+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
亀田大毅,プロレスラーに転向??

亀田大毅
・・亀田ファミリー、、


プロレスラーに
でも、転向したら・・

亀田大毅内藤相手にレスリング・・亀田大毅、内藤相手にレスリング・・(Photo By 共同)


大毅反則ラッシュ 内藤初防衛!



 世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ12回戦は11日、東京・有明コロシアムで行われ、チャンピオンの内藤大助(宮田)

が世界初挑戦の同級14位、亀田大毅(協栄)を3―0の判定で下し、今年7月に獲得したタイトルの初防衛に成功した。

 33歳1カ月の内藤は、徳山昌守の31歳5カ月を抜いて日本のジム所属選手の最年長世界王座防衛記録を塗り替えた。

戦績は36戦32勝(20KO)2敗2分け。

 18歳9カ月5日の亀田大は、井岡弘樹が持つ世界王座奪取の日本人最年少記録(18歳9カ月10日)の更新を狙ったが、

初めて日本選手と対戦してプロ初黒星を喫した。戦績は11戦10勝(7KO)1敗。

 内藤は序盤から着実に有効打を重ねて完勝した。最終12回には劣勢に立たされた亀田大が内藤を投げつけ、反則で計3点を減点された。


 日本のジムに所属する現役世界王者は6人。

 ▼内藤大助の話 亀田に勝った結果を素直に喜びたい。思った以上にやりにくかったが、前王者のポンサクレックに比べて全然弱かった。

亀田に黒星をつけたことで、国民の期待に少し、応えられたと思う。


 ▼宮田博行・宮田ジム会長の話 われわれがつくり上げた王者をけがされたという思いがあった。

大毅選手の態度は残念だったが、王者は最後までクリーンに闘ってくれた。


 ◆内藤 大助(ないとう・だいすけ)96年10月プロデビュー。

02年4月、ポンサクレック(タイ)に日本選手の世界戦最短記録となる1回34秒でKO負け。

昨年6月に日本フライ級王座を保持したまま東洋太平洋同級王座も獲得。

今年7月に3度目の世界挑戦でポンサクレックから判定で王座を奪取した。

左右の強打が光る右ボクサーファイター。戦績は36戦32勝(20KO)2敗2分け。北海道出身。33歳。

【メッキはがれた大毅  クローズアップ「亀田家の野望」  コメント集  内藤は強かった】
(スポニチ)
| ボクシング | 14:10 | comments(0) | trackbacks(13) | pookmark
次は、亀田興毅 vs 内藤大助? 興毅はやる気マンマン

内藤 ポンサクレクを破りWBCフライ級王座を獲得、次は、亀田興毅だ!


 
亀田興毅 vs 内藤大助、、見たいね・・

興毅はやる気マンマンらしいよん!

▼関連記事▼

 
内藤の次戦
は王者陣営が2試合分のオプション(対戦相手を決める権利)を持っており、指名試合が義務づけられているため、ポンサクレックと同門で
同級1位ポノムルンレック(タイ)との対戦が既定路線
だ。

ただ、宮田ジムの宮田会長は

「権利を買い取ることは可能。費用の3000万円をどうするか検討している」と含みを持たせた。


宮田会長の頭には、当然、



亀田兄弟との対戦

がある。

仮定の話だが、亀田陣営はWBA王者・坂田健史(協栄)を標的にしているが、

内藤の王座奪取で興毅、大毅がそれぞれWBA、WBC王座に挑むダブル世界戦の開催も可能。実現すれば大興行となり、

オプションの買い取りも全く問題ない。都内の自宅でテレビ観戦した


興毅も「内藤が戦うならいつでもやる」


と話し、今後、両陣営の動きが活発化しそうだ。
(スポニチ)
| ボクシング | 06:03 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark
内藤 ポンサクレクを破りWBCフライ級王座を獲得
内藤やったね!

最強王者ポンサクレックを倒すなんて!

亀田一家は、どうするんやろか?

やっぱ、ここは、「内藤大助 vs. 亀田興毅」見たいね、、

興行的にも、話題沸騰だろうから、絶対にやるとみたけど、


▼関連記事▼

最強王者撃破!内藤32歳の奪冠



 WBC世界フライ級タイトルマッチが18日、東京・後楽園ホールで行われ、内藤大助(32=宮田)が王者ポンサクレック・ウォンジョンカム(29=タイ)への3度目の挑戦を実らせた。序盤から打ち合いを挑み、17度の防衛を誇る最強王者を攻略して3―0の判定勝ち。内藤を含む延べ8度の日本人選手の挑戦を退けてきた最強王者を撃破した。32歳10カ月での世界王座奪取は、元WBC世界フェザー級王者・越本隆志の35歳24日に次ぐ国内2番目の記録。悲願を果たした苦労人には今後、亀田兄弟との対決などビッグプランが持ち上がりそうだ。

 もう余力は残っていなかった。勝ち名乗りを受けると、内藤は力なく両手を上げた。2350人の総立ちのファンも、温かい拍手で称えた。「夢中で戦ったので、判定を聞くまで(勝利は)分からなかった。いじめられっ子だった僕を励ましてくれたみんなのおかげです」。ベルトを腰に巻くと、32歳はこらえきれず涙で肩を震わせた。

 防衛17度、6年4カ月間の王座君臨、11年間無敗、56連勝。驚異的な戦績を誇る最強王者を止めた。02年4月の初挑戦で34秒でKOされ「最短男」と言われた。05年10月の再挑戦も7回負傷判定負け。3度目の挑戦を前に「負けたら引退する」覚悟を決めた。

 真弓夫人(34)とのアルバイトの共働きの月収は12万円。ファイトマネーの蓄えを切り崩して生活してきた。長男・亮くん(1)との3人家族。「もう家族に迷惑はかけられない」と拳に思いを込めた。王者より13センチも長いリーチから繰り出す大振りの右フックでペースを握った。9回に右目上をカットし、反撃されたが、闘志は最後まで衰えなかった。

 幼い時に両親が離婚。母・道子さん(65)に育てられた。中学時代にいじめられた。高校卒業後に上京し、20歳の時にアパートの近くのジムに入門した。「いつか仕返ししてやるつもりだった。始めた動機は不純です」。そんないじめられっ子が世界を制した。

 今後に向け、頭から離れていないのは、亀田兄弟の父・史郎氏に「6回戦レベルや」と酷評された屈辱だ。亀田兄弟との対決を「立場は逆転した。自分からやりたいとは言わない」とプライドをのぞかせる。いじめられ、コケにされても夢をあきらめなかった男を中心に、今後のフライ級戦線は動いていく。

ポンサクレックを倒し、悲願の世界王座を奪取した内藤は涙をこらえ勝ち名乗りを受ける (スポニチ)
| ボクシング | 05:32 | comments(0) | trackbacks(2) | pookmark