+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
フランスで急性アトピー続出、中国製いすが原因か
中国の輸入品は、いっそ買わないとかしたら!!

▼あなたのコンプレックスを、『シトルリンΩ』が、完全克服!精力も増強!!





▲『シトルリンΩ』新医薬成分で
ペニス増大
↑!!


★今だけ!『シトルリンΩ』 ★代引手数料無料キャンペーン!



JUGEMテーマ:中国ニュース


| 中国・環境問題 | 10:40 | comments(0) | trackbacks(6) | pookmark
日本は大丈夫なの?〜アジア上空の「褐色雲」の被害深刻、中国とインドで死者34万人
死者34万人って聞くと、ドキッとしますよね、、、まあ、人口の多い、中国とインド合わせての人数ですけど・・

「褐色雲」なんて、漢字のイメージからして不気味な感じです・・・

でも、中国や、インドで、それだけ被害があるなら、そのすぐ隣の小さな島国、我が日本に被害はないんでしょうか?

▼あなたも「ヴァリオス」で、+10cm以上・足長になる!短期で、確実!



▲成長期を過ぎても背は伸びる「ヴァリオス」






| 中国・環境問題 | 10:58 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
中国の大気汚染、日本にも影響じわり



困ったもんですね・・

中国の大気汚染
が、日本に、越境してきて、なんと、山形県の山の樹氷まで、駄目にしてるなんて・・

許せない感じですけど、何ともならんのですかねえ〜

洞爺湖サミットも、世界規模で、進展があったのか、なかったのか、どうもはっきりせんです。

メリハリがないっすね・・




シトルリンΩ』↑新医薬成分でペニス増大↑!!


★今だけ!『シトルリンΩ』 ★代引手数料無料キャンペーン!




JUGEMテーマ:中国ニュース


世界ビックリ仰天ニュース・笑えるぜ・トップ
| 中国・環境問題 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
中国、米企業など10社からの冷凍食品輸入を停止って、はあああ?逆ちゃうの??

中国政府が、米国、ベトナム、フィリピンの企業計10社からの冷凍された肉製品の輸入を停止すると発表したそうじゃ。



はああああ?? マジ、何考えてマンネン??

まあ、仕返しに、、報復に、、

ちゅう感じなんざんしょうが、、

どう贔屓(ひいき)目にみても、

自分のことを、ちゃんと(というか、普通に)出来てから、ひと様のことを言いなさいよ!!

って、中国にそういう諺(ことわざ)あんじゃねえの???

ここまで来ると、いやはや、まだ、北京オリンピックや、上海万博は、早すぎるね・・・

ちょっと、世界の常識からズレ過ぎだよ。。

残念ながら・・・



▼関連記事▼

米国で高まる中国産品への懸念



価格競争力がある製品の輸出国としての地位を築いた中国だが、米国では危険な製品の輸出国と見なす風潮が強まっている。

 これまでに、有毒物質で汚染されたペットフード、健康被害の恐れがある玩具、偽造医薬品、抗生物質まみれのウナギ、違法な殺虫剤を浴びたキノコなどが社会問題になり、製品回収や販売禁止などの処分がとられてきた。

 前週には、子どもに人気の「機関車トーマス(Thomas and Friends)」の木製玩具の塗料から鉛が検出され、輸入元の米国企業が150万個を回収すると発表し、中国製品に対する警戒はますます高まった。今後、輸入管理や食品安全の分野でより厳しい法律ができる可能性もある。

 7月4日の米国独立記念日(Independence Day)に打ち上げられる中国製花火に対する危険性も懸念されている。少なくとも2製品が「予測不可能な危険な方向に射出され、作業者の目や観客に深刻な危害を与える恐れがある」としてリコールされたと報道されている。

 中国政府と米食品医薬品局(US Food and Drug Administration、FDA)の間には現在のところ食品と医薬品について拘束力のある取り決めはない。米中間で標準とすべき規制もなければ、米国側による中国の食品生産施設の立入検査に関する制度も未整備だ。

 食品の安全性の問題は、ヘンリー・ポールソン(Henry Paulson)財務長官と中国の呉儀(Wu Yi)副首相が出席して5月に開かれた米中経済対話でも中心的な議題になった。呉副首相は帰国後、中国は食品の安全性に関する規則を抜本的に改革すると発表した。

 国家質量監督検験検疫総局(General Administration of Quality Supervision、 Inspection and Quarantine of the People’s Republic of China、AQSID)のLiu Pingjun局長は、今週北京で「食品安全基準制度を構築する上で、なによりも先に農産物と加工食品関連の規則を早急に見直す必要がある」と述べた。

 汚職に関与した中国の国家食品薬品監督管理局の元局長が死刑判決を受けたことも、中国産の食品と医薬品は見掛け倒しどころか命に関わるという米国民の懸念を払拭するという中国政府の決意の現れだ。

 米政府によれば、中国は年間約20億ドル(約2500億円)にのぼる米国への一大食品輸出国であるとともに、米国の食品安全基準の最悪の違反者でもある。

 中国産品の安全性に対する懸念が高まると、対中貿易赤字を問題視する米連邦議会で保護主義的な法律を求める機運が高まる恐れもある。

(出典 AFP/P. Parameswaran 6月24日)

| 中国・環境問題 | 19:03 | comments(0) | trackbacks(6) | pookmark
中国で川の水に触れた60人以上が病院へ
▼「CLEA(クレア)」体内毒素(不燃脂肪)をどんどん絞り出す!



▲「クレア」には医療現場で活躍する成分が使用されており、それを医学、薬学、健康学の視点に基づき特別なブレンドで配合。そのため、各成分の効果を最大限に引き出すことができ、従来品の10倍もの
デトックス効果
を実現しました。不燃脂肪を解消して痩せる体質を作り、そして4つのデトックス効果(アカショウマエキス,フェンファイバー,ネオプンティア,シトルリン)で体から毒素を全て排出します!


◆中国で川の水に触れた60人以上が病院へ

中国の水が、相当やばい状態になってるようです。

汚染された川の水に触っただけ、もしくはその川の死んだ魚を捕っただけ
(って捕ってどうしようっての?)で、

皮膚に異常が出る、60人以上が病院直行・・・

これは尋常な水質汚濁じゃありませんね。。

一刻も早く、原因を解明し、対策をたてないととんでもないことになりまねません。

おそらく、一気に工業化したつけが、周り回って、こんな事態になっているんでしょうけど・・・

生態系も、大きく崩れちゃいます。


【6月20日 AFP】新華社通信(Xinhua)は20日、安徽(Anhui)省で汚染された川の水に触れた60人以上が、皮膚の異常を訴え病院で手当てを受けていると伝えた。

 被害者らは19日に、安徽省の東部に流れるJindong川(Jindong River)で死んだ魚を捕ったり洗濯物をした数時間後に、皮膚が焼けるような痛みを訴えたという。
 地方自治体によると、水面には油のようなものが見受けられるが、汚染の原因はまだ解明されていないという。また、被害者のうち9人は入院しており、他はすでに帰宅したと伝えられた。

 中国では水質汚染の報告が絶えない。過去の報道によると、川や湖の7割以上が汚染されており、9割以上の都市の地下水が汚染されているという。(c)AFP


2007年6月11日、藻に覆われた、安徽(Anhui)省合肥(Hefei)の巣湖(Chaohu)。(c)AFP


水質汚濁(すいしつおだく)とは




水質汚濁(すいしつおだく)とは、公共用水域(河川・湖沼・港湾・沿岸海域など)の水の状態が、主に人の活動(工場や事業場などにおける産業活動や、家庭での日常生活ほかすべて)によって損なわれる事や、その状態を指す。

原因としては自然現象の一部(火山噴火や地滑り、地質条件、野生動物の活動など)も含まれるが、やはり人間社会から発生する廃棄物や排出水による汚染・汚濁が、人間自身の生活圏を真っ先に損なうこと、人間による防止が可能であることから、重要視されている。

水質汚濁は、直接/間接的に人々の健康や生活環境の水準を低下させ、水産業などに被害が生じさせる公害の一因として用語が定義された。現代では被害が顕れていなくとも、自然環境に悪影響を及ぼすおそれが高い現象も含める。

目 次

1 概要

2 法的規制
2.1 対象とされる水の種類
2.2 底質汚染

3 汚染物質

4 日本における水質汚濁

5 海外の水質汚濁

6 関連項目

7 外部リンク



[1] 概要

水質汚濁の種類はいくつかに分けられる。

有害物質によるもの:生体に有害な物質が、その影響を顕わす濃度を超えて存在する状態。環境中の濃度が低くても生物濃縮が生じる物質では、この濃度がごく低いため、環境への放出が特に厳しく規制されている。

水の状態の悪化によるもの:本来その環境が備えるべき性質を損なう原因となっている状態。もっとも普遍的なのは過剰な有機物の排出が招く、腐敗による酸欠である(バクテリアによる酸化分解過程で水中の溶存酸素濃度が低下し、好気性水生生物が生存できなくなる)

これがさらに進行した場合、嫌気性微生物しか生存できなくなり、硫化水素などの毒性物質が生成する。

富栄養化による生態系の混乱:窒素、リンといった栄養塩類が過剰に存在すると、藻類やプランクトンが爆発的に繁殖し生物多様性が失われる。この結果、生態系が不安定となり、被害を招く。

閉鎖性海域では、繁殖したプランクトン(時に有毒)そのものによる赤潮、死滅による酸欠で生成した硫化水素による青潮による大規模な漁業被害が多発している。湖沼では藍藻類が繁殖しアオコを生じさせる。

濁水による水生生物への影響:建設工事や農業、水害などにより大量の粘土粒子が水中に分散すると、沈降時に底生生物を物理的に被う、水草などの光合成を妨げる、あるいは無機コロイドによる細胞への作用などで、広い範囲で生物群落の破壊をもたらすことがある。

南西諸島で深刻な赤土汚染では、サンゴ群落白化の要因と考えられている。


[2] 法的規制

日本の場合、環境全体に対する基準と事業者の公共水域への排水への規制が主となっている。

環境基準:環境基本法で定める行政上の政策目標。最低限度ではない積極的な目標として、健康項目は全国一律、生活環境項目は河川、湖沼、海域について、その水域類型ごとに設定されている。

環境基準は「維持されることが望ましい」水準であって、達成すべく行政・政策を動機づけるものとして定められている。仮に達成できなくても罰則があるわけではなく、主権者たる国民の要求がなければ放置されかねない性質のものである。従って、維持するためには行政を動機づける、意思の表明が必要となる。

一律排水基準:水質汚濁防止法で定める、日平均50m3以上の事業場から公共水域への排出水に対する基本的な規制値。概ね環境基準の(検出されないこと、の場合は定量下限値の)10倍値を用い、排出許容量を定めて環境基準の達成を図っている(公共水域中で10倍以上に希釈されることを期待しているためであるが、その期待ができない地下水では浸透水への規制値は環境基準と同じ値となっている)

実際には原理的に達成困難な業種への例外規定、改正後の経過措置、あるいは条例による上乗せ・横だし規制が存在し、実務では法令の確認を要する。


汚染者負担原則:水質汚濁防止法のもう一つの柱であり、1973年制定の公害健康被害補償法に先だち、水質汚濁による健康被害への損害賠償を定めている。

これは、適切な排水処理への投資を経済原理に叶ったものとする目的がある。但し、工場など拠点を構えて事業を行う排出責任者を想定したものであって、単発的な不法投棄を抑制するには限界がある。

他国の事例
アメリカの環境基準は「水遊びと魚釣りが出来ること」を目標としており、アウトドア好きなお国柄が表れている。


[2.1] 対象とされる水の種類

通常この用語を用いる場合、その水の対象は表流水に限られており、地下水などについてこの用語を用いることはほとんどない。

地下水への浸透は水質汚濁防止法の規制対象だが、用語としては地下水汚染」が使われている。調査が困難で、また公共用水域でないため水質汚濁に係る環境基準が定められてなかったこと、土壌汚染と密接に関係するためと思われる。さらに、土壌水(不飽和帯中の水)は土壌汚染対策法の対象として土壌汚染に含まれるが、これは日本特有であるという。

廃棄物などの最終処分場内に含まれる水(保有水)は、高濃度の汚染物質を含む場合がある。ただし処分場内部であることから、水質汚濁とは見なされない。一方、処分場から外へしみ出してゆく水(浸出水)については、地下水汚染を防ぐため遮水により浸出水処理施設へ導かれ、そこで水処理される。

沿岸海域以外の海水は、主に海洋投棄に関する規制で海洋汚染などと表現されている。
酸性雨など、降水や霧が大気中の物質を溶解(湿性沈着)し、高濃度の汚染物質を含んでいても、やはり水質汚濁とはいわない。


[2.2] 底質汚染

水質汚濁を引き起こす原因として、産業排水、生活排水といった排出水、合法・不法投棄された廃棄物が長らく問題となっていた。近年、工場等から排出される汚濁物質は改善されたが、その他の汚染源が顕在化している。

すなわち、法規制が不十分な時代や水処理技術の未熟な時代における排水・廃棄物に含まれていた有害物質が水底の土壌や堆積物(底質)に蓄積し生じる、底質汚染であり、法令上は水質汚濁に含まれる。



[3] 汚染物質

有害物質による水質汚濁の原因としては、カドミウム、鉛などの重金属や有機水銀、揮発性有機化合物(VOC)などで蓄積性、発ガン性を持つ物質があげられる。主に工場排水や産業廃棄物が発生源として警戒される。

水の状態を悪化させる原因となるものは、生物により容易に消費されるタイプの有機物や、肥料の成分でもある窒素・リンなどの栄養塩類などがある。主に生活排水に由来し、本来環境に必要な物質であっても、過剰に存在する故に汚染物質と化す。

水質汚濁の代表的な原因物質と、代表的な発生源の例

主に物質としての有害・有毒性によるもの。法規制の対象となっているものは、健康項目とも呼ばれる。

重金属類: 鉱業、金属精錬・加工

シアン化合物 : メッキ工業、製鉄、都市ガス(一酸化炭素)

揮発性有機塩素化合物:半導体素子製造、洗浄、ドライクリーニング、塗装

農薬:※非常に多種の製品があるが、規制対象になっているのはごく一部

揮発性有機化合物:半導体産業、農薬、洗浄

硝酸性窒素及び亜硝酸性窒素:農業(肥料、家畜の糞尿)、自動車

フッ素化合物 : アルミニウム精錬、樹脂製造、ガラス工業

ホウ素化合物 :温泉、メッキ工業、金属加工

化学物質 : 無機・有機化学工業、半導体素子製造、農薬、廃棄物最終処分場

石綿

主に量が過剰だと有害性を顕わすもの。法規制の対象となっているものは、生活環境項目とも呼ばれる。

色・匂い:染色

酸・アルカリ : 鉱業、金属精錬・加工、無機化学工業、酸性雨

有機物 : 家庭排水、工場廃水、畜産

水の濁り : 土木工事、鉱業、自然災害(洪水)、窯業、製紙

油分 : 石油化学、食品・油脂工業

微生物 : 医療施設、畜産、家庭排水、食品工業

栄養塩類 : 家庭排水(洗剤)、農業、畜産、化学工業・食品工業


[4] 日本における水質汚濁

日本で水質汚濁が激化したのは高度成長期以降であるが、住民への有害物質による健康被害が重大化したのは江戸時代からの足尾鉱毒事件が最初といわれる。

「公害列島」時代
高度成長期に入り、急増した産業排水・廃棄物が公共水域へ投棄され続けた結果、1950年代から有明海で水俣病、1960年代に神岡鉱山下流でイタイイタイ病、阿賀野川で第二水俣病と、深刻な健康被害を引き起こす公害病が多発した。

また、生活水準向上への欲求から水洗トイレが普及したが、生活排水の不十分な処理のままの放流により、多くの河川や湖沼が高濃度のBOD成分により汚染され、生態系の破綻による魚類等の絶滅、生産性の衰退など被害が激化した(川漁が盛んな地域で迷惑料を課したケースもある)

公害国会とその後
1970年の第64回国会で、多くの法令による規制がようやく開始され、また国民の環境に対する意識の変化などにより、河川のBOD・海域のCODの数値は徐々に改善され、環境基準達成率も向上した。

しかし、都市中小河川や湖沼などの閉鎖性水域では、環境基準達成率は依然として低い状態が続いている。
新たな問題として廃棄物の不法投棄と関連した地下水汚染(地下水の水質汚濁)の発生も見受けられるようになった。2003年には、茨城県神栖市(当時は神栖町)で不法投棄による砒素化合物が原因と考えられる地下水汚染が発生し、住民に被害が出ている。

生活排水への取り組み
現在の水質汚濁の7割近くは一般家庭からの生活排水が汚染源となっている。対策のひとつとして、2005年の浄化槽法改正により単独処理浄化槽が廃止、水質基準の設定等が行われたが、一般家庭での環境意識が伴わなければ効果は期待できない。生活排水対策は法令だけでは効果が期待しにくいため、産業排水対策より対策は困難とされる。


[5] 海外の水質汚濁

有害物質による大規模な汚染災害が、過去に何件か起きている。現代では中国をはじめとする新興工業国での恒常的な水質汚濁激化が、国内外で健康被害を招く事例が急増している。

そのほか貧困や格差、紛争による社会基盤欠損が、人口の過密による生活排水汚染を放置し住民の健康を蝕んでいる事例は、アメリカからアフリカまで全世界で枚挙に暇がない。 ただし先進国であっても、主に経済的な動機により公共水域の水質悪化を恣意的に引き起こしている事例が見られる。

1986年、スイスの化学薬品工場が爆発。大量の化学物質がライン川に流入し、ドイツなど下流の国々に大きな影響を与えた。以前より「世界一汚い河川」と呼ばれていたライン川の水質に、とどめを刺す事態となった。

1980年代、ソ連のチェルノブイリ原子力発電所の爆発により飛散した放射性物質により、広範囲なエリアが汚染された。


[6] 関連項目

環境基本法、水質汚濁防止法、海洋汚染等及び海上災害の防止に関する法律、瀬戸内海環境保全特別措置法、湖沼水質保全特別措置法

海洋汚染、地下水汚染、土壌汚染、底質、底質汚染

水俣病、イタイイタイ病

環境基準 

生物化学的酸素要求量(BOD)、化学的酸素要求量(COD)、浮遊物質量(SS)、溶存酸素量(DO)、全リン(T-P)、全窒素(T-N)、大腸菌群数

亜鉛、シアン、カドミウム、鉛、六価クロム、ヒ素、総水銀、アルキル水銀、揮発性有機塩素化合物、農薬類、ダイオキシン類

公害防止管理者

汚染者負担原則、無過失責任


[7] 外部リンク

環境基準について(環境省)

水質汚濁防止法

国土交通省発表 平成13年全国一級河川の水質現況

カテゴリ: 環境問題 | 水質汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



水質汚染とは




水質汚染(すいしつおせん)とは、経済活動などにより水の質が劣化する状態をいう。具体的な例として、水道法で定める飲料水の基準を悪化させる(細菌の増加、化学物質や有機物増加、色度や濁度の変化など)状態をいう。

主に、生活排水と、工業廃水が、原因になりやすい。

河川・湖沼などの公共用水域は水質汚濁、海水や海域は海洋汚染として別に書き分ける。


[1] 概要

公共用水域の水質汚濁や汚染物質・病原性微生物の混入により、上水道・工業用水道の水質の悪化が起こる。また、工業用水道・農業用水と上水道の誤接続などによって上水道に飲用に適さない水が供給されることがある。

このような場合、人の健康を害したり、機械・設備の動作不良を起こすことがある。


[2] 汚染原因

工場等から排出される水質は改善されたが、過去の水質に関する法規制が不十分な時代や水処理技術の未熟な時代における排水が底質に有害物質を蓄積し、底質汚染として新たな水質汚染の原因となっている。


[3] 関連項目

水処理

生物化学的酸素要求量(BOD)

化学的酸素要求量(COD)

工業用水法

水の危機

地下水汚染 土壌汚染 底質汚染

カテゴリ: 水質汚染

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



世界ビックリ仰天ニュース・笑えるぜ・トップ
| 中国・環境問題 | 23:07 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark