+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
今年のミスアースは、日本人好み!(動画)
「2008ミス・アース」優勝者はフィリピン代表Karla Henryさん



どこか、日本人受けする顔立ちの、今年のミス・アースのフィッリピン代表のKarla Henryさん、、

日本人の女優さんにいそうな顔立ちです。。

こんな美人とお友達になるには、やっぱり男としての自信を、シトルリンΩでつけなくっちゃ!!

▼あなたのコンプレックスを、『シトルリンΩ』が、完全克服!精力も増強!!





▲『シトルリンΩ』新医薬成分でペニス増大↑!!


★今だけ!『シトルリンΩ』 ★代引手数料無料キャンペーン!


| 2007ミス・ユニバース 森理世 | 22:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
ミス・ユニバース優勝の森理世さん、水着でスタイル抜群、でもテレビ映りは??
2007ミス・ユニバース日本代表の森理世さんら 水着撮影に臨む-メキシコ

▼あなたのコンプレックスを、『シトルリンΩ』が、完全克服!精力も増強!!





▲『シトルリンΩ』新医薬成分で
ペニス増大
↑!!


★今だけ!『シトルリンΩ』 ★代引手数料無料キャンペーン!

森 理世もり りよ)さん、、(森 利世ではありません。。)

ミス・ユニバース優勝から、しばらくたちましたが、あちこちのTV番組
やら、新聞、雑誌、パティーに引っ張りだっこ、ですね。

でも、何度見ても、やっぱ、この人日本人じゃ、ないんじゃない??

って感じの容姿です。

テレビみてて、ちょっと気になったんざんすが、

森理世さん、手足(特に足)が、長すぎて、所在ないというか、どうも、足を組んでんだか伸ばしてんだか、中途半端で、「奇麗に写ってない!!」感じがいたしましたね。

なんだか、まだ「カメラ映り」とか、気にしたり、できてない感じがするのは
俺だけ??


森理世とは



もり りよ
森 理世 プロフィール 生年月日: 1986年12月24日
現年齢: 20歳
出身地: 日本・静岡県
公称サイズ(2007年時点)
身長 / 体重: 175 cm / 54 kg
BMI: 17.6(低体重)
単位系換算:[表示]
身長 / 体重: 5′ 10″ / 119 lb

森 理世もり りよ、1986年12月24日 - )は、日本のダンサー、インストラクター、バレリーナ。静岡県静岡市(現:同市葵区)出身。身長175cm。2007年度ミス・ユニバース・ジャパン及びミス・ユニバース優勝者。  

目 次

1 人物

2 来歴

3 出演
3.1 テレビ番組
3.2 CM

4 出典・脚注

5 関連事項

6 外部リンク



[1] 人物

ダンス教室を経営する森理世の母の影響で幼少時からダンサーを志し、若くしてカナダに留学。2007年3月15日、凡そ4000名が参加したミス・ユニバース世界大会日本代表選考会で優勝。メキシコ・メキシコシティの「国立オーディトリアム」で行われた、「第56回世界大会」に日本代表として出場し、満場一致の得票で優勝を飾った。

その際、森理世にはダイヤモンドや真珠があしらわれた25万ドル(約3000万円)相当の冠(ミキモト製)が渡された。

ただしこの冠は、森理世から、次回大会の優勝者に引き継がれ、その年の優勝者がもらえるのは2万ドル相当のティアラである(やはりミキモト製)。

その他、森理世には、1年間使用可能なニューヨークのアパート、給与(金額は非公開)、3万ドル相当の高級時計などの衣装、ニューヨークで2年間映画を学ぶための10万ドルを上限とする奨学金、水着、ヘアケア製品1年分、NINAの靴一式、デニム一式、クリスタルのトロフィー、1年間の皮膚科サービスなどが優勝賞品として贈られた。

日本人の優勝は1959年の児島明子以来48年ぶり。2006年の知花くららの2位に続き、2年連続での日本人の入賞となった。2位はブラジル代表、3位はベネズエラ代表が選ばれた。着用していたイヴニングガウンは、GUCCIの07年春夏コレクションのもの。ナショナルコスチュームは、「義志」や「小萩」のデザイナーである緒方義志と、「HIROCOLEDGE」のデザイナーである高橋理子のデザインによるもの。

森家の女性は代々「忍耐」と書かれたプレートを受け継ぎ、忍耐、努力、根性の三つを精神の源泉とし、カナダ留学の出発時プレートを母から渡され部屋の壁にかけ、留学を終えた後母に返したが、ミス・ユニバース世界優勝後の1年間の世界での活躍を前に再び母から渡され新たな世界を代表する立場と環境で精神力の源泉とする。

また、フジテレビ「とくダネ!」にて、笠井信輔により「5ヶ国語以上話せるらしい」という趣旨の発言があったが、日本テレビ「ラジかるッ」出演時に森理世本人により、「(使用言語は)英語と日本語だけです」と訂正されている。ただし、ミス・ユニバース日本代表に選出された後、世界大会への準備としてナショナルディレクターからスペイン語のトレーニングを受けている様子はブログ上で公開されている。


[2] 森理世の来歴

静岡県静岡市葵区の常葉学園大学教育学部附属橘小学校、常葉学園中学校を卒業。
常葉学園高等学校2年の夏、単身カナダに留学(転校)し、オンタリオ州・ベルビル市のセンティニアル高校を卒業。
「クウィンティ・バレエスクール」出身。


[3]森理世の出演

[3.1] テレビ番組

「Regis and Kelly Show」

「NEWS ZERO」(日本テレビ)

「めざましテレビ」(フジテレビ)

「ズームイン!!SUPER」(日本テレビ)

「爽快情報バラエティー スッキリ!!」(日本テレビ)

「情報プレゼンター とくダネ!」(フジテレビ)

「2時っチャオ!」(TBS)

「ザ・ワイド」(日本テレビ)

「SMAP×SMAP」(フジテレビ)

ほか


[3.2] CM

「TBC」(ミス・ユニバース世界大会の映像を使用)


[4] 出典・脚注

^ ミスユニバースジャパン公式サイト
^ なでしこ48年ぶり!決勝満票でミス・ユニバースに森理世さん サンケイスポーツ 2007年5月29日速報
^ 森理世さんの将来の夢
^ ミス・ユニバースの賞品

[5] 森理世、関連事項

ミス・ユニバース2007

[6] 森理世、外部リンク

Miss Universe 2007 森理世公式サイト
ミスユニバースジャパン 公式サイト
NBC.com - Miss Universe 2007
Riyo's official blog
森育子ダンススタジオ
センティニアル高校
クウィンティ・バレエスクール
HIROCOLEDGE



ミス・ユニバース・ジャパン

2006年

知花くらら

2007年

森理世

2008年

-


ミス・ユニバース

2006年

スレイカ・リベラ

2007年

森理世
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



ミス・ユニバース・ジャパンとは




ミス・ユニバース・ジャパン(Miss Universe Japan)とは、「ミス・ユニバース(世界大会)」に向けた、日本代表選出大会の事である。


[1] 概要

1952年に第1回大会が行われ、同時に世界大会である「ミス・ユニバース」へも参加。
かつて朝日放送制作・テレビ朝日系列にて、俳優の宝田明の司会で全国放送されていた。
但し、腸捻転(ネットチェンジ)時代は、TBS系列にて放送。 腸捻転解消後はテレビ朝日系列に移行した。(但し、腸捻転が解消されたにも関らず、その直後であった1975年だけは、各地区での募集を前年にTBS系列局が行った関係上、特例としてTBS系列で放送。これが、TBS系列で全国同時ネットされた最後の朝日放送制作番組となった)。
1992年、1993年、2007年は、俳優の石田純一が司会を担当。
1994年は、スタジオと会場の二元生放送を行い、スタジオ司会を坂東英二と島田紳助、進行役を朝日放送アナウンサーの岡元昇が務めた。(特に1994年は吉本興業の芸人が多く出演しバラエティ色を強め過ぎたためか、視聴者から不評だった)。


[2] 歴代ミス・ユニバース・ジャパンの世界大会成績

1953年大会では、伊東絹子(1932年6月29日生まれ、身長164cm、体重52kg、スリーサイズは各86、58、97cm)が日本人初となる入賞(3位)を果たし、「八頭身美人」が当時の流行語となった。伊東の体型は現在の20歳代の日本人女性と比較して決して優れているわけではないが、1953年当時の20歳代の日本人女性の平均身長が153.9cm、平均体重が49.6kg、バストの平均が80.7cmなので、伊東は当時としてはかなりの長身で西洋人女性を彷彿させる抜群の体型であったことがうかがえる。

1955年大会では、高橋敬緯子が第5位に入賞。

1959年大会は児島明子(1936年10月29日生まれ、高知県出身、身長168cm、体重55kg、スリーサイズは各93、58、97cm。後に宝田明と結婚するも離婚。娘は歌手の児島未散)が優勝した。

1978年・アカプルコ大会では、女優の萬田久子が日本代表を経験。(但し入賞は出来ず)

1981年・ニューヨーク大会では、写真家の織作峰子も日本代表を経験。(但し入賞は出来ず)

1988年・台北大会では、坂口美津穂(徳島県出身)が総合第4位(ミス・ユニバースが1位、準ミス(1人)が2位での4位)に入賞。坂口は同年より島田紳助司会の「クイズ仕事人」のアシスタントや、数社の広告モデルを任されるなど芸能活動が期待されたが、翌1989年、旧来より交際があった元プロ野球選手の星野伸之との結婚(当時、星野は現役選手)のため表舞台から完全に退き、家庭に入った。結婚以降三度の出産、星野の阪神タイガース移籍・現役引退を挟んで長く公式の場に姿を見せなかったが、近年になり朝日放送の番組審議委員を務める。

2000年大会では、遠藤真由(1976年生まれ、東京都出身、日本女子大学卒業、米ハーバード大学で建築の修士号を取得、一級建築士)が、TOP15に入賞(第14位)。

2003年大会では、宮崎京(1978年2月25日生まれ、熊本県出身、熊本県立第一高等学校卒、身長170cm、血液型A型、左利き)が、5位に入賞。

2006年大会では、知花くらら(1982年3月27日生まれ、沖縄県出身、身長173cm)が入賞(2位)。 また、ミス・ユニバース伝統の民族衣装部門では着物とは違い、戦国時代の武者をアレンジした衣装で登場し、日本代表として初の最優秀賞(BEST NATIONAL COSTUME)を受賞した。

2007年大会では、森理世(1986年12月24日生まれ、静岡県出身、身長175cm)が児島明子以来、日本人2人目の優勝者となった。




[3] 外部サイト

2007ミス・ユニバースジャパン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



ミス・ユニバース




ミス・ユニバース®(Miss Universe®)は世界を代表するミス・コンテスト。

目 次

1 概要

2 ミス・ユニバース優勝者出身国一覧

3 関連項目

4 外部サイト



[1] 概要

1952年にアメリカ合衆国カリフォルニア州ロングビーチで初めて行われ、現在はトランプ財団とNBCグループが共同出資しているミス・ユニバース機構が主催している美の祭典である。

世界80か国以上の代表が参加し、世界一の栄冠を競い合う。日本永久開催のミス・インターナショナルと違い、世界大会は世界各国の都市で開催される(日本はミス・インターナショナルの永久開催国であるため、日本の都市では開催されない)。ミス・インターナショナル、ミス・ワールドと比較して、圧倒的に世界的な知名度と権威の高い大会である。2002年大会より、優勝者の王冠はミキモト製を使用している。

テレビ朝日は、世界大会を1995年大会まで地上波全国ネットで録画放映していた(進行は英語のため、日本語吹き替え。放映開始年は不明)。 しかし翌1996年からは撤退し、以降は放映していない。 但し、FOXチャンネル(日本語字幕入り。SKY PerfecTV!などで放送されている放送局)にて、世界大会の日本放映が復活している。


[2] ミス・ユニバース優勝者出身国一覧

アメリカ合衆国 7人(1954、1956、1960、1967、1980、1995、1997年)

プエルトリコ 5人(1970、1985、1993、2001、2006年)

ベネズエラ 4人(1979、1981、1986、1996年)

スウェーデン 3人(1955、1966、1984年)

フィンランド 2人(1952、1975年)

日本 2人(1959年:児島明子、2007年:森理世)

ブラジル 2人(1963、1968年)

タイ 2人(1965、1988年)

フィリピン 2人(1969、1973年)

オーストラリア 2人(1972、2004年)

トリニダード・トバゴ 2人(1977、1998年)

カナダ 2人(1982、2005年)

インド 2人(1994、2000年)

フランス 1人(1953年)

ペルー 1人(1957年)

コロンビア 1人(1958年)

ドイツ 1人(1961年)

アルゼンチン 1人(1962年)

ギリシャ 1人(1964年)

レバノン 1人(1971年)

スペイン 1人(1974年)

イスラエル 1人(1976年)

南アフリカ共和国 1人(1978年)

ニュージーランド 1人(1983年)

チリ 1人(1987年)

オランダ 1人(1989年)

ノルウェー 1人(1990年)

メキシコ 1人(1991年)

ナミビア 1人(1992年)

ボツワナ 1人(1999年)

パナマ 1人(2002年)

ドミニカ共和国 1人(2003年)

2002年大会ではロシア国籍女性Oxana Fedorovaが優勝したが、米TV出演時侮辱されたと感じたこともあり、また博士号請求論文準備のためミス・ユニバースとしての仕事がこなせず、規約違反により9月にタイトルを剥奪され、2位(準ミス)のパナマ代表Justine Pasekを繰り上げ優勝とした。Fedorovaは12月に民法の博士号を取得した。
ミス・ユニバース機構は上記のロシア国籍女性をミス・ユニバースと認めるのを拒否するが、一般的にはこの女性は元ミス・ユニバースとして見なされることが多く、母国ロシアでも「ミス・ユニバース2002」として扱われている。


[3] 関連項目

ミスUSA
ミス・ティーンUSA
ミス・ユニバース・ジャパン

[4] 外部サイト

1952年から2006年までの優勝者一覧と2007年大会の全参加者一覧
ミス・ユニバース
ミキモト製ミス・ユニバース王冠
2007ミス・ユニバース結果

カテゴリ: コンテスト | ミス・ユニバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JUGEMテーマ:社会の出来事


世界ビックリ仰天ニュース・笑えるぜ・トップ


| 2007ミス・ユニバース 森理世 | 12:54 | comments(0) | trackbacks(11) | pookmark