+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 土佐 女子マラソンで銅メダルに | main | プーチン露大統領、猟銃手に狩りを楽しむ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
「エイリアン」の「2つ目のあご」は実在した?!

映画「エイリアン(Alien)」
シリーズに出てきた「エイリアン」の顎(あご)は、超印象的でしたよね・・

エイリアンが、何とも言えない不気味に「グエッー」(?こんな雄たけびだった??)と、ウメキながら、大きな二重アゴ(口の中に口がある感じ?)を、前後に開けシガニー・ウィーバーに迫ってくるシーンは、相当前に観たけど、いまだに脳裏に焼きついてるね。。。

まじで、映画「エイリアン」に出てくるような「化け物」「怪獣」が、いたら、ほんまに、ど〜〜〜しましょ。。

で、実は、今回は、体長3メートルにもなる海底の割れ目に生息する「ウツボ」も、実は、この映画「エイリアン」のように

二重アゴで、奥のアゴが、しゅっと出て、獲物をとらえて離さない(って、エイリアンと一緒じゃねえか!)ようになっている

のを、アメリカ、カリフォルニア大学デービス校(University of California at Davis)の研究者が発見したそうな・・・

まさに「事実は、小説より奇なり」ちゅうけどホンマですな。。



エイリアン (映画シリーズ)とは



エイリアン (Alien) は、1979年のアメリカ映画、およびその後に制作された映画シリーズを指し、その作品中に登場する異星生物の名前でもある。

目 次

1 言葉としての「エイリアン」

2 架空の生物としてのエイリアン(同映画シリーズに基く)
2.1 デザイン・造型

3 映画『エイリアン』(1979年)
3.1 スタッフ
3.2 キャスト
3.3 概要
3.4 寸評
3.5 日本語吹替

4 その他の映画

5 外部リンク





[1] 言葉としての「エイリアン」
そもそもエイリアン (Alien) という英語は、「異邦人」「外国人」の意味であったが、同映画公開と前後して、本来の生息環境ではない人間の世界に入り込んだ「異星人」を指す表現としても使われるようになった(平安京エイリアンなど)。詳細はエイリアンを参照。


[2] 架空の生物としてのエイリアン(同映画シリーズに基く)

この映画シリーズに登場するエイリアンは基本的に、人間などの有機生命体を捕食、または殺害する事のみを目的に生存・繁殖する、強酸の体液と真空中でも生存可能な外骨格を有する強靭な肉体を持った異星生命体である。

「人間よりも巨大なミイラのようにスリムなゴキブリ」にも准えられるこの生命体は、強烈な程の生存本能を持ち、また、強い粘性のあるよだれ(よだれ自体は人間には無害だが、不快感を催させる)を頻繁に放出するので、

野蛮で知能がないと思われがちだが、機械の動力を絶つ事で人間を無力化させられる事を理解できるだけの知能があり、更には自己進化的な多様性すらもつ、非常に危険な生物である。

エイリアンの生殖プロセスは下記の様になっており、他の生物を宿主とする必要がある。

卵から生まれた中間体(フェイスハガー)が宿主に取り付き、寄生卵を産み付けて間もなく死亡する。

寄生卵は宿主の体内で幼体(チェストバスター)に成長し、宿主の身体を食い破って孵化する。

幼体は短期間で脱皮を繰り返して成体となり、別の個体の宿主となる生物の捕獲を行う。

エイリアンは、寄生対象の性質を色濃く受け継ぐ(宿主が犬の場合、成体は4つ足で移動する)ことが判明している。また、環境に対しても敏感で、短期間で環境に適応してしまう。

これらの性質から、エイリアンは繁殖する環境、寄生対象によって特徴が異なるということが推測される。また卵を産む女王体(エイリアン・クイーン)はフェイスハガーの段階から既に通常の個体とは違っており、どの様な条件で出現するのかの詳細は不明である。

前述のようにエイリアンは繁殖に他の生物を宿主として必要とし、一体生まれる度に一体の宿主を殺してしまうため、ある惑星上の生物を全て殺してしまえばそれ以上の繁殖は不可能になる。

これについては、たとえば寄生された生物が外宇宙の他の知的生命に向けて発した警告のメッセージを、受信したものの内容の理解できない他種族が調査のために現地へ赴きエイリアンに寄生されたまま帰還する、あるいはエイリアンを兵器などに利用する目的で捕獲して連れ帰るという形で、他の惑星への「渡り」を行う。

知的生命の連帯と欲望とを利用して繁殖する、いわゆる「人間性」に対するアンチテーゼとも言える恐るべき生物なのである。

作品を重ねるごとに擬人化が進んでいる。最新作においてはコミュニケーションとまでは行かないが、ある程度の意思の疎通が描かれている。将来的には高等動物であるエイリアンを害虫のように無条件に殺すことへの道義的な疑義が作品上において提起されるようになるとの意見もある。

ビッグチャップ(エイリアン)

エイリアン・ウォーリアー(エイリアン2)

エイリアン・クイーン(エイリアン2)

ドッグ・エイリアン(エイリアン3)

ニュー・ウォーリアー(エイリアン4)

ニュー・ボーン(エイリアン4)

バトル・エイリアン(エイリアンVSプレデター)

エイリアンの生物的特徴には、以下の様なものがある。

頭部は前後に細長い形状をしていて、フードを持つ。(エイリアン・ウォーリアーのみ、アクションシーンでの破損をおそれ、またジェームズ・キャメロン自身の趣味により
フードが省略された)

ビッグチャップのみ眼窩は持つが、眼は無い。シリーズ3に魚眼レンズのような主観視点が登場したが、撮影スタッフが思いつきで撮影したものでありエイリアンの視覚に関しては謎に包まれている。

エイリアンには口の中にインナーマウスと呼ばれる第二の顎がある。これらは主に獲物を攻撃するのに使われる。噛み付く力は強く、カメレオンの舌のように飛び出して使う。その貫通力は凄まじく、人間の頭蓋はもちろん、硬い金属をも貫通するほどである。

歯は人間の歯に酷似していて、門歯や犬歯が見て取れるが、人間の歯に比べて犬歯が長い。

腕の力は強く、指先には鋭い爪がある。脚力は非常に強く、極めて高い瞬発力と跳躍力を備えている。また強固な爪と強力な握力とにより、何も凹凸の無い天井や壁に張り付くことも可能である。

尾は身の丈以上に長い。先端は槍のように鋭利な形状をしていて、岩石をも貫くほど硬い。鞭のように振り回すか、槍のように突き刺すように攻撃する。

外皮はそれほど強靭な組織ではなく、人間のショットガンの弾丸によって簡単に打ち破られ、プレデターのレイザー・ディスクによって頭部そのものを一刀両断に切断されている。

外骨格ではないという説もある(シリーズ2)。また特殊な呼吸組織、もしくは体内に酸素を蓄えておく器官が存在すると考えられる。

血液は強酸性で金属その他のあらゆるものを猛烈に腐食させる性質を持つ。そのため幼体、成体ともにうかつに攻撃すると攻撃者も大きな被害を受ける。当然だが自身には全く被害は無い為、プレデターはエイリアンの体を加工し、武装にするという事を狩人の知識として持っている様である。

硬化性の分泌液で犠牲者を拘束し、チェストバスターを寄生させる「繭」とする。分泌のプロセスは不明。なお第一作でもノストロモ乗員が繭にされているシーンが存在したが編集でカットされ、完全版でも本編には納められず(エイリアンが単体で生殖出来る事になりクイーンの設定と矛盾するため)、特典映像として収録されている。

チェストバスターやフェイスハガーも動きは敏捷で、特にフェイスハガーは強靱な尾によって獲物に飛びかかったり首を締め上げたりする。

一作目劇中でも言われている様に正に「完全生物」であり、人類が彼らの軍事利用を目論んだ様に、元々彼ら自身が他の知的生命によって造られた生物兵器である事も考えられる。その恐るべき能力故にリプリーらはエイリアンの地球侵入を恐れていたが、『エイリアンVSプレデター』では、既に異星人プレデターの手で地球にエイリアンが持ち込まれていた事が明かされている。


[2.1] デザイン・造型

第一作のエイリアン成体のスーツ原型は、デザインを手掛けたH・R・ギーガー自ら製作している。頭部に、生物的な凄み(リアルさ)を与えるため、人間の頭蓋骨を用いたのは有名な話である。

また首廻りの管状の器官には、日本製の灯油ポンプが流用されており、プロップから作られた精巧なコピーを仔細に観察すると、元の灯油ポンプに刻印された文字とJISマークが確認できる。

エイリアンが取り分け女性に恐怖を与える理由として、勃起したペニス状の頭部(ギーガーの絵画には性器の描写も多い)、そして人間に対し宿主として幼生を宿らせるところが、レイプを連想させるためだとする心理学者の解釈もある。

恐らくギーガーはそれを意図して斯様な造型にしたのであろう。またフェイスハガーの産卵管周辺にも女性器を思わせる造形がある

(卵の開口部も当初は女性器がデザインされていたが、ストレートすぎるとして十字形に変更された。十字架を連想させるとしてスコット監督を喜ばせたという)。

第二作のエイリアン・クイーンは、ジェームズ・キャメロン監督のデザインを基に、アニマトロニクスの第一人者スタン・ウィンストンが製作した。二対の腕は内部に人間が二人入って繰演している。映画完成後はコレクターの手に渡っていたが、第四作で一部改修して再登場している。

第三作では再びギーガーが初期デザインで参加している(ノンクレジット)。また犬型エイリアンは人が着るスーツでは困難だったためアニマトロニクスとパペットを用いて撮影されている。

第四作以降ではフルCGによるエイリアンが登場している。

化石となった遺棄船の飛行士(スペース・ジョッキー)もギーガーのデザイン。画面で見られるよりずっと小さなスケールで作られ、船長達一行を子役に機密服のコスチュームを着せて演じさせる事で、セットを巨大に見せかける事に成功した。撮影に使われた飛行士の模型は公開にあわせてアメリカの映画館に運ばれ展示されたが、煙草の不始末で焼失した


[3] 映画『エイリアン』(1979年)

エイリアン
Alien
監督 リドリー・スコット
製作総指揮 ロナルド・シャセット
製作 ゴードン・キャロル
デイヴィッド・ガイラー
ウォルター・ヒル
脚本 ダン・オバノン
出演者 シガニー・ウィーバー
トム・スケリット
ヴェロニカ・カートライト
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 デレク・ヴァンリント
公開 1979年
上映時間 118分
製作国 アメリカ
言語 英語
次作 エイリアン2
allcinema

エイリアン (Alien) は、1979年に公開された、アメリカ合衆国の映画、または劇中に登場する異星生物である。

監督はリドリー・スコット。キャッチコピーは「In Space, No One Can Hear You Scream」〈宇宙では、あなたの悲鳴は誰にも聞こえない〉。1976年のアカデミー賞では視覚効果賞を受賞。

Internet Movie Databaseでは『2001年宇宙の旅』に匹敵する高い評価を得ている。1980年第11回星雲賞映画演劇部門賞受賞。『スター・ウォーズ』に肖って製作されたSF映画。


[3.1] スタッフ

製作総指揮 ロナルド・シャセット
製作 ゴードン・キャロル、デイヴィッド・ガイラー、ウォルター・ヒル
監督 リドリー・スコット
原案 ダン・オバノン、ロナルド・シャセット
脚本 ダン・オバノン
撮影 デレク・ヴァンリント
美術 マイケル・シーモア、(ロジャー・クリスチャン ※アンクレジット)
クリーチャーデザイン H.R.ギーガー
クリーチャー造形 H.R.ギーガー、ロジャー・ディッケン
クリーチャー効果 カルロ・ランバルディ
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
提供 20世紀フォックス、ブランディワインプロダクションズリミテッド


[3.2] キャスト

ダラス(トム・スケリット)
ノストロモ船長。

エレン・リプリー(シガニー・ウィーバー)
詳細は該当項目を参照。

ランバート(ヴェロニカ・カートライト)
航海士。女性。

ブレット(ハリー・ディーン・スタントン)
機関員。パーカーの相棒で口癖は「そのとおり」。

ケイン(ジョン・ハート)
航海士。フェイスハガーに取り付かれ、最初の犠牲者となる。

パーカー(ヤフェット・コットー)
機関員。黒人。自分とブレットの給料が少ないことに不満を訴えていた。

アッシュ(イアン・ホルム)
科学・医療担当者。その正体はウェイランド社の密命を受けたアンドロイド。

※表記順




[3.3] 概要

貨物宇宙船ノストロモ号は、未知の異星文明の物と思われる、救助信号らしき電波を受信する。人類初となる異星人との遭遇のために、惑星LV-426に降り立ったクルーは宇宙船と化石化した宇宙人を発見する。

その宇宙船の調査中、クルーの一人、ケインが巨大な卵(エッグチェンバー)のような物体から飛び出した生物(フェイスハガー)に襲われてしまう。この生物は貨物船に連れ戻されたケインの顔に強固にしがみ付いていたが、やがて自然にはがれて死んでしまい、ケインも順調に回復したかのように見えた。

しかし突然、ケインは苦しみ出し、その胸部を食い破って寄生生物(チェストバスター)が誕生する。口から体内に侵入され幼体を産み付けられていたのだ。恐怖に慄くクルーは、逃げた寄生生物を捕獲・処分すべく行動を開始するが、脱皮を繰り返して成長した、二本の腕と巨大な頭部を持つ、人間よりも大きく凶暴な二足歩行の捕食生物(ビッグチャップ)に一人また一人と殺されていく。

さらに、捕食生物の生物兵器転用の可能性を目論む会社の意向を受けたアンドロイド、アッシュの裏切りにクルーたちは追い詰められてゆく。

最後に生き残ったリプリーは、貨物船を爆破することによりこの生物を抹殺すべく奔走するが…。



[3.4] 寸評

ストーリーは典型的なSFスリラー。比較的静かな写実的シーンと、突発的に起る残虐な殺害シーンのギャップが激しく、映画中に続く強い緊張と最後の最後に来るカタルシスの対比も、非常に完成度が高いと言える。

当時、映画俳優として売り出し中のシガニー・ウィーバーをお色気に起用したセクシーシーンにより、彼女を一躍有名俳優の座に押し上げた。また鬼才H.R.ギーガーの創造した悪夢の如きクリーチャーは、同作品の驚異的ヒットにより、瞬く間に全世界に知れ渡った。今やSFホラーの金字塔と呼ばれている。

また、『エイリアン2』とファンを二分しているが、Internet Movie Databaseでの評価は本作のほうが上回っている。所謂「手ブレ」のようなカメラワークで撮影することにより、ドキュメント映像のような臨場感を生んでおり、リドリー・スコット監督の光と影の演出に相俟って本作のリアルさを高める要因のひとつともいわれている。


[3.5] 日本語吹替

1980年10月10日(金)フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」

ダラス(前田昌明)

リプリー(野際陽子)

ランバート(鈴木弘子)

ブレット(青野武)

ケイン(仲村秀生)

パーカー(飯塚昭三)

アッシュ(富田耕生)

お袋さん(コンピューター)(久保田民絵)


1992年8月30日(日)テレビ朝日「日曜洋画劇場」

ダラス(大塚明夫)

リプリー(戸田恵子)

ランバート(安永沙都子)

ブレット(千田光男)

ケイン(牛山茂)

パーカー(麦人)

アッシュ(羽佐間道夫)

マザー(佐々木優子)


DVD「エイリアン」

ダラス(富山敬)

リプリー(幸田直子)

ランバート(榊原良子)

ブレット(穂積隆信)

ケイン(納谷六朗)

パーカー(郷里大輔)

アッシュ(田中信夫)


DVD「エイリアン ディレクターズカット版」

ダラス(郷田ほづみ)

リプリー(幸田直子)

ランバート(鈴木ほのか)

ブレット(樋浦勉)

ケイン(森田順平)

パーカー(大川透)

アッシュ(岩崎ひろし)



[4] その他の映画

エイリアン2 Aliens (1986年)

エイリアン3 Alien³ (1992年)

エイリアン4 Alien: Resurrection (1997年)

エイリアンVSプレデター Alien vs. Predator (2004年)

エイリアンVSプレデター2 Aliens vs. Predator - 2007年12月21日に全米公開予定


[5] 外部リンク

エイリアン・フェスティバル
Alien - Internet Movie Database

"http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3_%28%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%29" より作成

カテゴリ: 出典を必要とする記事 | エイリアンシリーズ | 1979年の映画 | アメリカ合衆国の映画作品 | リドリー・スコットの監督映画 | 架空の地球外生命体

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



エイリアンとは



エイリアン(alien)

英語で外国人を指す言葉。異邦人。
本来の意味から派生して、SF用語で異星人のこと。一般に地球人と同等の知性を有する存在。

アメリカのSF映画「エイリアン」シリーズのこと。

上記(3)の映画に登場する、獰猛な宇宙生物の名称。

本来の英語では、「alien」は(1)の外国人を意味していたが、映画シリーズの『エイリアン』がヒットして以降、この言葉は(2)や(3)の意味で使われることが多くなった。

なお、「alien」を「エイリアン」と表記するのは映画シリーズの邦題からであり、それ以前は「エーリアン」と表記することが多かった。「エーリアン」と表記する場合、日本では映画「エイリアン」の敵対的宇宙生物を意味せず、友好的・敵対的の双方を含むさまざまな異星人・宇宙生物を包括的に意味する(例:田中光二の小説「エーリアン・メモ〜異星の人」など)。

日本の区市町村役場における外国人登録は、以前は「Alien Registration」と訳され、空港などの外国人用の入国審査窓口は、「Aliens」と表記されることが多かったが、前述の一連の映画シリーズなどで悪いイメージが定着した為、「Foreign (Foreigner) Registration」「Non-Japanese passport」などと訳されることが多くなった。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 世界のビックリニュース | 11:09 | comments(1) | trackbacks(9) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 11:09 | - | - | pookmark
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2014/05/17 1:10 PM |









http://funnystoryda.jugem.jp/trackback/108
チリのサンティアゴで低所得者のために映画
状態レンタル落ち中古ビデオメーカーアップリンク公開・放映情報1988年チリ58分スタッフ監督:イグナシオ・アグエロ 情報”映画を観に行ったことがない。そんな子供たちにベガは、網膜残像に関する初歩的知識を始め、映画の歴史や構造、あるいは映画史を教えてゆく。そ
| ホラーへの思い | 2007/09/16 8:28 PM |
税理士の年収
税理士の年収
| 税理士の年収 | 2009/02/15 8:34 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/03/09 6:26 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/22 11:29 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/22 7:57 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/26 4:30 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/27 10:41 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/27 6:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/10/28 1:25 PM |