+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
ジェラード 地元大学の名誉フェローに
名誉なこってすね。でも、横の奥様も美人さん!!

▽激得、お買得情報!!▽

☆あなたも、自宅で完全永久脱毛!!

  ▼    ▼    ▼ 

★超有名店も推薦の、エピアルファ プロフェッショナル

↓ 詳しい情報は、下記をクリックしてね ↓
      ↓    ↓   ↓





JUGEMテーマ:スポーツ


| サッカー海外 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
オーストラリア代表 タイ戦に向け最終調整
タイに、2点差ですか・・・

ちょい苦しいけど、不可能じゃないよね、、、


サッカーオーストラリア代表とは



サッカーオーストラリア代表
国または地域 オーストラリア
協会 オーストラリアサッカー連盟
愛称 Socceroos
監督 グラハム・アーノルド[1]
最多出場選手 アレックス・トビン(87試合)
最多得点選手 ダミアン・モリ(29得点)
初の国際試合 1922年7月17日対ニュージーランド
1-3
最大差勝利試合 2001年4月11日対アメリカ領サモア
31-0(国際Aマッチ最多得点)
最大差敗戦試合 1955年9月17日対南アフリカ
0-8
W杯出場回数 2回
W杯初出場 1974 FIFAワールドカップ
W杯最高成績 ベスト16(2006)
OFCネイションズカップ出場数 6回
OFCネイションズカップ最高成績 優勝(1980、96、00、04)

サッカーオーストラリア代表 (Australian national football team) はオーストラリアサッカー連盟により組織されるサッカーのナショナルチーム。公式ニックネームは『サッカルー』 ("the Socceroos") [1]でサッカーとカンガルーの合成語である。

目 次

1 歴史

1.1 ワールドカップへの挑戦
1.2 AFCへの参加

2 他国チームへの参加

3 ワールドカップの成績

4 OFCネイションズカップの成績

5 AFCアジアカップの成績

6 選手
6.1 現在の選手
6.1.1 GK
6.1.2 DF
6.1.3 MF
6.1.4 FW

7 歴代監督

8 歴代代表選手

9 脚注

10 外部リンク



[1] 歴史
サッカーオーストラリア代表チームは1922年にニュージーランド代表と試合を行うために設立された。ニュージーランドとは数試合が行われ、2敗1引き分けと苦戦している。

この時から25年間オーストラリアはニュージーランド、南アフリカ、中国の代表などと親善試合を何度となく行っていた。地理的な条件により国際試合を行うことが困難であり、この課題は80年が過ぎた現在でも未だ残っている。


[1.1] ワールドカップへの挑戦

2005年のコンフェデレーションズカップ対ドイツ戦1966年のイングランド大会からワールドカップへの予選に参加している。この予選ではFIFAの決定によりアジアの北朝鮮代表とのプレーオフがカンボジアで行われた。

1974年に西ドイツで行われたサッカー・ワールドカップに出場した。その後32年間はいずれも予選で敗退し、特に1998年および2002年のワールドカップ予選では惜しいところで涙を飲んでいる。

2006年のドイツワールドカップではウルグアイとの大陸間プレーオフに勝利して本大会に出場、決勝トーナメントにまで進出した。

オーストラリア代表は長年ワールドカップ予選においてヨーロッパおよび南アメリカのチームとプレーオフを行うことで本大会への出場権が決定されていた。いずれも強豪と対戦することが多く、オーストラリアサッカー協会はアジアサッカー協会への加入をしきりに求めていた。この訴えはFIFAにより拒否されてきた。


[1.2] AFCへの参加

多くの評論家やファンはオセアニアサッカー連盟からの脱退、そしてアジアサッカー連盟(AFC)への参加を希望していた。2005年3月23日にAFC執行委員会は全会一致でオーストラリアサッカー協会のAFC参加を承認した。

AFCの議長ムハンマド・ビン・ハムマンはオーストラリア参加による経済的な利益を考慮したことを説明している。オセアニアサッカー連盟は4月17日にオーストラリアの離脱を承認した。

FIFAはこれをうけて2006年1月1日の時点をもってAFCへ移動することを発表した。また、サッカー連盟も従来のアメリカ英語であるsoccerの使用を止め、Football Federation Australiaへ改名した。

2006年2月にはアジアカップの予選が開始された。1月4日にオーストラリア代表はグループDにおいてバーレーン、レバノン、クウェートと戦うことが決まった[2]。

2月22日にはAFC加盟後初の国際試合が行われ、主力選手の海外組とヒディンク監督が(当時オランダのPSVアイントホーフェンを兼任していた為)不在、しかもアウェーのバーレーン戦にも関らず3-1で勝利を収めている。



[3] 他国チームへの参加

オーストラリアは世界中からの移民により発展してきた国家である。移民出身またはその子孫は、祖先の出身国におけるサッカー代表チームへも参加が認められており、多くの優秀な選手が他国ナショナルチームへと流出してきた。

Joey Didulica - クロアチア
Tony Dorigo - イングランド
Jamie McMaster - イングランド
アントニー・シェリッチ (Anthony Seric) - クロアチア
ヨシプ・シムニッチ (Josip Simunic) - クロアチア
クリスチャン・ビエリ - イタリア[3]


[4] ワールドカップの成績

1930 - 不参加
1934 - 不参加
1938 - 不参加
1950 - 不参加
1954 - 不参加
1958 - 不参加
1962 - 不参加
1966 - 予選敗退
1970 - 予選敗退
1974 - 1次リーグ敗退
1978 - 予選敗退
1982 - 予選敗退
1986 - 予選敗退
1990 - 予選敗退
1994 - 予選敗退
1998 - 予選敗退
2002 - 予選敗退
2006 - ベスト16


[5] OFCネイションズカップの成績

1973 - 不参加
1980 - 優勝
1996 - 優勝
1998 - 準優勝
2000 - 優勝
2002 - 準優勝
2004 - 優勝


[6] AFCアジアカップの成績

2007 -

[6.1] 選手

[6.1] 現在の選手


[6.1.1] GK

ブラッド・ジョーンズ(ミドルスブラFC)(イングランド)
マイケル・ペトコビッチ(シヴァシュシュポール)(トルコ)
マーク・シュワルツァー(ミドルスブラFC)


[6.1.2] DF

マイケル・ビューチャンプ(1.FCニュルンベルク)(ドイツ)
パトリック・キズノーボ(レスター・シティ)(イングランド)
マーク・ミリガン(シドニーFC)
ルーカス・ニール(ウェストハム・ユナイテッドFC)(イングランド)
マイケル・スウェイト(ヴィスラ・クラコフ)(ポーランド)


[6.1.3] MF

マーク・ブレッシアーノ(チッタ・ディ・パレルモ)(イタリア)
ティム・ケーヒル(エヴァートンFC)(イングランド)
ニック・カール(ニューカッスル・ユナイテッド・ジェッツ)
デビッド・カーニー(シドニーFC)
ジェイソン・カリーナ(PSVアイントホーフェン)(オランダ)
ブレット・エマートン(ブラックバーン・ローヴァーズFC)(イングランド)
ビンス・グレラ(パルマFC)(イタリア)
ハリー・キューウェル(リヴァプールFC)(イングランド)
ミル・ステリョフスキー(FCバーゼル)(スイス)
カール・ヴァレリ(グロッセートFC)(イタリア)
ルーク・ウィルクシャー(FCトゥヴェンテ)(オランダ)


[6.1.4] FW

ジョン・アロイージ(デポルティーボ・アラベス)(スペイン)
ブレット・ホルマン(NECナイメヘン)(オランダ)
アーチー・トンプソン(メルボルン・ビクトリー)
マーク・ビドゥカ(ニューカッスル・ユナイテッドFC)(イングランド)
2007.6.8発表



[7] 歴代監督

エディ・トムソン   (スコットランド) 1990−1996
テリー・ヴェナブルズ (イングランド)  1997
フランク・ファリーナ (オーストラリア) 1998-2005
フース・ヒディンク  (オランダ)     2005-2006


[8] 歴代代表選手


[9] 脚注
^ 2006年7月から監督代行
^ 後にイスラエルの空爆の影響によりレバノンは参加を辞退した。
^ ビエリはイタリアのボローニャ出身であるが、子供時代はオーストラリアで成長したため、どちらの国の代表チームへの参加資格も有していた。


[10] 外部リンク

オーストラリアサッカー連盟公式ホームページ
RSSSFによるオーストラリア代表の選手の記録
RSSSFによるオーストラリア代表の監督の記録
サッカー・ナショナルチーム(アジア・AFC)
アフガニスタン | アラブ首長国連邦 | イエメン | イラン | イラク | インド | インドネシア | ウズベキスタン | オーストラリア | オマーン | カタール | カンボジア | キルギスタン | グアム | クウェート | 韓国 | サウジアラビア | シリア | シンガポール | スリランカ | タイ | タジキスタン | 北朝鮮 | チャイニーズタイペイ | 中国 | トルクメニスタン | 日本 | ネパール | パキスタン | パレスチナ | バーレーン | バングラデシュ | 東ティモール | フィリピン | ブータン | ブルネイ | ベトナム | 香港 | マカオ | マレーシア | モルディブ | モンゴル | ミャンマー | ヨルダン | ラオス | レバノン

カテゴリ: サッカーのナショナルチーム | オーストラリアのサッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| サッカー海外 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(9) | pookmark
ベッカム 米国で新風起こせ!!

デビッドベッカム、アメリカで、サッカー旋風起こしてよ!!




デビッド・ベッカム(David Beckham)
が、


米国メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(Los Angeles Galaxy)に移籍
し、

ハリウッド式スタイルの入団発表したぞよ!!

サッカーは、ヨーロッパの方が全然盛んだし、アメリカは「アメリカン・フットボール」か「メジャーリーグ ベース・ボール」か「バスケット」のお国柄だもんね・・・

へたすりゃ、アメリカじゃ「サッカー」は「アイスホッケー」より人気なかったりして・・

でもさ、ベッカムに、世界のスポーツ「サッカー=フット・ボール」を、アメリカ社会に浸透させて、認知度あげて欲しいよね、


ベッカムのアメリカでの大活躍
に期待ざんす!!



【7月14日 AFP】サッカーイングランド代表で米国メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシー(Los Angeles Galaxy)に移籍したデビッド・ベッカム(David Beckham)は13日、ハリウッド式スタイルの入団発表でサッカーをもっと米国に深く浸透させるという夢のスタートを切った。

 数千人のファンと約700人の報道陣が集まる中、本拠地ホーム・デポ・センター・スタジアム(Home Depot Center stadium)には紙吹雪が舞い、鳴り響くロック音楽がベッカムを迎え入れた。チーム関係者はこの日を歴史的な日と表現した。集まったファンにお披露目される前に、トレードマークの笑顔を見せグレーのスーツを身に纏ったベッカムには、前所属チームのレアル・マドリード(Real Madrid)時代の背番号23が付いたユニフォームが手渡された。

 ベッカムは「これは私の今までのキャリアの中でも最も大きな挑戦になります。地球の反対側にある新しい国に移る事は、私が楽しみにしてきた事です。私は今まで、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)とレアル・マドリードという二つの偉大なクラブでプレーしてきました。また代表でも11年間プレーしてきて、まだこれからもイングランドの為にプレーすることを望んでいます。私のキャリア振り返ってみると、私の人生は常に挑戦と刺激を求めてきました。また、米国での生活に慣れるまでにはまだ幾分時間がかかるとしても家族を一緒に連れてくることが出来てとても嬉しい。家族は私の人生において一番大事なもの。そして2番目に大事なものはもちろんフット(ボール)・・・サッカーです。すぐに慣れます約束します」と抱負を語った。

 ギャラクシーのオーナーと他のチームのオーナーは、彼の存在が米国のサッカーに関心が高まることを見込んでいる。MLSコミッショナーのドン・ガーバー(Don Garber)氏は「これは本当に米国のサッカーにおいて歴史的な日です。この瞬間、ベッカム以上に素晴らしい選手、素晴らしい人間はいません。ベッカムは素晴らしいという言葉で形容出来ないほどの選手で、素晴らしい性格と高潔さを持った素晴らしい男です」と国内におけるサッカーへの考え方を変えてくれることへの自信を示した。

 現在米国でのサッカーの競技人口は約1千450万人だが、NFLをはじめNBAやMLBの3大スポーツと比べてその人気は薄い。しかし、ベッカムは「サッカーは世界中で人気があるように米国でも人気スポーツになれる。これからの5年間で自分がその助けになれる事を誇りに感じる。だから数年後必ずその時が来ると信じている」と語った。

 移籍が発表された1月には、多くの人がベッカムは引退したも同然と考えたが、ベッカムは「それは真実ではない。私はこの移籍が私のサッカー人生の終演に向かっているとは思わない」とコメントしている。
 
 ベッカムはヴィクトリア・ベッカム(Victoria Beckham)夫人と3人の子供を連れ12日遅く、集まった数百人のカメラマンのフラッシュが焚かれるなかロサンゼルスに到着した。

 ヴィクトリアは既に数日に渡りテレビやラジオや新聞などの取材に密かに応じており、米国テレビ局NBCには「私たちが最初にロサンゼルス降り立つ時は大変は騒ぎになるでしょうね。でも人々はすぐに気づくはず、そうした騒ぎには実はうんざりしている事に」とマスコミの関心について語った。またヴィクトリアは「今はすごく興奮している。両手を広げて米国の文化を受け入れたい。この移籍はとても、とても、とても大きな決断だった」と米国に行くことへの期待を口にしている
。(c) AFP/GREG HEAKES

| サッカー海外 | 12:08 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark