+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 安倍首相、強姦罪で起訴!??? | main | ミート・ホープどころじゃねえぞ!中国産は、口に入れるとヤバい! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
イスラエル大統領、やっぱ、強姦してたんだ!!

イスラエル大統領婦女暴行問題司法取引、服役免れる



ふううん、罪を認めて、刑を軽くしてもらった、ちゅうことは、コイツ=モシェ・カツァブ(Moshe Katsav)大統領

そうとうアコギな、婦女暴行、強姦とか、しちゃってたわけね。。

でも、奥さんと堂々とよく白昼、表を歩けんね??

奥さんも、どういう神経しとんのかね??


【6月28日 AFP】イスラエルの検事総長は28日、辞任が決まっているモシェ・カツァブ(Moshe Katsav)大統領が、婦女暴行問題で司法取引を受け入れたと発表した。取引条件として強姦(ごうかん)罪は取り下げられたため、カツァブ氏は服役を免れることになった。

 Menachem Mazuz検事総長は記者会見で「司法取引によりカツァブ大統領は、性的嫌がらせやわいせつ行為などの多数の罪を認めた」と語った。強姦(ごうかん)罪を免れたことにより、執行猶予付の判決と多額の罰金の支払いで済むことになる。

 強姦罪で有罪になれば、同国の大統領に科せられた中では最も重い、最長16年の服役を強いられる可能性もあった。(c)AFP

2007年6月13日、妻とともに自宅を出る停職中のモシェ・カツァブ(Moshe Katsav)イスラエル大統領。(c)AFP/EDDY ISRAEL

司法取引とは




司法取引(しほうとりひき)とは、 刑事裁判において、被告人と検察が取引し、被告人が罪状を認めるか、あるいは共犯者を法廷で告発する、あるいは捜査に協力することで、当該の刑の軽減、またはいくつかの罪状の取り下げを行うこと。

主に、米国、英国など英米法(コモン・ロー)の国で、実施されている。

目 次

1 概要

2 メリット・デメリット

3 司法取引の例

4 日本の事情

5 関連項目



[1] 概要

犯罪の比較的多い米国では、刑事裁判の大部分が司法取引で行われている。また、英国やオーストラリアでは、司法取引により余罪の起訴の取り下げを行うが、

罪状そのものには適正な刑罰を与えるべきだとして、当該の罪に関する刑罰の軽減は行わない。

一方、大陸法(シビル・ロー)の国(日本も含まれる)では、基本的に被告人による罪状の認定/否認という制度が無く(被告人が罪を認めても裁判は行われ、裁判官が有罪にする十分な証拠がないと判断すれば、無罪となる)、司法取引を行わないか、限定している国が多い。


[2] メリット・デメリット

司法取引のメリット

裁判にかかる時間と費用を節約できる(犯罪件数が多い国では重要である)。

より重要な犯罪の捜査の進展に役立つ情報を得ることができる。

ほぼ犯人に間違いないが、確実に有罪にできる証拠が不十分な場合でも、ある程度の刑罰を与えることが可能である。

司法取引への批判

検察官による脅しや、被告人の知識不足で罪状を認めてしまうことがあり、冤罪を起こしやすい。

法廷で死刑を宣告される可能性を避けるために無罪の人間が罪を認めて終身刑を受け入れる可能性がある。

取引であるため、優秀な弁護士だと有利な取引を行いやすく不公平感がある。

公正であるべき司法の場で取引を行うことは、法の公正さを損なう。

取引の条件として共犯者を法廷で告発する場合にこの証言が偽証である可能性が高い。アメリカなどではこれにより多くの冤罪が生まれている可能性が指摘されている。


[3] 司法取引の例
比較的単純な犯罪で、正式な裁判をするのが面倒な場合、求刑を多少軽減し罪状を認めさせる。

マフィアの組織犯罪を捜査する場合、証言した構成員の罪を軽減する代わりに得た情報により、組織全体の犯罪を暴く。企業犯罪や汚職事件なども同様。

被告が多くの罪状で起訴されている場合、全ての罪状を審議するのは時間がかかるため、主要な罪状の捜査への協力の代わりに、軽い罪状の起訴を取り下げる。

状況証拠から、ほぼ間違いないが、裁判で確実に有罪にできるほどの物的証拠が無い場合、刑の軽減を条件に罪状を認めさせる。

[4] 日本の事情

日本では聞き慣れない言葉だが、最近では、チャールズ・ジェンキンスが軍法会議で司法取引に応じて減刑を受けたことにより、日本でも耳目を集めた。

日本では法制度としての司法取引は無いが、罪を認めたり、被害者との間で示談が成立した場合に検察官が起訴猶予処分にして公訴を提起しないことを一種の司法取引と見ることができる。



[5] 関連項目

囚人のジレンマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 世界ビックリニュース (政治編) | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 10:47 | - | - | pookmark









http://funnystoryda.jugem.jp/trackback/10