+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
FベゼルG200も興奮の【動画】F1中国グランプリ
F1中国グランプリ
 ↓  ↓


ベゼルG200(BESEL G200)が、小さいあなたの悩みを解消!

   ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ 



   ▲ △ ▲ △ ▲ △ ▲ △ ▲ △ ▲ 

『BESEL G200(ベゼルG200)』ノーベル生理学・医学賞の一酸化窒素理論をサプリに応用。

『BESEL G200(ベゼルG200)』は、欧米で、380万人以上の愛用者がいる効果実証済みのペニス増大サプリの決定版です!

JUGEMテーマ:F1


| モータースポーツ F1 | 16:08 | comments(0) | trackbacks(5) | pookmark
ライコネン ブラジルGPを制し初の年間王者


キミ・ライコネン
とは

キミ・ライコネンキミ・ライコネン。


F1 ブラジルGP


F1での経歴
国籍 フィンランド
車番 6
所属チーム フェラーリ
年 2001 -
過去の所属チーム 2001年ザウバー・ペトロナス
'02-'06マクラーレン・メルセデス
出走回数 119
優勝回数 15
通算獲得ポイント 456
表彰台(3位以内)回数 48
ポールポジション 14
ファステストラップ 24
F1デビュー戦 2001年オーストラリアGP
初勝利 2003年マレーシアGP
2007年順位 1位 (110ポイント)
(記録は2007年第17戦終了時)

キミ・マティアス・ライコネン(Kimi Matias Räikkönen, 1979年10月17日 - )は、フィンランド・エスポー出身のF1ドライバーである。2007年のワールドチャンピオン。

目 次

1 プロフィール
1.1 F1参戦以前
1.2 F1参戦後
1.2.1 ザウバー時代(2001年)
1.2.2 マクラーレン時代(2002年-2006年)
1.2.3 フェラーリ時代(2007年-)

2 人物
2.1 エピソード

3 F1での年度別成績

4 外部リンク



[1] プロフィール

[1.1] F1参戦以前
5歳の時に兄のお下がりのモトクロスバイクを乗り始め、8歳の時に兄とともにカートをはじめる。12歳のときより本格的なレースに参戦し、1999年までにカートで数々のタイトルを獲得する。

1999年にはフォーミュラ・フォードユーロカップに参戦するが、資金難により数戦で参戦を取りやめている。しかし、同時期に参戦したフォーミュラ・ルノーイギリス選手権のウィンターシリーズではマノー・モータースポーツ・チームのシートを得て4戦4勝し、翌2000年のレギュラーシーズンは10戦中7勝、2位1回、3位2回という圧倒的な成績でチャンピオンを獲得する。

ジュニア・フォーミュラにはこの2年弱の期間に23レースに参戦したに過ぎなかったが、その内13レースで勝利を上げ、勝率は実に53%という高率であった。

F1テスト
フォーミュラ・ルノーでの成績に目をつけたF1ザウバーチームのオーナーペーター・ザウバーにより、2000年9月に催された同チームのテストに招かれ、スペインのヘレス・サーキット、カタロニア・サーキットでザウバーのF1カーのステアリングを握った。ここでの走りもザウバーの眼鏡にかなうものであったため、翌年のレギュラードライバー契約を勝ち取ることとなる。


[編集] F1参戦後

[編集] ザウバー時代(2001年)
2001年オーストラリアGPでザウバーからF1デビュー。

フォーミュラでのレースは実質フォーミュラ・ルノーのみで、F3を経験せずにF1に参戦することについて(当時のFIA会長であるマックス・モズレーを含め)他の関係者からの批判は小さなものではなかった。事実、ライコネンのスーパーライセンスは4戦限定の仮ライセンスで、危険であれば取り消される可能性もあった。こうした事情から当時のザウバー代表ペーター・ザウバーはメディアに対し、F1に来る前にF3に出場させることも考えた、と心中を語っている。

しかし、開幕戦オーストラリアGPでいきなり6位入賞で周囲の批判を驚きに変え、その後正式にスーパーライセンスが発給された。第6戦のオーストリアGP、第8戦のカナダGPでは共に4位入賞するなど、新人らしからぬ安定感で全17戦中4戦で入賞し9ポイントを獲得、ドライバーズランキングでも10位につけた。国際F3000チャンピオン獲得経験のあるチームメイトのニック・ハイドフェルト(12ポイント獲得)と比べても大きくは引けを取らず、結果としてザウバーチームはF1参戦以来、最高の成績でシーズンを終えることとなった。


[編集] マクラーレン時代(2002年-2006年)
ザウバーでの活躍は当時ザウバーにエンジンを供給していたフェラーリからも注目され、2002年についてはフェラーリに移籍する可能性がささやかれていたが、結果的にライコネンを獲得したのはマクラーレン・メルセデスであり、ライコネンは当時マクラーレンの正ドライバーであったフィンランド人ミカ・ハッキネンの後任としてチームに加入した。

2002年

2002年 アメリカGPこの年は移籍初戦のオーストラリアGPで自身初のファステストラップを記録するとともにいきなり3位に入賞して初表彰台を獲得すると、年間で4回登壇し、シーズンで24ポイントを獲得した。リタイアは10回を記録したが、内ミスによるものはドイツGPの1度だけで、残りは全てメカニカルトラブルによるものだった。中でもエンジントラブルには悩まされ、第14戦ベルギーGPから第16戦アメリカGPにかけ3戦連続でリタイアに追いやられたのをはじめ、計6戦をエンジントラブルによって失った。

この年、特筆されるレースはフランスGPで、このレースでは終盤トップを走行し初優勝かと思われたが、72周のレースの67周目で、前を走る周回遅れのアラン・マクニッシュ車から出たオイルによりスリップした隙にミハエル・シューマッハにオーバーテイクされ、2位に終わった。

2003年
この年はマクラーレンの新車開発の遅れにより、前年型MP4-17の改良型であるMP4-17Dで臨んだ。

第2戦のマレーシアGPで初優勝を飾り、結局1年間で優勝はこの1勝のみであったが、安定してポイントを積み上げていったことで、当時ドライバーズタイトル3連覇中のミハエル・シューマッハと最終戦まで対等に渡り合い、ドライバーズポイントランキングで2位につけた。

また、この年はニュルブルクリンクで開催された第9戦ヨーロッパGPで自身初のポールポジションを獲得している(第15戦アメリカGPで2回目のポールポジションを記録)。

2004年
2004年シーズンは不運なエンジントラブルに多く見舞われ、7戦を消化した時点で僅か1ポイントしか獲得できなかった。

第8戦のカナダGPでは決勝レースで5回ものピットストップをした末に5位入賞を果たし(レース後にウィリアムズとトヨタが失格になったことによる)、次戦のアメリカGPでも6位入賞し、シーズン中盤になってようやく復調の兆しを見せた。

第10戦フランスGPでマクラーレンが新車MP4/19Bを投入すると、続くイギリスGP予選で2004年シーズン初のポールポジションを獲得、決勝レースでも、同年初の表彰台となる2位を獲得。その後ベルギーGPでシーズン初優勝を飾った。

またこの年はマネージャーのスティーブ・ロバートソンとともにライコネン・ロバートソン・レーシング(ダブルRレーシング)を設立し、翌年からイギリスF3選手権に参戦させることを発表している。

2005年
2005年シーズンは開幕当初はマクラーレンの新車の信頼性不足によりやや出遅れるも、ヨーロッパラウンドに入るや、第4戦サンマリノGPから3戦連続ポールポジション、第5戦スペインGP以降シーズン7回のレースで優勝を飾るなど、ルノーのフェルナンド・アロンソと激しいチャンピオン争いを繰り広げたが、惜しくもアロンソに及ばなかった。

この年は第7戦ヨーロッパGPで、トップで迎えたファイナルラップにおいてサスペンション破損によりリタイア(記録上は11位完走)し2位のアロンソに優勝を与えてしまうという致命的なトラブルがあったほか、リタイアしたレース(記録上2戦)はいずれもメカニカルトラブルによるものであった。

シーズンで7勝を挙げたが、これはチャンピオンのアロンソと並び2005年シーズンの最多勝となるものであるとともに、その年のワールドチャンピオンタイトルを獲れなかったドライバーがシーズン中に挙げた勝利数としては過去最多となるものである(但し2005年は全19戦ありF1史上最多のレース数の年だったことは差し引いて考える必要がある)。ライコネン以前では、アラン・プロストがシーズン7勝を挙げながらチャンピオンタイトルを逃すということを1984年、1988年の2度している。

加えて、この年ライコネンは年間でファステストラップを10回記録しており、これはミハエル・シューマッハが2004年に記録したものと並び、1シーズンのファステストラップ獲得の最多記録となるものであった。

なおイタリアGP(モンツァ・サーキット)においては、F1のグランプリ史上最速となる最高時速370.1km/hをマークしている。

また、この年からF1日本グランプリの地上波生中継が始まったが、ライコネンはそのレースでチェッカーフラッグ目前でのピットインで1位の座を明け渡し2位に落ちるが、しかしその差を一気に取り戻して、ファイナルラップで劇的な追い抜きをし、優勝を果たすという素晴らしいレースを展開した。そのためもあってか視聴率も10.8%とまずまずの数字を取ることに成功し、翌年、翌々年でも生中継を続けることに貢献した。

2006年

2006年シルバーストンテスト2006年シーズンは昨年のような圧倒的なスピードは影を潜め、昨年同様信頼性に欠けることなどもあってチーム含めて未勝利に終わってしまった。シーズンの1/3をノーポイントで終えてしまうほどマシンは信頼性に欠けていたうえ、絶対的なスピードも前半のルノーやアメリカGP以降のフェラーリには及ばず、何度か訪れた優勝のチャンスはリタイアで失うと言う運の無さはこの年も健在であった。

第15戦イタリアGP終了後に、2007年から2009年までフェラーリと契約した事が発表された。

なお、この年はライコネン・ロバートソン・レーシングがイギリスF3選手権で初めてドライバーズチャンピオンタイトル(マイク・コンウェイ)を獲得している。


[編集] フェラーリ時代(2007年-)
2007年シーズンは、初のワールドチャンピオン獲得という悲願を達成した。

フェラーリ移籍初戦となったオーストラリアGPで、優勝。このレースで自身初めて、優勝、ポールポジション、ファステストラップ独占(ハットトリック)を達成した。しかしモナコGP予選で大きなミスを犯し16位、決勝でも速さを見せられず8位となった。その後の第8戦フランスGPと第9戦イギリスGPで連勝。第13戦イタリアGPでは土曜日の予選前のフリー走行で大クラッシュし、首を痛めた。続く第14戦ベルギーグランプリにおいてポール・トゥ・ウィンを果たし、ドライバーズサーキットとして名高いスパ・フランコルシャンを3度制覇している。そして最終戦のブラジルグランプリにて予選3位から優勝を果たし、最大26ポイント差を跳ね返す史上最大の逆転劇を演じ、悲願の年間総合優勝を達成した。この年のチャンピオン争いは最終的に1位ライコネン110ポイント、2位ハミルトンと3位アロンソが109ポイントと、1位から3位までの差が1ポイント差であり、さらにシーズン最終戦まで争いが続き、しかも三つ巴になるというF1史上でも稀に見る激戦であった。1位から3位までの差が1ポイント差でシーズンを終えるのはF1史上初。


[編集] 人物
家族は父、母、兄(ラミ)、妻(ジェニー)
ニックネームは北欧出身で常にクールな性格から「アイスマン」。雑誌などのインタビューでも口数が少なく、あまり英語の滑舌が良くないことから「記者泣かせ」と言われるが、ドライビングスタイルや優勝したときのパフォーマンスは情熱的でアグレッシブ。リタイアした際に、誘導しようと体に触ったコースマーシャルを突き飛ばしたり、ステアリングをコックピットに投げ捨てるなど激情にかられることもある。
身長175cm 体重63kg 血液型はA型。(F1速報のプロフィールより)
足のサイズは26cm 好きな女性のタイプは「かわいい子」。(ASエフ100の質問より)

[編集] エピソード
マネージャーは、F1参戦前からディビッド・ロバートソン、スティーブ・ロバートソン親子。

彼らは、ジェンソン・バトンを発掘した人物でもある。

大の酒好きとしても知られ、表彰台でのシャンパンファイトでは、まずシャンパンを一口飲んでから参加する。

一方、その酒癖の悪さが噂されており、オフシーズンを中心にしばしば酒がらみのゴシップ報道がされている。

また2007年最終戦のブラジルグランプリでは、大逆転でワールドチャンピオンを勝ち取ったからか、表彰台に上がったとたんシャンパンを口にした。

人生で最初の車は、母親の友人からタダでもらったロシア製のラーダ。赤い車体を自分で黒く塗装していた。

プライベートでの運転でもアグレッシブらしく、冬の凍った道を高速でスリップしてあやうく林に突っ込みそうになり、父親に注意されたそう。

2006年モナコGPでは、リタイアした数分後、クルーザーでグラス片手に優雅にGPを観戦するというお茶目な一面を見せている。


但しまだレースは行われていることから、本来であれば速やかにピットに戻りエンジニアやチームメイトに情報を提供すべき場面であり、

一種の「職場放棄」であるとみなすことも可能(逆に言えば、既にチームとライコネンとの関係が冷え切っていたことを示す行動であったともいえる)。

また前述の酒癖の悪さとも関係し、この行動には批判も多い。

2006年最終戦ブラジルGPではこのレースでヘルメットを置くミハエル・シューマッハの引退セレモニーが行われたが、彼はこれを見逃した。

イギリスITVによるインタビューにおいてセレモニーを見逃した理由を問われたライコネンは、世界中に配信されているライブ映像である
にもかかわらず、「クソをしに行っていた("I was having a shit")」と発言し、物議をかもした。

2007年シーズン開幕前、地元フィンランドのスノーモービルレースに「ジェームス・ハント」名を使って出走し優勝。

シーズン中には地元のパワーボートレースにゴリラの着ぐるみで変装して参加した。

2007年イタリアGPでは“ICEMAN”のロゴが入ったハーレーで現れた。(FI速報より)

[編集] F1での年度別成績
(2007年第17戦終了時)

年 所属チーム # ランキング 獲得ポイント 決勝最高位・回数 表彰台回数 予選最高位・回数
2001年 ザウバー 17 10位 9 4位・2回 0回 7位・2回
2002年 マクラーレン 4 6位 24 2位・1回 4回 2位・1回
2003年 6 2位 91 1位・1回 10回 1位・2回
2004年 6 7位 45 1位・1回 4回 1位・1回
2005年 9 2位 112 1位・7回 12回 1位・5回
2006年 3 5位 65 2位・2回 6回 1位・3回
2007年 フェラーリ 6 1位 110 1位・6回 11回 1位・3回




年 所属チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 WDC ポイント
2001 ザウバー Sauber C20 ペトロナス 01A 3.0 V10 AUS
6 MAL
Ret BRA
Ret SMR
Ret ESP
8 AUT
4 MON
10 CAN
4 EUR
10 FRA
7 GBR
5 GER
Ret HUN
7 BEL
Ret ITA
7 USA
Ret JPN
Ret 10位 9
2002 マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4-17 メルセデス FO 110M 3.0 V10 AUS
3 MAL
Ret BRA
12 SMR
Ret ESP
Ret AUT
Ret MON
Ret CAN
4 EUR
3 GBR
Ret FRA
2 GER
Ret HUN
4 BEL
Ret ITA
Ret USA
Ret JPN
3 6位 24
2003 マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4-17D メルセデス FO 110M/P 3.0 V10 AUS
3 MAL
1 BRA
2 SMR
2 ESP
Ret AUT
2 MON
2 CAN
6 EUR
Ret FRA
4 GBR
3 GER
Ret HUN
2 ITA
4 USA
2 JPN
2 2位 91
2004 マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4-19 メルセデス FO 110Q 3.0 V10 AUS
Ret MAL
Ret BHR
Ret SMR
8 ESP
11 MON
Ret EUR
Ret CAN
5 USA
6 7位 45
マクラーレン MP4-19B FRA
7 GBR
2 GER
Ret HUN
Ret BEL
1 ITA
Ret CHN
3 JPN
6 BRA
2
2005 マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4-20 メルセデス FO 110R 3.0 V10 AUS
8 MAL
9 BHR
3 SMR
Ret ESP
1 MON
1 EUR
11 CAN
1 USA
DNS FRA
2 GBR
3 GER
Ret HUN
1 TUR
1 ITA
4 BEL
1 BRA
2 JPN
1 CHN
2 2位 112
2006 マクラーレン・メルセデス マクラーレン MP4-21 メルセデス FO 108S 2.4 V8 BHR
3 MAL
Ret AUS
2 SMR
5 EUR
4 ESP
5 MON
Ret GBR
3 CAN
3 USA
Ret FRA
5 GER
3 HUN
Ret TUR
Ret ITA
2 CHN
Ret JPN
5 BRA
5 5位 65
2007 スクーデリア・フェラーリ フェラーリ F2007 フェラーリ 056 2.4 V8 AUS
1 MAL
3 BHR
3 ESP
Ret MON
8 CAN
5 USA
4 FRA
1 GBR
1 EUR
Ret HUN
2 TUR
2 ITA
3 BEL
1 JPN
3 CHN
1 BRA
1 1位 110


[編集] 外部リンク
ウィキメディア・コモンズには、キミ・ライコネンに関連するマルチメディアがあります。キミ・ライコネン公式ウェブサイト
kimicentral.net
Kimi Räikkönen Fans Webblog



先代:
フェルナンド・アロンソ F1ドライバーズチャンピオン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| モータースポーツ F1 | 00:45 | comments(0) | trackbacks(24) | pookmark
ライコネン ブラジルGPを制し初の年間王者
ライコネンが、F1ブラジルGP、決めましたね。

佐藤琢磨(スーパーアグリ・ホンダ)も12位で、健闘しました。。


ライコネンが大逆転で初の王座 F1最終戦ブラジルGP




大逆転で初の年間タイトルを獲得したフェラーリのキミ・ライコネン(AP) 熾(し)烈なシーズンは、史上まれに見る大逆転で幕を閉じた。

F1世界選手権今季最終第17戦・ブラジルGPは21日(日本時間22日未明)、サンパウロ郊外のインテルラゴス・サーキット

(1周4.309キロ)で22台が出走して71周の決勝を行い、フェラーリのキミ・ライコネン(フィンランド)が優勝。


ドライバーズ・ポイントでマクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン(英国)、フェルナンド・アロンソ(スペイン)を逆転し、
初の王座に輝いた。


 予選3番手のライコネンはスタートで2位に浮上。終盤までトップを走った同僚のフェリペ・マッサ(ブラジル)を51周目にピットインの

タイミングで抜き、そのままトップチェッカーを受けた。

ライコネンは今季2戦連続6勝目、通算15勝目。優勝タイムは1時間28分15秒270(平均時速207.972キロ)だった。


 3年連続王座を目指したアロンソは3位。2番手スタートのハミルトンは出だしてライコネン、アロンソに抜かれると、途中、

マシントラブルで大きく順位を落とした。その後、追い上げたが7位で終わった。


 この結果、ドライバーズ・ポイントはライコネンが110点。ハミルトン、アロンソともに109点となり、ライコネンがランク3位から
逆転した。

フィンランド人の世界チャンピオンは1999年のミカ・ハッキネン以来。

 日本人初のF1レギュラードライバー、中嶋悟氏の長男で、これがF1デビューとなった一貴(ウィリアムズ・トヨタ)は10位。

佐藤琢磨(スーパーアグリ・ホンダ)は12位でゴールした。山本左近(スパイカー・フェラーリ)は他車に接触し、2周でリタイアした。

(Yomiuri online)
| モータースポーツ F1 | 05:29 | comments(0) | trackbacks(6) | pookmark
F1日本グランプリ雨と濃霧で午前のフリー走行は中止

F1
日本グランプリ、さしもの、スーパーカーも、雨霧にはかなわんわな・・・

うううん、モータースポーツって、自然ちゅううか、天候との戦いちゅう側面も大きいしね・・・

今日も大雨だけど、どうなっちょるんだろか?

オイラの会社のマブダチで、元ヤンキーの親分やってた奴(今ではすっかり、真面目なサラリーマンしてますが、髪型は、なごりで

思いっきり、リーゼントですけど・・・)が、毎年、行ってたけど、今年はどうなんでしょね・・・

(記事全文)

F1第15戦・日本GP(Japan Grand Prix 2007)、フリー走行3回目。9月29日午前に行われたフリー走行は、一時マシンが走行した時間帯もあったが雨と濃霧の為に中止となった。
(c)AFP


(写真)濃霧の中フリー走行に臨むマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)。(c)AFP/Toru YAMANAKA




日本グランプリ (4輪)とは



日本グランプリ(にっぽんグランプリ、Japanese Grand Prix)は、日本で開催される自動車レースの名称である。

グランプリの元の意味は「最高位の賞」の意味であるので、競馬の有馬記念、競輪のKEIRINグランプリ、競艇の賞金王決定戦競走などでもグランプリの呼称は使われる。

目 次


1 概要
1.1 初期
1.2 国内フォーミュラ時代
1.3 F1世界選手権化

2 1976年以前の日本グランプリ
2.1 活躍した車
2.2 歴代優勝者

3 F1日本グランプリ
3.1 過去のレース
3.2 過去の結果と開催サーキット

4 関連項目

5 外部リンク


[1] 概要


[1.1] 初期

自動車レースの世界で日本グランプリの呼称のレースが開催されるようになるのは1963年5月からで、市販車を改造した車のレースであった。

1964年の第2回日本グランプリが、式場壮吉のポルシェ904を生沢徹のスカイラインGTが1周だけ抜いたという伝説のレースである。

1966年大会からは富士スピードウェイで開催されるなど、その後はスポーツカーで日本グランプリは競われたが、1970年には日産自動車が「排ガス対策の開発に集中したい」との理由から日本グランプリの参戦取り止めを発表。

トヨタ自動車もそれに追随したため、日本自動車連盟(JAF)はこの年の日本グランプリ開催を断念。スポーツカーによる日本グランプリは終焉を迎える。


[1.2] 国内フォーミュラ時代

1971年から日本グランプリはフォーミュラカーレースとして再スタート。1973年からは全日本F2000選手権シリーズの1戦として開催された。

1974年はオイルショックの影響で中止になったが、1976年まで同形式で開催された。(1976年には日本で初めてF1シリーズ戦が富士スピードウェイで開催されたが、F1日程決定時に既に全日本F2000選手権最終戦『日本グランプリ』が組み込まれていたため、F1日本グランプリではなく『F1世界選手権・イン・ジャパン』と命名された。)


[1.3] F1世界選手権化

翌1977年はF1世界選手権シリーズの日本ラウンドが、晴れて『F1日本グランプリ』として富士スピードウェイで開催された。

しかし、このレース中に発生した観客死亡事故の影響等により翌年からF1選手権日本ラウンドの開催は中断し、日本グランプリと銘打ったレースは暫く姿を消すこととなった。

1980年代半ばよりホンダがF1復帰を果たしたのと歩調を合わせる様に、1987年からは鈴鹿サーキットで「フジテレビ・F1日本グランプリ」と題して再び開催されるようになった。

日程的にF1シリーズの最終戦近くに開催されるため、世界チャンピオンが日本GPで決まる場合もあり、ドラマチックなレースが展開されることが多い。

1987年から鈴鹿サーキットで開催され続けてきたF1日本GPだが、コースの安全性や施設の老朽化が著しくなったことと、2005年にF1を開催するのにふさわしいコース、施設に改修された富士スピードウェイが招致に名乗りを上げたことで、2007年からは30年ぶりに富士スピードウェイで開催されることとなった。

これは、FIA(国際自動車連盟)が、ドイツやイタリアでのGPと同様にF1の開催を完全に1カ国1開催の原則を通し、新規開催国でのGPを増加させたい意向であることも背景にあると思われている。

その後、鈴鹿サーキット側が2008年以降の鈴鹿での開催再開を熱望し、FOMと交渉を続けていたが、2007年9月8日にFOM・鈴鹿サーキット・富士スピードウェイの三者が、2007・2008年は富士、2009年は鈴鹿で開催することを発表した。

2010年以降については正式な発表はないものの、以後は鈴鹿・富士での隔年交互開催を行うことになると思われる。

2007年3月にFOAのバーニー・エクレストン会長が「早ければ2008年からの日本グランプリは夜間開催にしたい」という意向を示した。

これは、FOAとしては時差の関係で日本を含め、アジア・オーストラリアでの開催では、ヨーロッパでの放送が早朝帯となることから低視聴率となることから、これを解消する為に、今後夜間開催を推進していく考えであるというものである。

しかし、実施にあたっては、夜間照明設備の整備を行う必要や、安全面での問題が出てくるため、夜間開催実現にはまだ紆余曲折があるものと見られる。

^ これは日本の天候が良い10月に開催を希望している事情による。10月10日前後、11月3日などは晴れの特異日として知られている。


[2] 1976年以前の日本グランプリ

[2.1] 活躍した車

ポルシェ・904、906

プリンス・スカイラインGT

プリンス・R380

日産・R381

トヨタ7

[2.2] 歴代優勝者

回 年度 ドライバー 優勝車

1 1963年 ピーター・ウォー ロータス23コスワース

2 1964年 式場壮吉 ポルシェ904

3 1966年 砂子義一 プリンスR380

4 1967年 生沢徹 ポルシェ906

5 1968年 北野元 ニッサンR381

1969年 黒沢元治 ニッサンR382

1970年 中止

1971年 永松邦臣 コルトF2000

1972年 ジョン・サーティース サーティーズTS15

1973年 黒沢元治 マーチ722BMW

1975年 長谷見昌弘 スリーボンドマーチ

1976年 ジャック・ラフィット シェフ゛ロンB35BMW



[3] F1日本グランプリ

[3.1] 過去のレース

1976年
フェラーリのニキ・ラウダがマクラーレンのジェームス・ハントを3ポイントリードで迎えたレースであったが、決勝レース当日は大雨。

何度もレース開催の可否が議論される中、レースはスタートするが、とてもレースを開催できるコンディションではないと、自ら撤退するドライバーもいた。ラウダもその一人で、彼はチャンピオンがかかっているにもかかわらず、わずか2周のみの走行でマシンを降りることを選んだ。

この年のニュルブルクリンクでのドイツGPで瀕死の重傷を負ったラウダとしてみれば当然の決断であったが、フェラーリ総帥のエンツォ・フェラーリはこれに激怒。このことをきっかけに両者の関係は悪化し、翌年限りでラウダがチームを去ることにつながった。レースは途中から雨が上がったが、タイヤ交換などで順位が激しく入れ替わり、混乱した展開となった。

ハント自身がレース終了時に順位を把握できず、チャンピオンを逃したと勘違いしてチームに怒鳴り込もうとするも、実は3位でフィニッシュしており、わずか1ポイント差で逆転王座に輝くこととなった。

なお予選1回目でコジマに乗る長谷見昌弘がF1レギュラー陣を脅かす好タイムを記録。決勝では旧型ティレルを駆る星野一義が快走を見せ、一時は3位走行するも、用意していたタイヤを全て使い切った為に残念ながらレース半ばでリタイアしている。

1977年
富士での2回目のF1開催となったが、レース序盤にフェラーリのジル・ヴィルヌーヴがティレルのロニー・ピーターソンに追突してコースアウトを喫し、立入禁止区域にいた観客らを巻き込む死亡事故となってしまった(事故を起こしたヴィルヌーヴは奇跡的に無傷)。

この不幸な事故に加え、主催者側が十分な利益を上げられなかったことなどもあり、日本GPはF1カレンダーから姿を消すことになってしまった。

1987年
10年ぶりの日本でのF1開催。このレースはウィリアムズ・ホンダのチームメイト、ネルソン・ピケとナイジェル・マンセルのチャンピオン争いのかかる戦いであった。しかし、予選中にマンセルがクラッシュにより負傷し、レース出場できなくなった為、戦わずしてピケの3回目のチャンピオンが決定した。

レースではそれまで37レース勝利のなかったフェラーリが、ゲルハルト・ベルガーの力走により、2年ぶりの勝利を飾った。期待されたホンダ勢では、ロータスのアイルトン・セナの2位が最高位で、セナのチームメイトでこの年より日本人初のF1フル参戦を果たした中嶋悟が6位入賞を果たした。

1988年
このシーズンをここまで14戦13勝と圧倒してきたマクラーレン・ホンダであったが、このレースは、この年ロータスから移籍してきたアイルトン・セナの初のチャンピオンのかかるレースとなった。

しかし、セナはスタートでまさかのエンジン・ストール。何とか下り坂であったことが幸いして、エンジンは息を吹き返すものの、セナは中団まで後退してしまう。

ところが、ここからセナが鬼神の追い上げを見せ、中盤までにチームメイトのアラン・プロストとのマッチレースに持ち込む。

そして28周目のホームストレートでセナはプロストを交わすことに成功し、大逆転で優勝を飾り、チャンピオンに花を添えることとなった。尚、ターボ・エンジン全盛のこの年のレースで、わずか1周のみとはいえ、レイトンハウス・ジャッドのイヴァン・カペリがラップリードを奪ったことは特筆すべきことであった。

1989年
またしてもセナとプロストのチャンピオン争いとなったが、この年はプロストがリードして迎えた。予選ではセナが圧倒的なタイムでポールを奪うが、レーススタートではグリップのよいアウト側スタートのプロストが1コーナーを制した(当時の鈴鹿は現在とは異なり、奇数グリッドがイン側に位置していた)。 

なかなかプロストの前に出ることのできないセナが、47周目のシケインでプロストに並びかけたものの、両者は接触。プロストは即座にマシンを降りたが、セナはオフィシャルに押し掛けを要求、シケインを通過せず、エスケープゾーンからコースに復帰した。

その後、セナはこのアクシデントによりトップに立っていた、ベネトン・フォードのアレッサンドロ・ナニーニを抜いてトップでフィニッシュするも、レース後にシケインの不通過がレギュレーション違反とされ、失格裁定が下り、プロストの王座が決定した。尚、ナニーニにとってはこれがF1初優勝であった(キャリア唯一のF1勝利)。

1990年
この年もセナとフェラーリに移籍したプロストによるチャンピオン争いであったが、前年の因縁もあり、ポールをとったセナがグリッドをアウト側に変更するよう要求するも、これは却下される。

レーススタートでは予選2位のプロストが1コーナーまでにリードを奪うが、何とセナはイン側の位置を譲らず、プロストもろともクラッシュ、コースアウトし、両者リタイアによりセナのチャンピオンが決定する後味の悪い決着(後にセナの故意と判明)となった。

セナはあたかも、前年のリベンジをするかのようであった。レースは両者のチームメイトのゲルハルト・ベルガー(マクラーレン)とナイジェル・マンセル(フェラーリ)が、トップに立った後にいずれもリタイアを喫する波乱の展開となり、予選6位・8位のネルソン・ピケとロベルト・モレノのベネトン勢が1-2フィニッシュを果たした。

苦労人のモレノは初の表彰台であった。また、鈴木亜久里が3位入賞し、日本人として初の表彰台を獲得した。

1991年
セナとマンセルのチャンピオン争いとなったが、マンセルが10周目の1コーナーでスピンを喫しリタイアとなった為、セナの2年連続3回目のチャンピオンが決定した。

この年限りで引退を表明していたテイレル・ホンダの中嶋悟であったが、惜しくも31周目にサスペンショントラブルによりレースを去ることとなった。

なお、レースは最終ラップのゴール直前に、セナがチームメイトのベルガーを紳士協定により先行させた。ベルガーにとってはこれがマクラーレン移籍後の初優勝となった。

1992年
ホンダが第二期F1活動の休止を発表し、最後の地元レースで期待されたが、ヘルメットに日の丸をつけて臨んだセナはわずか3周でマシントラブルによりリタイア。

レースはこの年を席巻したウィリアムズ二台の独走となるが、リカルド・パトレーゼに首位を譲ったマンセルもマシントラブルでリタイア。

パトレーゼはそのままトップでチェッカーを受けこのシーズン初勝利、二位にはベルガーが入って、ホンダの面目を施した。

1993年
レース途中で降り出した雨を衝き、セナがマシンの力に優るプロストを交わして5年ぶりの日本GP勝利を飾る。

レース途中で周回遅れのエディ・アーバインが邪魔をしたとして、レース後にセナがアーバインと口論、険悪な状況になるというハプニングもあった。

セナが殴ったというのはアーバインの嘘で、彼が周りに吹聴したことが大きく報道されてしまった。

1994年
ミハエル・シューマッハとデイモン・ヒルのチャンピオン争いは、初めて雨の中での鈴鹿でのレースとなった。

豪雨により中断し、2ヒートとなったレースは、ヒルが時間との戦いをも制し、シューマッハとの差を再び1ポイントとし、最終戦にチャンピオンをかけることとなった。

後にウイリアムズチームのパトリック・ヘッドはこのレースを「ヒルの走りの中で最高のレース」と語っている。レース前、アイルトン・セナを偲ぶセレモニーが行われた。

1995年
1988年から参戦してきたリジェ・無限ホンダの鈴木亜久里の最後のレースとなってしまった。

このレースを最後の花道を飾るつもりで臨んだ亜久里だが、予選2日目のアタック中にS字コーナーでクラッシュを喫して病院に運ばれ、翌日のレースを走ることはなかった。

一方の片山右京は亜久里の無念の思いが漂っている形で13番グリッドからスタートするも、12周目にあえなくリタイア。

なお、レースのほうはミハエル・シューマッハがデイモン・ヒルの追撃(その後ヒルは41周目にスピンアウトを起こしリタイア)を振り切り優勝した。

1996年
デイモン・ヒルとジャック・ヴィルヌーヴのチームメイト同士によるチャンピオン争いとなったが、37周目にホイールが脱落するトラブルによりヴィルヌーヴがリタイアし、ヒルの初のチャンピオンが決定した。

ヒルは父グラハムとの史上初の父子チャンピオン達成となった。ちなみに2007年現在、親子そろってF1王者に輝いたのは、このヒル親子のみである。

1997年
ヴィルヌーヴとシューマッハのタイトル争いも大詰めを迎えてのレース。金曜フリー走行での黄旗区間での追い越しによる処分未定の状態ながらポールを取ったヴィルヌーヴを、全日本F3000で勝手を知ったフェラーリのアーバインが一周目の逆バンクでオーバーテイク。

首位に立ってレースのペースをコントロールしたアーバインのアシストでシューマッハがトップに立ち、そのまま優勝。最終戦を前にポイントランキングトップへ立った。

1998年
初のチャンピオンをかけたミカ・ハッキネン(マクラーレン)とミハエル・シューマッハ(フェラーリ)の争いとなったが、ポールのシューマッハがフォーメーションラップ・スタートでまさかのエンジン・ストール。

これで楽になったハッキネンが終始レースをリード。シューマッハも最後尾から懸命の追い上げを見せ、3位まで浮上するも、タイヤバーストによりリタイア。これによりチャンピオンを決定したハッキネンがそのまま日本GP初優勝を飾った。

1999年
フェラーリのエディ・アーバインがハッキネンを2ポイントリードで迎えたが、アーバインは精彩を欠いた走りで予選5位に沈む。

これに対しハッキネンはポールこそシューマッハに譲るも予選2位につけ、前年と同様、見事なスタートでトップを奪うとそのまま勝利。3位に終わったアーバインを逆転し、2年連続のチャンピオンを獲得した。

2000年
フェラーリでの初のチャンピオンに王手をかけたシューマッハと、ファン・マヌエル・ファンジオ以来の3年連続チャンピオンを狙うハッキネンの争いとなった。

予選は3年連続でシューマッハ、ハッキネンの順となり、レースではやはりハッキネンがスタートでトップに立つ。

シューマッハも懸命に食い下がり、勝負はピットストップの戦略にかかることとなったが、2回目のピットストップでリードを奪ったシューマッハが勝利を飾り、チャンピオンに輝くこととなった。

ハッキネンも最後まで諦めず、小雨となったレース終盤のファイナルラップでドライ・コンディション並のラップタイムをマークするも、わずかに一歩及ばなかった。

2002年
3年ぶりの日本人F1ドライバーとなったジョーダン・ホンダの佐藤琢磨の凱旋レースとなった。

ここまでのシーズンで第12戦ドイツGPでの最高位8位だった琢磨だが、予選で渾身のアタックを見せ、トップ3チームのドライバーに次ぐ7位を獲得(なお予選8位はチームメイトのジャンカルロ・フィジケラだった)レースでもルノー勢との争いを制し、見事に5位に入賞。

このレースで勝利したシューマッハに、「このレースの勝利者はボクと、地元で5位入賞を果たしたタクマの2人だ」と言わしめるほどの活躍であった。なおこのレースでも、フェラーリは1-2フィニッシュを飾っている。

2003年
チャンピオンに王手をかけて9ポイントリードしたシューマッハに、マクラーレンのキミ・ライコネンが挑むレースとなった。

予選は雨による混乱で、ライコネンは8位、シューマッハは何と14位に沈むこととなった。シューマッハは序盤に、ジャック・ヴィルヌーヴの突然のキャンセルによりB・A・Rから出場することとなった佐藤琢磨とシケインで接触するなど、なかなか波に乗れないレースとなる。

このレースに優勝することが最低条件のライコネンは何とか2位までは浮上するも、先行するフェラーリのルーベンス・バリチェロを交わすまでには至らず、8位で何とかフィニッシュしたシューマッハが、辛くも2ポイント差で4年連続6回目のチャンピオンを獲得し、

ファン・マヌエル・ファンジオの持つ最多チャンピオン獲得記録を更新することとなった。急遽出場の佐藤琢磨だが、我慢のレースを14番手スタートから追い上げ、6位でフィニッシュ。チームのコンストラクターズ・ランキング5位獲得に貢献を果たした。

2004年
この年のアメリカGPで日本人として14年ぶりの3位表彰台を獲得した琢磨に再度の表彰台の期待がかかるレースとなった。

グランプリ期間に入ってから接近した台風22号の影響で土曜日のセッションが全てキャンセルとなり、日曜日の午前中に2回の予選セッションを行い、午後に決勝レースを行うという、史上初の「ワン・デイ・グランプリ」となった。

佐藤琢磨は予選4位を獲得したが、5位スタートのチームメイト、ジェンソン・バトンにスタートで先行を許し、ピットストップ戦略の違いから、レースでは 2位を走行していたことがあったが、惜しくも4位となってしまった。

2005年
→2005年日本グランプリを参照。

2006年
→2006年日本グランプリを参照。


[3.2] 過去の結果と開催サーキット

年 決勝日 ラウンド サーキット 勝者 所属チーム

1976 10月24日 16 富士 マリオ・アンドレッティ ロータス・フォード

1977 10月23日 17 富士 ジェームス・ハント マクラーレン・フォード

1987 11月1日 15 鈴鹿 ゲルハルト・ベルガー フェラーリ

1988 10月30日 15 鈴鹿 アイルトン・セナ マクラーレン・ホンダ

1989 10月22日 15 鈴鹿 アレッサンドロ・ナニーニ ベネトン・フォード

1990 10月21日 15 鈴鹿 ネルソン・ピケ ベネトン・フォード

1991 10月13日 15 鈴鹿 ゲルハルト・ベルガー マクラーレン・ホンダ

1992 10月25日 15 鈴鹿 リカルド・パトレーゼ ウィリアムズ・ルノー

1993 10月24日 15 鈴鹿 アイルトン・セナ マクラーレン・フォード

1994 11月6日 15 鈴鹿 デイモン・ヒル ウィリアムズ・ルノー

1995 10月29日 16 鈴鹿 ミハエル・シューマッハ ベネトン・ルノー

1996 10月13日 16 鈴鹿 デイモン・ヒル ウィリアムズ・ルノー

1997 10月12日 16 鈴鹿 ミハエル・シューマッハ フェラーリ

1998 11月1日 16 鈴鹿 ミカ・ハッキネン マクラーレン・メルセデス

1999 10月24日 16 鈴鹿 ミカ・ハッキネン マクラーレン・メルセデス

2000 10月8日 16 鈴鹿 ミハエル・シューマッハ フェラーリ

2001 10月14日 17 鈴鹿 ミハエル・シューマッハ フェラーリ

2002 10月13日 17 鈴鹿 ミハエル・シューマッハ フェラーリ

2003 10月12日 16 鈴鹿 ルーベンス・バリチェロ フェラーリ

2004 10月10日 17 鈴鹿 ミハエル・シューマッハ フェラーリ

2005 10月9日 18 鈴鹿 キミ・ライコネン マクラーレン・メルセデス

2006 10月8日 17 鈴鹿 フェルナンド・アロンソ ルノー

2007 9月30日 15 富士


※ 1976年は「F1世界選手権・イン・ジャパン」の名称で開催。


[4] 関連項目

モータースポーツ

鈴鹿サーキット

F1選手権レースの一覧

富士スピードウェイ

パシフィックグランプリ



[5] 外部リンク

F1 2007 JAPANESE GP in FUJI SPEEDWAY



F1世界選手権のグランプリ
2007年に開催されるGP
オーストラリア | マレーシア | バーレーン | スペイン | モナコ | カナダ | アメリカ | フランス
イギリス | ヨーロッパ | ハンガリー | トルコ | イタリア | ベルギー | 中国 | 日本 | ブラジル
かつて開催されていたGP
アメリカ東 | アメリカ西 | アルゼンチン | インディ500 | オーストリア | オランダ | サンマリノ | スイス
スウェーデン | ドイツ | パシフィック | ペスカーラ | ポルトガル | メキシコ | 南アフリカ | モロッコ | ルクセンブルク

この「日本グランプリ (4輪)」は、スポーツに関連した書きかけ項目です。(ポータル スポーツ/ウィキプロジェクト スポーツ)

カテゴリ: F1選手権レース | 日本のモータースポーツ | 日本グランプリ (4輪) | スポーツ関連のスタブ項目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| モータースポーツ F1 | 10:51 | comments(0) | trackbacks(8) | pookmark