+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ライコネン ブラジルGPを制し初の年間王者 | main | フェンディ、万里の長城でファッションショー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
松坂5回2失点 レッドソックス3連勝でワールドシリーズヘ
http://dreamboy.fruitblog.net/tb/?471c9ece365b0
http://app.justblog.jp/t/trackback/241825/10528133
http://www.plus-blog.sportsnavi.com/furontaka/tb_ping/410
http://kahonikki.fruitblog.net/tb/?471ca7c21c4a4


ボストン・レッドソックス、松坂と、岡島の大活躍で、PSを抑え、ワールド・シリーズ
進出が決定しました!!

やりましたね。。

でも、どうして、松坂は「5回」にああも、崩れるのでしょうかね??

日本にいた時は、完投するイメージが強かったんで、MLBだと勝手が違うんですかね??

岡島は、味方の信じられないミスにも、動ぜず、ピンチ(ワンアウト、1・3塁)ゲッツー
で切り抜けた。 流石、オキ・ドキ!!

ボストン・レッドソックスとは



ボストン・レッドソックス チーム名 ボストン・レッドソックス
加盟団体 アメリカンリーグ東地区
創設年度 1901年
チーム名の遍歴 ボストン・アメリカンズ(1901年–1907年)、ボストン・レッドソックス(1908年–)
本拠地 フェンウェイ・パーク
収容人員 38,805人
ユニフォーム色 赤、白、グレー
オーナー ジョン・ヘンリー
親会社 不明
監督 テリー・フランコーナ
ワールドシリーズ優勝 6回(1903年、1912年、1915年、1916年、1918年、2004年)
リーグ優勝 12回(1903年、1904年、1912年、1915年、1916年、1918年、1946年、1967年、1975年、1986年、2004年、2007年)
地区優勝 6回(1975年、1986年、1988年、1990年、1995年、2007年)
ワイルドカード獲得 5回(1998年、1999年、2003年、2004年、2005年)
ボストン・レッドソックス(Boston Red Sox)は、アメリカメジャーリーグ、アメリカンリーグ東地区所属のプロ野球チームの一つ。マサチューセッツ州ボストン市に本拠地を置き、ホーム球場はフェンウェイパーク。1893年発足。ユニフォームカラーは紺、赤、グレーで、ロゴデザインは2つの赤い靴下である。ワールドシリーズで6回の優勝、アメリカンリーグで12回の優勝を誇る。典型的なビッグボール派のチームで、伝統的に長打力を前面に押し出した野球を志向する。

目次

1 球団の歴史
1.1 球団発足
1.2 バンビーノの呪い
1.3 2004:呪いが解けた年
1.4 ヤンキースとレッドソックス
2 主な選手
2.1 現役選手
2.1.1 投手
2.1.2 捕手
2.1.3 内野手
2.1.4 外野手
2.2 殿堂入り選手
2.3 その他の過去に在籍した選手
2.4 永久欠番
3 傘下のマイナーチーム
4 公式応援歌
5 スポンサー
6 関連項目
7 脚注
8 外部リンク



[編集] 球団の歴史

[編集] 球団発足
1893年、ウエスタンリーグ(Western League)の球団としてオハイオ州トレド市に誕生、1900年にアメリカンリーグ発足と同時に本拠地をボストンに移した。

愛称は1901年の球団創立当初はアメリカンズ、1902年からの2年がソマーセッツ、1904年からの3年間がピルグリムスと変わったとされ、他にもピューリタンズやプリモスロックスなどの愛称があったとされるが、これらの議論には意味が無い。実際には1901年からの7シーズンは単にホームタウンのボストン、もしくはナショナルリーグの「ボストン・ビーンイーターズ」(現アトランタ・ブレーブス)に対し、「アメリカンリーグのボストン」を示すボストン・アメリカンズで通っており、その他の愛称はその時々で書き手が自由につけたものだからである。1908年のシーズンから現在のレッドソックスが正式な愛称となった。


[編集] バンビーノの呪い
1920年1月3日、当時経営難にあえいでいたレッドソックスは、12万5千ドルの金銭と30万ドル以上の負債の肩代わりをすることを条件に、ベーブ・ルースをニューヨーク・ヤンキースにトレードした。しかし、彼のヤンキース移籍を期にヤンキースの成績が伸び始めると、それに反比例するかのようにレッドソックスの成績は伸び悩み、1945年まではワールドシリーズにも進出できないシーズンが続いた。

それ以降もワールドシリーズに4回(1946年、1967年、1975年、1986年)進出するも、優勝はできなかった。特に1986年のニューヨーク・メッツとのシリーズでは、3勝2敗で迎えた第6戦を延長10回に2点リードのままランナーなしであと1アウトで優勝という場面まで来たものの、3連打と暴投で同点に追いつかれ、さらにビル・バックナー一塁手の「史上最悪のトンネル」とも呼ばれるエラーでまさかのサヨナラ負けを喫してしまう。第7戦も逆転負けで、手に届くところまで来ていたワールドチャンピオンを逃してしまった。また他の3年も7回戦で敗北を喫している。また悲劇的な側面はワールドシリーズに限ったことではなかった。1948年には最終戦でクリーブランド・インディアンズとワンゲーム・プレーオフを行うが、敗れてしまい優勝はならなかった。また1978年は一時2位ヤンキースに14ゲームもの大差をつけたが、故障者続出等でシーズン最終日に追いつかれてしまった。そこでワンゲーム・プレーオフが実施されたが、この試合に敗れて地区優勝を逃してしまった。

このことをベーブ・ルースに呪いをかけられたようだとして、いつしかベーブ・ルースの愛称「バンビーノ」から「バンビーノの呪い」(w:Curse of the Bambino)と呼ばれるようになった。86年もの長きに及んだこの「呪い」も2004年のワールドシリーズ制覇により解かれることとなった。2005年シーズン開幕戦、ヤンキースタジアムで「バンビーノの呪いは解けたのではなく、86年に一度しか優勝できなくなるものだ」と皮肉り、“2004+86=2090”(次の優勝は2090年以後だ)と書かれたプラカードが見受けられた。対するボストンはヤンキースが球界最高年俸のアレックス・ロドリゲスを擁してワールドシリーズを全く制覇できないことから「Aロッドの呪い」として揶揄する。


[編集] 2004:呪いが解けた年
2003年のアメリカンリーグチャンピオンシップ敗退後、レッドソックスのセオ・エプスタインGMは積極的な戦力補強を進めた。ヤンキースとのチャンピオンシップ第7戦における継投ミスを問われ、グレイディ・リトル監督が解雇され、元フィラデルフィア・フィリーズ監督のテリー・フランコーナ監督が就任する。アリゾナ・ダイヤモンドバックスからトレードでカート・シリング投手を獲得し、フリーエージェントでオークランド・アスレチックスのクローザーだったキース・フォーク投手を獲得する。また、マニー・ラミレス外野手を放出し、テキサス・レンジャースのアレックス・ロドリゲス遊撃手を獲得する計画も進んでいたが、このトレードは選手会の反発を受け、不成立に終わる。その後ヤンキースがロドリゲスをアルフォンソ・ソリアーノ二塁手らとの交換で獲得し、またもレッドソックスはヤンキースの後塵を拝するかと思われた。

しかし4月はヤンキースとの直接対決を6勝1敗で乗り切り、アリーグ東地区を4ゲーム差をつけて首位に立つ。しかしその後チーム全体が低調となり、7月末の時点でヤンキースに10ゲーム差をつけられていた。7月末に長年チームの顔であったが、シーズン後にFAによってチームを去ることを確実視されていたノマー・ガルシアパーラ遊撃手をシカゴ・カブスに放出し、モントリオール・エクスポズからオーランド・カブレラ遊撃手、ミネソタ・ツインズからダグ・ミントケイビッチ一塁手、ロサンゼルス・ドジャースからデーブ・ロバーツ外野手らを獲得する。人気者のガルシアパーラを放出したことに非難が集中したが、のちにこれらの選手が重要な役割を果たすことになる。 8月に入るとチームは投打がかみ合い好調を維持する。結果8月は21勝7敗の好成績をあげ首位ヤンキースとのゲーム差を縮めることとなった。

9月に入ってもヤンキースに追いつくことはなかったが、アメリカンリーグのワイルドカードを獲得する。ディビジョンシリーズではアナハイム・エンジェルスを3連勝でくだし、チャンピオンシップは前年と同じヤンキースとレッドソックスの組み合わせとなる。

カート・シリングが先発した第1戦を落とし、その上にシリングはかかとの怪我のため降板し、もはやシリングの再登板が絶望的となる。第2戦はペドロ・マルティネスが先発するが、1-3で2連敗を喫する。第3戦も落とし、0勝3敗と追い詰められる。

しかし第4戦、9回裏に3-4と負けていながら、代走のデーブ・ロバーツの盗塁をきっかけとしてヤンキースの守護神であるマリアノ・リベラからビル・ミラーが同点打を放ち、延長戦の末にデイヴィッド・オルティズのサヨナラHRでヤンキースを降す。第5戦も8回裏にリベラからジェイソン・ヴァリテックの犠牲フライで同点に追いつくと、延長14回にまたもデイヴィッド・オルティズがサヨナラ安打。第6戦では負傷したかかとを応急手術で縫い合わせたカート・シリングが復帰し、文字通り靴下を血で赤く染めながらのピッチングでヤンキース打線を封じ、最終的にレッドソックスは、(100年以上歴史ある)メジャーリーグで史上初となる3連敗4連勝の大逆転を達成する。なお、北米のプロスポーツ史上で3連敗4連勝は1942年のトロント・メープルリーフスと1975年のニューヨーク・アイランダーズの2回のみである。プレーオフ後、ヤンキースの監督であるジョー・トーリは、「第5戦の6回2死満塁の場面で守備がそれほど評価されていない選手(トロット・ニクソン)に好捕されたのがシリーズ(敗退)のポイントだった」と振り返った。

ワールドシリーズではセントルイス・カージナルスと対戦し、4勝0敗で1918年以来のシリーズ制覇を達成する。なお、ポストシーズン8連勝はメジャー史上初、4勝0敗でのシリーズ制覇は球団史上初であった。

2006年オフにはポスティングシステムを利用して、松坂大輔投手に対して5,111万1,111ドル11セントを提示(かつてレッドソックスにも在籍した大投手サイ・ヤングの通算勝利数511にちなむ)。独占交渉権を獲得し、松坂の入団が決まった。


[編集] ヤンキースとレッドソックス
ドミニカ共和国出身のマニー・ラミレス、デビッド・オルティズや、ベテラン投手カート・シリング、ナックルボールを操るティム・ウェイクフィールドなど、投打ともにスタープレーヤーをそろえる強豪チームで、同じ東地区のニューヨーク・ヤンキースとは長年のライバル関係にある。

日本ではヤンキースが最も人気のあるチームと報道されることが多い。確かに観客動員数ではヤンキースが上回っているが、それはヤンキースの本拠地ヤンキー・スタジアムの収容人数57,545人に対して、レッドソックスの本拠地フェンウェイ・パークは38,805人しか収容できないためである(客席を増やすための改築が現在進行中)。フェンウェイ・パークは入場券の平均価格が2006年春現在、46.46ドル(約5,500円)と9年連続30球団最高であるにもかかわらず307試合連続満員札止め状態(2006年シーズン終了時点)が続き、またビジターゲームでの観客動員はレッドソックスが1位である。そのため、アメリカではメジャーで最も人気のある球団はレッドソックスだといわれている。

2003年のシーズンは地区優勝争いでヤンキースに敗れたが、ワイルドカードで見事プレーオフに進出した。しかし、アメリカンリーグ優勝決定戦で、またしてもヤンキースに激戦の末敗退した。また、同年にはケビン・ミラーの入団をめぐり、日本プロ野球の中日と問題をおこした。

2004年のシーズンも、2003年同様に地区優勝争いでヤンキースに敗れ、ワイルドカードでプレーオフに進出した。ただし、今回は、アメリカンリーグ優勝決定戦で、ヤンキースに3連敗しながら4連勝する大激戦を演じてリーグ優勝を決めた。その後、ワールドシリーズでもセントルイス・カージナルスに圧倒的な勢いで4連勝し、1918年以来86年ぶりのワールドシリーズ優勝を果たした。


[編集] 主な選手

[編集] 現役選手

[編集] 投手
ジョシュ・ベケット (Josh Beckett)
クレイグ・ブレスロウ (Craig Breslow)
マット・クレメント (Matt Clement)
ニック・デバー (Nick Debarr)
マニー・デルカーメン (Manny Delcarmen)
ブレンダン・ドネリー (Brendan Donnelly)
ケイソン・ギャバード (Kason Gabbard)
エリック・ガニエ (Eric Gagné)
デバーン・ハンサック (Devern Hansack)
クレイグ・ハンセン (Craig Hansen)
カイル・ジャクソン (Kyle Jackson)
ジョン・レスター (Jon Lester)
ハビアー・ロペス (Javier Lopez)
エドガー・マルティネス (Edgar Martinez)
松坂大輔 (Daisuke Matsuzaka)
岡島秀樹 (Hideki Okajima)
ジョナサン・パペルボン (Jonathan Papelbon)
デービッド・ポーレー (David Pauley)
カート・シリング (Curt Schilling)
カイル・スナイダー (Kyle Snyder)
フリアン・タバレス (Julian Tavarez)
マイク・ティムリン (Mike Timlin)
ティム・ウェイクフィールド (Tim Wakefield)

[編集] 捕手
ジョージ・コッタラス (Geroge Kottaras)
ダグ・ミラベリ (Doug Mirabelli)
ジェイソン・ヴァリテック (Jason Varitek)

[編集] 内野手
アレックス・コーラ (Alex Cora)
マイク・ローウェル (Mike Lowell)
フリオ・ルーゴ (Julio Lugo)
デイヴィッド・オルティズ (David Ortiz)
ダスティン・ペドロイア (Dustin Pedroia)
ケビン・ユーキリス (Kevin Youkilis)

[編集] 外野手
ココ・クリスプ (Coco Crisp)
J.D.ドルー (J.D. Drew)
エリック・ヒンスキー (Eric Hinske)
ブランドン・モス (Brandon Moss)
デービッド・マーフィ (David Murphy)
マニー・ラミレス (Manny Ramirez)

[編集] 殿堂入り選手
ルイス・アパリシオ (Luis Aparicio)
ウェイド・ボッグス (Wade Boggs)
ルー・ブードロー (Lou Boudreau)
ジェシー・バーケット (Jesse Burkett)
オーランド・セペダ (Orlando Cepeda)
ジャック・チェスブロ (Jack Chesbro)
ジミー・コリンズ (Jimmy Collins)
ジョー・クローニン (Joe Cronin)
ボビー・ドーア (Bobby Doerr)
デニス・エカーズリー (Dennis Eckersley)
リック・フェレル (Rick Ferrell)
カールトン・フィスク (Carlton Fisk)
ジミー・フォックス (Jimmie Foxx)
レフティ・グローブ (Lefty Grove)
ハリー・フーパー (Harry Hooper)
ウェイト・ホイト (Waite Hoyt)
ファーガソン・ジェンキンス (Ferguson Jenkins)
ジョージ・ケル (George Kell)
ヘイニー・マナシュ (Heinie Manush)
ホワン・マリシャル (Juan Marichal)
ハーブ・ペノック (Herb Pennock)
トニー・ペレス (Tony Perez)
レッド・ラフィング (Red Ruffing)
ベーブ・ルース (Babe Ruth)
トム・シーバー (Tom Seaver)
アル・シモンズ (Al Simmons)
トリス・スピーカー (Tris Speaker)
テッド・ウィリアムズ (Ted Williams)
カール・ヤストレムスキー (Carl Yastrzemski)
サイ・ヤング (Cy Young)

[編集] その他の過去に在籍した選手
ロジャー・クレメンス (Roger Clemens) (現在、ニューヨーク・ヤンキースに在籍)
ブロンソン・アローヨ (Bronson Arroyo)(現在、シンシナティ・レッズに在籍)
ジョニー・デイモン (Johnny Damon)(現在、ニューヨーク・ヤンキースに在籍)
ケビン・ミラー (Kevin Millar)(現在、ボルティモア・オリオールズに在籍)
デレク・ロウ (Derek Lowe) (現在、ロサンゼルス・ドジャースに在籍)
ペドロ・マルティネス (Pedro Martinez)(現在、ニューヨーク・メッツに在籍)
ジェイ・ペイトン (Jay Payton)(2005年途中、オークランド・アスレティックスにトレード)
ノマー・ガルシアパーラ (Nomar Garciaparra) (現在、ロサンゼルス・ドジャーズに所属)
マーク・ベルホーン (Mark Bellhorn)(現在、シンシナティ・レッズに所属)
アラン・エンブリー (Alan Embree)(現在、サンディエゴ・パドレスに所属)
リッキー・ヘンダーソン (Rickey Henderson)(現在、ニューヨーク・メッツコーチ)
大家友和 (Tomo Ohka)(現在、トロント・ブルージェイズに所属)
スコット・ウィリアムソン (Scott Williamson)(現在、サンディエゴ・パドレスに所属)
野茂英雄 (Hideo Nomo)
ロベルト・ペタジーニ (Roberto Petagine)
レジー・スミス(Carl Reginald Smith)
ビル・ミラー (Bill Mueller)
ゲーブ・キャプラー (Gabe Kapler)(2005年堀内政権の読売に在籍したが打率.153と低迷。同年7月に本人の意向で契約解除。現在引退しボストン・レッドソックス マイナー監督を務めているという。)
マイク・グリーンウェル (Mike Greenwell)(1997年、阪神タイガースに在籍)
マイク・ホルツ(Michael Holtz)
金炳賢(Byung-hyun Kim) (現在、フロリダ・マーリンズに在籍)

[編集] 永久欠番
永久欠番となるには、アメリカ野球殿堂入り、レッドソックスに10年以上在籍、レッドソックスでキャリアを終えるの3つをクリアしなければならない。[1]

1 ボビー・ドーア (Bobby Doerr)
4 ジョー・クローニン (Joe Cronin)
8 カール・ヤストレムスキー (Carl Yastrzemski)
9 テッド・ウィリアムズ (Ted Williams)
27 カールトン・フィスク (Carlton Fisk)
42 ジャッキー・ロビンソン (Jackie Robinson)

[編集] 傘下のマイナーチーム
AAA

ポータケット・レッドソックス (Pawtucket Red Sox)
AA

ポートランド・シードッグズ (Portland Sea Dogs)
ホーム球場であるハドロック・フィールドは、レッドソックスのホーム球場であるフェンウェイ・パークと造りが似ている。レフトには、フェンウェイ・パークの「グリーンモンスター」と全く同じ高さの約11.3メートルの「メーンモンスター」がある。
A

ウィルミントン・ブルーロックス (Wilmington Blue Rocks)
グリーンビル・ドライブ (Greenville Drive)
ローウェル・スピナーズ (Lowell Spinners)
ルーキーリーグ

ガルフ・コースト・レッドソックス (Gulf Coast Red Sox)

[編集] 公式応援歌
ドロップキック・マーフィーズがチームの公式応援歌「Tessie」を歌っている。ホームでレッドソックスが勝つと試合後に曲が流れる。


[編集] スポンサー
ダンキンドーナツ
2007年2月15日に、船井電機とパートナーシップ契約を締結している。[2]

[編集] 関連項目
ベーブ・ルース

[編集] 脚注
^ レッドソックス公式ページ
^ [1]

[編集] 外部リンク
ウィキメディア・コモンズには、ボストン・レッドソックスに関連するカテゴリがあります。Boston Red Sox(英語版)
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| MLB メジャー・リーグ・ベースボール | 05:45 | comments(0) | trackbacks(12) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 05:45 | - | - | pookmark









http://funnystoryda.jugem.jp/trackback/142
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/23 2:04 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/23 3:27 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/23 5:05 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/25 3:44 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/27 7:28 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/29 11:14 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/30 1:33 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/30 11:01 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/10/30 9:26 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/11/02 12:53 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/11/08 4:51 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/12/29 8:18 PM |