+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
ガザ地区で拉致されたBBC記者、「爆弾ベスト」を着た姿が公開される
■パレスチナに平和は来ないのか!〜ガザ地区で拉致されたBBC記者、「爆弾ベスト」を着た姿が公開!!

パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)で拉致された英BBCのアラン・ジョンストン(Alan Johnston)記者が、爆弾を身体に巻かれた状態で映っているビデオを、

ハマス(Hamas)のイスマイル・ハニヤ(Ismail Haniya)首相が、見たそうだ。。。

まるで、映画の1シーンを見るような「爆弾ベスト」に身を包まれたBBCの記者映像は、衝撃的だ・・

中近東には「歯には、歯を、目には目を」の言葉通り、「やられたら、やり返せ」のマインドが根強く残っているのだろうが、報復、復讐の連鎖は、憎しみしか生まず、問題の根本的解決を遅らせるばかりだと、思うのだが・・

▼あなたのコンプレックスを、『シトルリンΩ』が、完全克服!精力も増強!!





▲『シトルリンΩ』新医薬成分で
ペニス増大
↑!!


★今だけ!『シトルリンΩ』 ★代引手数料無料キャンペーン!


【6月25日 AFP】英BBCのアラン・ジョンストン(Alan Johnston)記者が今年3月、パレスチナ自治区ガザ地区(Gaza Strip)で武装勢力に拉致された事件で、自治政府首相を事実

上解任されたイスラム原理主義組織ハマス(Hamas)のイスマイル・ハニヤ(Ismail Haniya)首相は24日、同記者が爆弾を身体に巻かれた状態で映っているビデオを
見たことを明らかにした。


ハニヤ首相は、現在ハマスが制圧しているガザ地区内で、支持者らに向けて演説。

「ジョンストン記者が爆弾を仕込んだベストを着せられているビデオを見た。あのような行為をわれわれは容認できない」

として、記者の解放を訴えた。いつどこでビデオを見たかは明らかにしなかった。


米情報収集企業インテルセンター(IntelCenter)によると、ビデオの長さは1分42秒で、

ジョンストン記者拉致の犯行声明を出している武装勢力「Army of Islam」が公開したものだという。


同記者はビデオの中で、「彼らは、この場所に強行突入が行われた場合には、この爆弾を爆発させると言っている。

ハマスと英政府が軍事的な解決を選択した今、交渉の余地はなく、状況は極めて深刻だと主張している」と語っている。


同記者のビデオが公開されたのは、今回が2度目。拉致事件発生からは104日が経過している。(c)AFP/Sakher Abu El Oun

2007年06月25日 11:24 発信地:ガザ市/パレスチナ自治区


2007年6月24日公開された、爆弾を巻いたアラン・ジョンストン(Alan Johnston)記者の映像。(c)AFP/IntelCenter

↓今日の豆知識↓

ガザ地区とは


قطاع غزة
Qita' Ghazzah
רצועת עזה
Retzuat 'Azza

公用語 アラビア語

面積 360 km²


人口

- 全人口
- 人口密度
-

1,376,289 (2005年7月 推定)
3,823/km² (2005年7月 推定)

通貨 1 New Israeli sheqel

(NIS) = 100 Agorot

タイムゾーン UTC +2/+3

CIAワールドファクトブックよりガザ地区(قطاع غزة)は、中東のシナイ半島の北東部、東地中海に面して存在する帯状の地域で、パレスチナの一角に位置する。その名称は中心都市であるガザに由来している。約360 km²ほどの地域に140万人の人々が存在している。

目 次

1 歴史

2 統計

3 交通と通信

4 関連項目

5 外部リンク



[1] 歴史

第一次世界大戦終結以降、イギリスによる委任統治下にあったこの地は、1948年の第一次中東戦争によってエジプトにより占領された。1967年に第三次中東戦争が勃発するとイスラエルにより占領され、イスラエル人の入植が進んだ。

1993年の中東和平「オスロ合意」によって、ヨルダン川西岸地区の一部と共にパレスチナ自治政府の統治下に置かれた。治安はパレスチナ政府の治安部隊および市民警察軍によって維持されているが、現在も航空管制権と沿岸航行権はイスラエルが保持している。

また、自治政府発足後も、入植者保護の為にイスラエル軍が駐留していたが、2005年8月までにイスラエルは全てのユダヤ人入植地を撤去、9月には全陸軍部隊をガザ地区から撤退させた。

しかし、直後に過激派ハマースが選挙で勝利してパレスチナ自治政府の与党の座に就くと、イスラエルは態度を硬化した。2006年6月末にはハマース系武装勢力に拉致されたイスラエル兵士1名を救出する為、戦車隊を含む陸軍が侵攻した。

その後もイスラエルによる攻撃は断続的に続いている。また、検問所はイスラエルの管理下にあり、ガザ地区は事実上イスラエルに封鎖されている。

2007年6月11日、ハマースがガザ地区を武力で占拠し、パレスチナ解放機構主流派のファタハは「クーデター」と批判した。イスラエルは経済制裁を強化し、再び大規模な侵攻を計画しているといわれている。

ファタハ支持者を中心に、ガザ地区から脱出しようとする動きも見られる。ただし、日本では「ガザ脱出へパレスチナ人殺到」(『毎日新聞』6月20日)と報じられたが、実数では数百人程度で、ガザ地区の人口比としてはそれほどでもないという指摘もある。


[2] 統計

エレツ検問所 ガザ地区北端、イスラエルとの境界に位置する現在ガザ地区に住む人々の三分の二は1948年の第一時中東戦争によって発生したパレスチナ難民およびその子孫である。この難民問題の解決策は現在も決定していない。

乳児死亡率:1000人の子供の誕生に対して21.3人の死亡
出生率:女性一人当たり4.7人
人口増加率:2.8%


[3] 交通と通信

イスラエル軍の攻撃によって破壊されたヤセル・アラファト国際空港の建物


[4] 関連項目

ガザ地区の入植地一覧

ガザ

ラファ

ハーンユーニス

ヨルダン川西岸地区


[5] 外部リンク

Legal Status of West Bank, Gaza and East Jerusalem

United Nations - Question of Palestine

Gaza Strip from the en:The World Factbook

Nutritional Assessment of the West Bank and Gaza Strip

map

ガザ地区に関する資料集:パレスチナ情報センター

世界飛び地領土研究会-ガザ

ウィキニュースに、ガザ地区に関連するニュースがあります。

カテゴリ: パレスチナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


世界ビックリ仰天ニュース・笑えるぜ・トップ
| パレスチナ自治区ガザ地区 | 07:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
【動画】ガザ地区で拉致されたBBC記者の映像、公開

ガザ地区・拉致のBBC記者映像・公開〜どこまで本音を言えているのか?〜




衝撃映像である。ガサ地区で拉致された、BBC記者のコメント付き映像だ。

今のパレスチナの、イラクアフガニスタンの悲惨な状況、特に一般市民が苦しみに巻き込まれている状況は、歴史的に見ても、全て英米が諸悪の根源だ、と訴えている。

たしかに、おそらくそうした面も、多々あるのも事実なのだろう。ただ、ひたすら一方的に、英米を中心とした西側諸国だけが悪いのか?

これには、疑問も残る。

そもそも、「諸悪の根源」、、すべての社会悪の元は○○○で、、という偏った見方、言いかたには、常に疑問を持たざる負えぬ。

しかも、拉致され、拘束され、話させられている、彼の今の立場からすれば尚更である。

拉致されたアラン・ジョンストンAlan Johnston)記者の映像の後に流される、アラビックな、解放の条件の映像(というよりメッセージ)は、生々しく、映画を超えた現実の凄まじさを感ぜずにはいられない。

日本は、何とも平和というより、平和ボケに完全にはまっている気がする。

パレスチナイラクイランアフガニスタンなど、中近東近辺の国々の「平和」と「安定」には、日本も直接、間接的に関わってきたわけだし、相応の責任があるはずだ。

また、石油にこれだけ依存している我が国の、安全保障にも大きな影響のある地域であるのは、議論のないところである。

我が政府、いな野党、国民全体が、「消えた年金」「延長国会」などにあけくれ、世界に目を向けている余裕すらなくなるのは、我が日本国自身にとっても、世界にとっても好ましい状態ではない。

少なくも、我々一般市民が、世界のこうした「現実」から、目耳を背けぬようにしたいものだ。
【6月4日 AFP】イスラム系武装組織「Army of Islam」は1日、ガザ地区(Gaza Strip)で3月に拉致した英国放送協会(BBC)の

アラン・ジョンストン(Alan Johnston)記者を撮影した映像をインターネット上で初めて公表した。

映像でジョンストン記者は、「待遇は良く、暴力などは一切受けていない」と語っている。ジョンストン記者は3月12日、

ガザ地区のBBC事務所からの帰宅途中、同組織に拉致された。ガザ地区で拉致された欧米人としては、拘束期間が最も長い。(c)AFP

2007年06月04日 13:01 発信地:ガザ市/パレスチナ自治区


(c)AFP/Henry Bouvier

世界ビックリ仰天ニュース・笑えるぜ・トップ
| パレスチナ自治区ガザ地区 | 07:00 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark
【動画】「国境なき記者団」、BBC記者の解放を求める
白いマスクの軍団が、パリ・エッフェル塔の下に集まって・・

この白マスクに白手袋、黒Tシャツの一軍は、一体なんじゃ、、

と思いきや、ハマスに拉致されたBBC記者の解放を訴えている、「国境なき記者団」の皆さんでした。。

でも、何だか、個性を重んじるはずの欧米人、しかもその最先端を行く「ジャーナリスト」が、皆で、白マスクってのも、東洋人の私から見ると、何だか不気味な感じ。。

で、下のコラムにもあるが、「国境なき記者団」が発表している『世界報道自由ランキング』(Worldwide press freedom index)

によれば、日本の報道の自由度は168カ国中、51位と、低い。。

その原因は、記者クラブ制度の存在により、外国人ジャーナリストや、フリージャーナリストによる情報のアクセスが妨げられていることにあるらしいが、ちょっと低すぎと思うのは私だけ?

アメリカ合衆国が、119位と、非常に低いのも意外な感じ。

また、堂々の最下位は「北朝鮮」だ。(これは、なるほど、納得である。)



▼あなたのコンプレックスを、『シトルリンΩ』が、完全克服!精力も増強!!





▲『シトルリンΩ』新医薬成分で
ペニス増大
↑!!


★今だけ!『シトルリンΩ』 ★代引手数料無料キャンペーン!




【6月21日 AFP】パレスチナ自治区のガザ地区(Gaza Strip)で3月12日、英国放送協会(BBC)の特派員アラン・ジョンストン(Alan Johnston)記者が拉致されてから100日目にあたる20日、

「国境なき記者団(Reporters Without Borders)」が中心となり、パリで同記者の解放を訴える集会が開催された。この事件に関しては、同日、イスラム系武装組織「Army of Islam」が犯行声明を出している。(c)AFP

2007年06月21日 13:04 発信地:パリ/フランス


(c)AFP/Lise Thomas



国境なき記者団とは



国境なき記者団(こっきょうなききしゃだん、仏:Reporters sans frontieres(RSF)、英:Reporters Without Borders(RWB))は、言論の自由(または報道の自由)の擁護を目的とした、ジャーナリストによる国際的な非政府組織。1985年にパリで設立された。

世界中で拘禁や殺害されたジャーナリストの救出と、その家族を支援。そして各国のメディア規制の動きを監視や警告をするのが主な活動である。

近年では、中国のYahoo!とGoogleにインターネットの検閲をしないように要請したことがある。

また2002年以降、『世界報道自由ランキング』(Worldwide press freedom index)を毎年発行している。


[1] 世界報道自由ランキング

2002年以降、毎年14の団体と130人の特派員、ジャーナリスト、調査員、法律専門家、人権活動家らが、それぞれの国の報道の自由のレベルを評価するため、50の質問に回答する形式で指標が作成される。

その指標を基づいて発行されたリストが世界報道自由ランキング (Worldwide press freedom index) である。

2006年10月24日に発表された世界報道自由ランキングは以下の通り(対象は168の国と地域)。

なお、このランキングにおける日本の順位は低い。その原因は、記者クラブ制度の存在により、外国人ジャーナリストやフリージャーナリストによる情報のアクセスが妨げられていることにある。

2006年の日本の順位は51位となった。これは昨年より14位、2002年からは25位の落下であり、国境なき記者団はウェブサイト内で日本での報道の自由が侵食されつつあることに、強い懸念(extremely alarming)を示している[2]。その理由として「排他的な記者クラブ」と「勃興しつつあるナショナリズム」を挙げている[1]。後者に関してはジャーナリストへの右翼の物理的攻撃も評価対象としたと公表した。


▼年度別の世界報道自由度ランキング▼(国境なき記者団発表)

順位 国名 指数
2006 2006 2005 2004 2003 2002
1 フィンランド 0.50 0.50 0.50 0.50 0.50
1 アイスランド 0.50 0.50 0.50 0.50 0.50
1 アイルランド 0.50 0.50 0.50 2.83 1.00
1 オランダ 0.50 0.50 0.50 0.50 0.50
5 チェコ 0.75 1.00 3.50 2.50 11.25
6 エストニア 2.00 1.50 2.00 2.50
6 ノルウェー 2.00 0.50 0.50 0.50 0.50
8 スロバキア 2.50 0.75 0.50 2.50
8 スイス 2.50 0.50 0.50 2.50 4.25
10 ハンガリー 3.00 2.00 6.00 3.33 6.50
10 ラトビア 3.00 2.50 1.00 2.25
10 ポルトガル 3.00 4.83 4.50 5.17 1.50
10 スロベニア 3.00 1.00 2.25 3.00 4.00
14 ベルギー 4.00 4.00 4.00 1.17 3.50
14 スウェーデン 4.00 2.00 2.00 1.50 1.50
16 オーストリア 4.50 2.50 3.25 2.75 7.50
16 ボリビア 4.50 9.67 20.00 9.67 14.50
16 カナダ 4.50 4.50 3.33 1.83 0.75
19 ボスニア・ヘルツェゴビナ 5.00 7.00 3.67 6.83 12.50
19 デンマーク 5.00 0.50 0.50 1.00 3.00
19 ニュージーランド 5.00 2.00 0.67 2.83
19 トリニダード・トバゴ 5.00 2.00 2.00 1.00
23 ベナン 5.50 5.50 5.50 5.25 6.00
23 ドイツ 5.50 4.00 2.00 1.33 1.50
23 ジャマイカ 5.50 7.50 4.17 3.33
26 ナミビア 6.00 5.50 10.00 11.00 8.00
27 リトアニア 6.50 4.50 3.00 2.83
27 イギリス 6.50 5.17 6.00 4.25 6.00
29 コスタリカ 6.67 8.50 7.63 3.83 4.25
30 キプロス 7.50 5.50 22.00 20.83
31 韓国 7.75 7.50 11.13 9.17 10.50
32 ギリシャ 8.00 4.00 7.00 6.00 5.00
32 モーリシャス 8.00 7.50 10.50 7.25 9.50
34 ガーナ 8.50 15.00 13.50 8.75 23.00
35 オーストラリア 9.00 6.50 9.50 9.25 3.50
35 ブルガリア 9.00 10.25 8.00 6.50 9.75
35 フランス 9.00 6.25 3.50 4.17 3.25
35 マリ 9.00 8.00 12.83 11.00 12.50
39 パナマ 9.50 15.00 14.50 9.75 15.50
40 イタリア 9.90 8.67 9.00 9.75 11.00
41 エルサルバドル 10.00 5.75 6.00 6.83 8.75
41 スペイン 10.00 8.33 9.00 7.67 7.75
43 中華民国(台湾) 10.50 12.25 14.25 12.00 9.00
44 南アフリカ共和国 11.25 6.50 5.00 3.33 7.50
45 カーボベルデ 11.50 6.00 8.75 8.25 13.75
45 マケドニア 11.50 8.75 11.25 9.67
45 モザンビーク 11.50 10.50 16.25 14.00 23.50
45 セルビア・モンテネグロ 11.50 14.83 20.13 21.33 20.75
49 チリ 11.63 11.75 10.00 6.83 6.50
50 イスラエル 12.00 10.00 8.00 8.00 30.00
グレナダ 12.00
51 日本 12.50 8.00 10.00 8.00 7.50
52 ドミニカ共和国 12.75 12.25 6.75 17.00
53 ボツワナ 13.00 14.00 11.50 13.00
53 クロアチア 13.00 12.83 11.83 16.50 8.75
53 トンガ 13.00 14.50 38.17
53 アメリカ合衆国 (アメリカ領域) 13.00 9.50 4.00 6.00 4.75
57 ウルグアイ 13.75 9.75 10.00 4.00 6.00
58 フィジー 14.00 14.00 16.00 11.50
58 香港 14.00 8.25 7.50 11.00 4.83
58 ポーランド 14.00 12.50 6.83 6.17 7.75
58 ルーマニア 14.00 16.17 17.83 11.50 13.25
62 中央アフリカ 14.50 19.75 32.50 32.75 21.50
62 北キプロス 14.50 12.50
62 ギニアビサウ 14.50 17.00 23.50 35.25 30.25
62 ホンジュラス 14.50 18.00 11.75 14.17
66 マダガスカル 15.00 24.50 18.50 8.17 22.75
66 トーゴ 15.00 23.75 19.50 27.50 31.50
68 エクアドル 15.25 21.75 16.50 7.67 5.50
69 ニカラグア 15.50 15.25 11.67 6.50
70 ブルキナファソ 16.00 19.00 16.25 18.00 27.75
70 コソボ 16.00 25.75
70 レソト 16.00 19.50 29.50 17.75
73 コンゴ共和国 17.00 17.00 17.50 14.00 23.17
73 クウェート 17.00 21.25 31.67 31.33 25.50
75 ブラジル 17.17 14.50 16.50 16.75 18.75
76 アルゼンチン 17.30 13.67 21.33 15.17 12.00
77 モーリタニア 17.50 40.00 51.00 36.67 41.33
77 セネガル 17.50 19.00 21.50 14.50 14.00
77 アラブ首長国連邦 17.50 25.75 50.25 37.00
80 アルバニア 18.00 14.17 11.50 6.50
80 カタール 18.00 23.00 32.50 35.00
82 パラグアイ 18.25 15.50 10.50 7.17 8.50
83 東ティモール 18.50 13.50 13.50 5.50
84 リベリア 19.00 20.50 40.00 40.00 37.75

順位 国名 指数
2006 2006 2005 2004 2003 2002
85 モルドバ 19.17 17.50 20.50 27.00
86 モンゴル 19.25 12.50 19.00 18.25 24.50
87 ハイチ 19.50 33.50 42.13 31.00 36.50
88 タンザニア 19.82 17.50 14.50 16.50 21.25
89 グルジア 21.00 25.17 27.50 17.33
90 グアテマラ 21.25 21.50 16.50 30.83 27.25
91 アンゴラ 21.50 18.00 26.50 28.00 30.17
92 マレーシア 22.25 33.00 39.83 32.00 37.83
93 コモロ 22.50 22.00 26.50 18.50 20.50
93 ザンビア 22.50 23.00 29.75 23.25 26.75
95 ニジェール 24.50 13.00 18.33 15.75 18.50
95 セーシェル 24.50 17.00 23.50 26.75 20.75
97 モロッコ 24.83 36.17 43.00 39.67 29.00
98 ブータン 25.00 51.50 55.83 77.33 90.75
98 コートジボワール 25.00 52.25 60.38 42.17 19.00
98 トルコ 25.00 25.00 37.25 35.00 33.50
101 アルメニア 25.50 26.00 23.50 25.17
101 マラウィ 25.50 22.75 31.00 21.00 27.67
103 インドネシア 26.00 26.00 37.75 34.25 20.00
103 シエラレオネ 26.00 39.50 24.50 23.50 24.50
105 インド 26.50 27.00 38.50 39.00 26.50
105 ウクライナ 26.50 32.50 51.00 40.00 40.00
107 レバノン 27.00 28.25 24.38 32.50 19.67
108 カンボジア 27.25 23.00 36.50 19.50 24.25
109 ギニア 27.50 26.00 24.50 33.17 26.00
109 ヨルダン 27.50 24.00 39.13 37.00 33.50
111 バーレーン 28.00 38.75 52.50 35.17 23.00
112 カメルーン 28.25 20.50 27.00 30.50 28.83
112 ペルー 28.25 33.33 40.00 10.25 9.50
114 ガボン 28.50 26.00 37.50 31.25 20.50
115 ベネズエラ 29.00 23.00 24.63 27.83 25.00
116 ウガンダ 29.83 19.25 24.00 25.75 17.00
117 タジキスタン 30.00 33.00 27.75 34.50 28.25
118 ケニア 30.25 30.00 22.25 18.50 24.75
119 アメリカ合衆国 (治外法権) 31.50 48.50 36.00 41.00
120 ナイジェリア 32.23 38.75 37.75 31.50 15.50
121 ジブチ 33.00 37.00 55.00 35.50 31.25
122 タイ 33.50 28.00 14.00 19.67 22.75
123 キルギスタン 34.00 32.00 35.25 32.00 31.75
124 チャド 35.50 30.00 33.25 24.00 28.75
ブルネイ 38.00
125 ブルンジ 39.83
126 アルジェリア 40.00 40.33 43.50 33.00 31.00
127 スワジランド 40.50 35.00 31.00 37.50 29.00
128 カザフスタン 41.00 36.17 44.17 42.50 42.00
128 ルワンダ 41.00 38.00 37.25 34.25 37.50
130 アフガニスタン 44.25 39.17 28.25 40.17 35.50
131 コロンビア 44.75 40.17 47.38 49.17 40.83
132 メキシコ 45.83 45.50 27.83 17.67 24.75
133 エジプト 46.25 52.00 43.50 34.25 34.50
134 パレスチナ 46.75 42.50 43.17 39.25 27.00
135 アゼルバイジャン 47.00 51.00 49.67 34.50 34.50
135 イスラエル (治外法権) 47.00 37.50 49.00
137 バングラデシュ 48.00 61.25 62.50 46.50 43.75
137 赤道ギニア 48.00 44.00 46.25 44.75 42.75
139 スーダン 48.13 44.00 44.25 45.75 36.00
140 ジンバブエ 50.00 64.25 67.50 45.50 48.25
141 スリランカ 50.75 33.25 36.50 24.83 15.75
142 コンゴ民主共和国 51.00 57.33 51.50 38.50 40.75
142 フィリピン 51.00 50.00 36.63 35.25 29.00
144 モルディブ 51.25 58.50 69.17 47.50
144 ソマリア 51.25 59.00 43.50 45.00
146 シンガポール 51.50 50.67 57.00 47.33
147 ロシア 52.50 48.67 51.38 49.50 48.00
148 チュニジア 53.75 57.50 62.67 50.83 67.75
149 ガンビア 54.00 41.00 29.50 18.25 22.50
149 イエメン 54.00 46.25 48.00 41.83 34.75
151 ベラルーシ 57.00 61.33 54.10 52.00 52.17
オマーン 57.75
152 リビア 62.50 88.75 65.00 60.00 72.50
153 シリア 63.00 55.00 67.50 67.50 62.83
154 イラク 66.83 67.00 58.50 37.50 79.00
155 ベトナム 67.25 73.25 86.88 89.17 81.25
156 ラオス 67.50 66.50 64.33 94.83 89.00
157 パキスタン 70.33 60.75 61.75 39.00 44.67
158 ウズベキスタン 71.00 66.50 52.13 61.50 45.00
159 ネパール 73.50 86.75 84.00 51.50 63.00
160 エチオピア 75.00 42.00 37.00 37.50 37.50
161 サウジアラビア 76.00 66.00 79.17 71.50 62.50
162 イラン 90.88 89.17 78.30 89.33 48.25
163 中国 (大陸部のみ) 94.00 83.00 92.33 91.25 97.00
164 ミャンマー 94.75 88.83 103.63 95.50 96.83
165 キューバ 95.00 87.00 106.83 97.83 90.25
166 エリトリア 97.50 99.75 93.25 91.50 83.67
167 トルクメニスタン 98.50 93.50 99.83 82.83 91.50
168 北朝鮮 109.00 109.00 107.50 99.50 97.50

(英語版)
1 Finland 0,50
- Iceland 0,50
- Ireland 0,50
- Netherlands 0,50
5 Czech Republic 0,75
6 Estonia 2,00
- Norway 2,00
8 Slovakia 2,50
- Switzerland 2,50
10 Hungary 3,00
- Latvia 3,00
- Portugal 3,00
- Slovenia 3,00
14 Belgium 4,00
- Sweden 4,00
16 Austria 4,50
- Bolivia 4,50
- Canada 4,50
19 Bosnia and Herzegovina 5,00
- Denmark 5,00
- New-Zealand 5,00
- Trinidad and Tobago 5,00
23 Benin 5,50
- Germany 5,50
- Jamaica 5,50
26 Namibia 6,00
27 Lithuania 6,50
- United Kingdom 6,50
29 Costa Rica 6,67
30 Cyprus 7,50
31 South Korea 7,75
32 Greece 8,00
- Mauritius 8,00
34 Ghana 8,50
35 Australia 9,00
- Bulgaria 9,00
- France 9,00
- Mali 9,00
39 Panama 9,50
40 Italy 9,90
41 El Salvador 10,00
- Spain 10,00
43 Taiwan 10,50
44 South Africa 11,25
45 Cape Verde 11,50
- Macedonia 11,50
- Mozambique 11,50
- Serbia and Montenegro 11,50
49 Chile 11,63
50 Israel 12,00
51 Japan 12,50
52 Dominican Republic 12,75
53 Botswana 13,00
- Croatia 13,00
- Tonga 13,00
- United States of America 13,00
57 Uruguay 13,75
58 Fiji 14,00
- Hong-Kong 14,00
- Poland 14,00
- Romania 14,00
62 Central African Republic 14,50
- Cyprus (North) 14,50
- Guinea-Bissau 14,50
- Honduras 14,50
66 Madagascar 15,00
- Togo 15,00
68 Ecuador 15,25
69 Nicaragua 15,50
70 Burkina Faso 16,00
- Kosovo 16,00
- Lesotho 16,00
73 Congo 17,00
- Kuwait 17,00
75 Brazil 17,17
76 Argentina 17,30
77 Mauritania 17,50
- Senegal 17,50
- United Arab Emirates 17,50
80 Albania 18,00
- Qatar 18,00
82 Paraguay 18,25
83 Timor-Leste 18,50
84 Liberia 19,00
85 Moldova 19,17
86 Mongolia 19,25
87 Haiti 19,50
88 Tanzania 19,82
89 Georgia 21,00
90 Guatemala 21,25
91 Angola 21,50
92 Malaysia 22,25
93 Comoros 22,50
- Zambia 22,50
95 Niger 24,50
- Seychelles 24,50
97 Morocco 24,83
98 Bhutan 25,00
- Côte d’Ivoire 25,00
- Turkey 25,00
101 Armenia 25,50
- Malawi 25,50
103 Indonesia 26,00
- Sierra Leone 26,00
105 India 26,50
- Ukraine 26,50
107 Lebanon 27,00
108 Cambodia 27,25
109 Guinea 27,50
- Jordan 27,50
111 Bahrein 28,00
112 Cameroon 28,25
- Peru 28,25
114 Gabon 28,50
115 Venezuela 29,00
116 Uganda 29,83
117 Tajikistan 30,00
118 Kenya 30,25
119 United States of America (extra-territorial) 31,50
120 Nigeria 32,23
121 Djibouti 33,00
122 Thailand 33,50
123 Kyrgyzstan 34,00
124 Chad 35,50
125 Burundi 39,83
126 Algeria 40,00
127 Swaziland 40,50
128 Kazakhstan 41,00
- Rwanda 41,00
130 Afghanistan 44,25
131 Colombia 44,75
132 Mexico 45,83
133 Egypt 46,25
134 Palestinian Authority 46,75
135 Azerbaijan 47,00
- Israel (extra-territorial) 47,00
137 Bangladesh 48,00
- Equatorial Guinea 48,00
139 Sudan 48,13
140 Zimbabwe 50,00
141 Sri Lanka 50,75
142 Democratic Republic of Congo 51,00
- Philippines 51,00
144 Maldives 51,25
- Somalia 51,25
146 Singapore 51,50
147 Russia 52,50
148 Tunisia 53,75
149 Gambia 54,00
- Yemen 54,00
151 Belarus 57,00
152 Libya 62,50
153 Syria 63,00
154 Iraq 66,83
155 Vietnam 67,25
156 Laos 67,50
157 Pakistan 70,33
158 Uzbekistan 71,00
159 Nepal 73,50
160 Ethiopia 75,00
161 Saudi Arabia 76,00
162 Iran 90,88
163 China 94,00
164 Burma 94,75
165 Cuba 95,00
166 Eritrea 97,50
167 Turkmenistan 98,50
168 North Korea

North Korea, Turkmenistan, Eritrea the worst violators of press freedom

France, the United States and Japan slip further Mauritania and Haiti gain much ground


New countries have moved ahead of some Western democracies in the fifth annual Reporters Without Borders Worldwide Press Freedom Index, issued today, while the most repressive countries are still the same ones.

“Unfortunately nothing has changed in the countries that are the worst predators of press freedom,” the organisation said, “and journalists in North Korea, Eritrea, Turkmenistan, Cuba, Burma and China are still risking their life or imprisonment for trying to keep us informed. These situations are extremely serious and it is urgent that leaders of these countries accept criticism and stop routinely cracking down on the media so harshly.

"Each year new countries in less-developed parts of the world move up the Index to positions above some European countries or the United States. This is good news and shows once again that, even though very poor, countries can be very observant of freedom of expression. Meanwhile the steady erosion of press freedom in the United States, France and Japan is extremely alarming,” Reporters Without Borders said.

The three worst violators of free expression - North Korea, bottom of the Index at 168th place, Turkmenistan (167th) and Eritrea (166th) - have clamped down further. The torture death of Turkmenistan journalist Ogulsapar Muradova shows that the country’s leader, “President-for-Life” Separmurad Nyazov, is willing to use extreme violence against those who dare to criticise him. Reporters Without Borders is also extremely concerned about a number of Eritrean journalists who have been imprisoned in secret for more than five years. The all-powerful North Korean leader, Kim Jong-il, also continues to totally control the media.

Northern European countries once again come top of the Index, with no recorded censorship, threats, intimidation or physical reprisals in Finland, Ireland, Iceland and the Netherlands, which all share first place.

Deterioration in the United States and Japan, with France also slipping

The United States (53rd) has fallen nine places since last year, after being in 17th position in the first year of the Index, in 2002. Relations between the media and the Bush administration sharply deteriorated after the president used the pretext of “national security” to regard as suspicious any journalist who questioned his “war on terrorism.” The zeal of federal courts which, unlike those in 33 US states, refuse to recognise the media’s right not to reveal its sources, even threatens journalists whose investigations have no connection at all with terrorism.

Freelance journalist and blogger Josh Wolf was imprisoned when he refused to hand over his video archives. Sudanese cameraman Sami al-Haj, who works for the pan-Arab broadcaster Al-Jazeera, has been held without trial since June 2002 at the US military base at Guantanamo, and Associated Press photographer Bilal Hussein has been held by US authorities in Iraq since April this year.

France (35th) slipped five places during the past year, to make a loss of 24 places in five years. The increase in searches of media offices and journalists’ homes is very worrying for media organisations and trade unions. Autumn 2005 was an especially bad time for French journalists, several of whom were physically attacked or threatened during a trade union dispute involving privatisation of the Corsican firm SNCM and during violent demonstrations in French city suburbs in November.

Rising nationalism and the system of exclusive press clubs (kishas) threatened democratic gains in Japan, which fell 14 places to 51st. The newspaper Nihon Keizai was firebombed and several journalists phsyically attacked by far-right activists (uyoku).

Fallout from the row over the "Mohammed cartoons”

Denmark (19th) dropped from joint first place because of serious threats against the authors of the Mohammed cartoons published there in autumn 2005. For the first time in recent years in a country that is very observant of civil liberties, journalists had to have police protection due to threats against them because of their work.

Yemen (149th) slipped four places, mainly because of the arrest of several journalists and closure of newspapers that reprinted the cartoons. Journalists were harassed for the same reason in Algeria (126th), Jordan (109th), Indonesia (103rd) and India (105th).

But except for Yemen and Saudi Arabia (161st), all the Arab peninsula countries considerably improved their rank. Kuwait (73rd) kept its place at the top of the group, just ahead of the United Arab Emirates (77th) and Qatar (80th).

Newcomers to the top ranks

Two countries moved into the Index’s top 20 for the first time. Bolivia (16th) was best-placed among less-developed countries and during the year its journalists enjoyed the same level of freedom as colleagues in Canada or Austria. Bosnia-Herzegovina (19th) continued its gradual rise up the Index since the end of the war in ex-Yugoslavia and is now placed above its European Union member-state neighbours Greece (32nd) and Italy (40th).

Ghana (34th) rose 32 places to become fourth in Africa behind the continent’s three traditional leaders - Benin (23rd), Namibia (26th) and Mauritius (32nd). Economic conditions are still difficult for the Ghanaian media but it is no longer threatened by the authorities.

Panama (39th) is enjoying political peace which has helped the growth of a free and vigorous media and the country moved up 27 places over the year.

War, the destroyer of press freedom

Lebanon has fallen from 56th to 107th place in five years, as the country’s media continues to suffer from the region’s poisonous political atmosphere, with a series of bomb attacks in 2005 and Israeli military attacks this year. The Lebanese media - some of the freest and most experienced in the Arab world - desperately need peace and guarantees of security. The inability of the Palestinian Authority (134th) to maintain stability in its territories and the behaviour of Israel (135th) outside its borders seriously threaten freedom of expression in the Middle East.

Things are much the same in Sri Lanka, which ranked 51st in 2002, when there was peace, but has now sunk to 141st because fighting between government and rebel forces has resumed in earnest. Dozens of Tamil journalists have been physically attacked after being accused by one side or the other of being biased against them.

Press freedom in Nepal (159th) has shifted according to the state of the fighting that has disrupted the country for several years. The “democatic revolution” and the revolt against the monarchy in April this year led immediately to more basic freedoms and the country should gain a lot of ground in next year’s Index.

Welcome changes of regime

Changes of ruler are sometimes good for press freeedom, as in the case of Haiti, which has risen from 125th to 87th place in two years after the flight into exile of President Jean-Bertrand Aristide in early 2004. Several murders of journalists remain unpunished but violence against the media has abated.

Togo (66th) has risen 29 places since the death of President Gnassingbe Eyadema in February 2005, the accession to power of his son and internationally-backed efforts to make peace with the opposition.

A coup in Mauritania in August 2005 ended the heavy censorship of the local media and the country has risen to 77th position after being 138th in 2004, one of the biggest improvements in the Index.

Reporters Without Borders compiled the Index by asking the 14 freedom of expression organisations that are its partners worldwide, its network of 130 correspondents, as well as journalists, researchers, jurists and human rights activists, to answer 50 questions about press freedom in their countries. The Index covers 168 nations. Others were not included for lack of data about them.


--------------------------------------------------------------------------------
- Questionnaire for compiling a 2006 world press freedom index
- How the index was compiled


Evaluation by region
- Americas
- Asia
- Europe
- Middle-East
- Africa

(News Sorce : Reports without Boarders for press freedom)




[2] 脚注
^ a b Reporters sans frontières - Japan - Annual report 2007
^ Reporters sans frontières - Annual Worldwide Press Freedom Index - 2006

[2] 外部リンク
国境なき記者団(海外サイト)
2005年10月に発表された世界報道自由ランキング
2006年10月に発表された世界報道自由ランキング

カテゴリ: 非政府組織 | 報道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


世界ビックリ仰天ニュース・笑えるぜ・トップ
| パレスチナ自治区ガザ地区 | 04:25 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark