水扁政権は、ワシントン条約に基づき、中国政府が輸出許可書を発行することを求めた。勿論これは「パンダ外交」による国民の反中心情の緩和を警戒したものである。しかし、中国政府は国内移動として、これを拒否した。そのため、台湾政府はパンダの輸入を許可していない。

現在、外交としてパンダが送られることはなく、全て『中国籍』のレンタルで、 それぞれの国籍を持っているパンダは5頭に満たない。また、そのレンタル料も法外であり、つがい一組で年間1億円ほど、生まれた子供も、たとえ片方が中国籍でなくても『中国籍』となり、課金対象になってしまう。そのため、資金難からパンダを返還した国もあり、パンダはもはや外交ではなくビジネスであるとも言われている。


[9] 日本国内でジャイアントパンダを見られる場所

東京都恩賜上野動物園:東京都台東区 (リンリン)
神戸市立王子動物園:兵庫県神戸市 (コウコウ、タンタン)
アドベンチャーワールド:和歌山県白浜町 (エイメイ〔父〕、メイメイ〔母〕、ラウヒン〔長女〕、リュウヒン〔双子次男〕、シュウヒン〔双子三男〕、コウヒン〔四男〕、アイヒン〔双子次女〕、メイヒン〔双子六男〕※)
 ※長男、長女...の数え方は、永明と梅梅の間の子供に限る。ちなみに、梅梅は来日前に中国で双子の姉妹(奇縁、奇珍)を出産した経験があり、永明は梅梅の双子の姉(蜀蘭)との間に、人工授精により2002年に中国で生まれたオスの子供(蘭宝)がいる。来日した時すでに梅梅は長女ラウヒンを妊娠しており、正確には永明はラウヒンの義理の父親ということになる。


[10] 来日パンダ

ナマエ 名前 性別 誕生 来日 死亡 出国 現住(滞在した)場所
カンカン 康康(Kang Kang) オス 1970/11(推定) 1972/10/28 1980/6/30 東京恩賜上野動物園
ランラン 蘭蘭(Lan Lan) メス 1968/11(推定) 1972/10/28 1979/9/4 東京恩賜上野動物園
フェイフェイ 飛飛(Fei Fei) オス 1967(推定) 1982/11/ 9 1994/12/14 東京恩賜上野動物園
ホアンホアン 歓歓(Huan Huan) メス 1972(推定) 1980/1/29 1997/9/21 東京恩賜上野動物園
チュチュ 初初(Chu Chu) オス 1985/6/27 国内生まれ  1985/6/29 東京恩賜上野動物園
トントン 童童(Tong Tong) メス 1986/6/1 国内生まれ  2000/7/8 東京恩賜上野動物園
ユウユウ 悠悠(You You) オス 1988/6/23 国内生まれ 2004/3/4 1992/11/13 東京恩賜上野動物園
リンリン 陵陵(Ling Ling) オス 1985/9/5 1992/11/5
2001/4/25

2002/4/24

2003/4/26
  2001/2/9
2001/11/12

2003/1/27
東京恩賜上野動物園
シュアンシュアン 拴拴(Shuan Shuan) メス 1987/6/15 2003/12/3   2005/9/26 東京恩賜上野動物園
シャンシャン 珊珊() オス 1955/ 1980/3/23 不明  1980/6/2 福岡市動物園
パオリン 宝玲() メス 1963/ 1980/3/23 不明 1980/6/2 福岡市動物園
ウェイウェイ 偉偉() オス 1973/ 1981/ 1993/ 1981/ 上海雑技団(国内巡回)
サイサイ 寨寨(Zhai Zhai) オス 1975/ 1981/3/10 1999/2 1981/9/16 ポートピア81博覧会
ロンロン 蓉蓉() メス 1964/ 1981/3/10 1993/ 1981/9/16 ポートピア81博覧会
コウコウ(初代) 興興(Xing Xing) メス 1996/8/12 2000/7/16   2002/12/5 神戸市立王子動物園
タンタン 旦旦(Tan Tan) メス 1995/9/16 2000/7/16     神戸市立王子動物園
コウコウ(2代目) 興興(Xing Xing) オス 1995/9/14 2002/12/9     神戸市立王子動物園
申申() オス 不明 1988/3/25 不明 1988/7/5 池田動物園
辰辰() オス 不明 1988/9/19 不明 1989/1/10 アドベンチャーワールド
チンチン 慶慶(Qing Qing) メス 1984/9/9  1988/3/25
1988/9/19
  1988/7/5
1989/1/10
池田動物園
アドベンチャーワールド

エイメイ 永明(Yong Ming) オス 1992/9/14 1994/9/6     アドベンチャーワールド
ヨウヒン 蓉浜(Rong Bin) メス 1992/9/4 1994/9/6 1997/7/17 アドベンチャーワールド
メイメイ 梅梅(Mei Mei) メス 1994/8/31 2000/7/7     アドベンチャーワールド
ラウヒン 良浜(Liang Bin) メス 2000/9/6 国内生まれ     アドベンチャーワールド
ユウヒン 雄浜(Xiong Bin) オス 2001/12/17 国内生まれ   2004/6/21 アドベンチャーワールド
リュウヒン 隆浜(Long Bin) オス 2003/9/8 国内生まれ     アドベンチャーワールド
シュウヒン 秋浜(Qiu Bin) オス 2003/9/8 国内生まれ     アドベンチャーワールド
コウヒン 幸浜(Xing Bin) オス 2005/8/23 国内生まれ     アドベンチャーワールド
(名前なし)   オス 2005/8/24 国内生まれ 2005/8/25  アドベンチャーワールド
アイヒン 愛浜(Ai Bin) メス 2006/12/23 国内生まれ     アドベンチャーワールド
メイヒン 明浜(Ming Bin) オス 2006/12/23 国内生まれ     アドベンチャーワールド


[11] 関連項目

パンダコパンダ(1972年)
ウルトラマンA(1972〜73年)第40話「パンダを返して!」:スチール星人登場
たれぱんだ
熊猫xiongmao:女性ヴォーカル二人のミクスチャーバンド。中国語の歌詞も有り。
パンダイルカ(イロワケイルカ)
レッサーパンダ
サカイ引越センター:平成初期にはCMで大活躍した。キビキビパンダのキャラクター名が与えられ、多数が登場している。
とらぱん
架空のパンダ一覧#ジャイアントパンダ
らんま1/2:漫画、及びアニメ。乱馬の父、玄馬は水をかぶるとパンダの姿に変身する。
赤ずきんチャチャ:パンダの名前として使用されたランラン・カンカンが敵の名前に使用された。
鉄拳シリーズ:熊の色違いキャラとして登場。性能は熊とほぼ同じ。鉄拳3から登場し、筐体が起動してから一定時間が経過すると使えるようになった。登場は1997年初夏から夏にかけての時期であり、クマより後である。
生茶

[12] 外部リンク

ウィキメディア・コモンズには、ジャイアントパンダに関連するマルチメディアがあります。サンディエゴ動物園:パンダのリアルタイム映像
スミソニアン動物園:パンダのリアルタイム映像
メンフィス動物園:パンダのリアルタイム映像
アトランタ動物園:パンダのリアルタイム映像
パンダの成長過程
パンダ写真

カテゴリ: Endangered | クマ科 | 四川省
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 動物 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(15) | pookmark