+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< クレオパトラの彫像【動画】美人っぽいね・墓も発見か・byベゼルG200 | main | ベゼルg200も驚く、激しいヒツジ! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
大リーグでジャッキー・ロビンソンデー、全員が背番号「42」
ベゼルG200(BESEL G200)が、小さいあなたの悩みを解消!

   ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ ▽ ▼ 



   ▲ △ ▲ △ ▲ △ ▲ △ ▲ △ ▲ 

『BESEL G200(ベゼルG200)』ノーベル生理学・医学賞の一酸化窒素理論をサプリに応用。

『BESEL G200(ベゼルG200)』は、欧米で、380万人以上の愛用者がいる効果実証済みのペニス増大サプリの決定版です!




MLBも、最初は白人ばっかりだったんだね、、

ジャッキー・ロビンソンって、正直、「誰それ?」って感じだったんで、Wikiってみると、これまた偉大な人物ですね!

メジャーリーグに、当時のニグロリーグから、黒人として初めてMLBに移籍。

そのとき、選ばれた理由が、野球の技術は勿論、それ以上に「人格」を買われたっていうんですから、、

そう、当時、白人だけだったメジャーリーグに、黒人が入れば、世間の非難はゴウゴウ、チームメートの中には、球団を辞めていく白人も出たほど、

そんな逆境を、乗り越えられるのはジャッキー・ロビンソンしかいないと見込まれたわけだ!

凄いよね!





▼ジャッキー・ロビンソン(1954年)とは

基本情報
国籍 アメリカ合衆国
出身地 アメリカ合衆国ジョージア州カイロ
没年月日 1972年10月24日(満53歳没)
身長
体重 5' 11" =約180.3cm
204 lb =約92.5kg
選手情報
投球・打席 右投右打
守備位置 二塁手
プロ入り 1945年
初出場 1947年4月15日
最終出場 1956年9月30日
経歴(括弧内は在籍年)
ブルックリン・ドジャース(1947年 - 1956年)

アメリカ野球殿堂
殿堂表彰者
選出年 1962年
得票率 77.50%
選出方法 BBWAA選出
この表について[表示]
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。
■Template ■ウィキプロジェクト 野球選手

ジャック・ルーズベルト”ジャッキー”・ロビンソン(Jack Roosevelt "Jackie" Robinson、1919年1月31日 - 1972年10月24日)はアメリカ合衆国の元メジャーリーガー(内野手)である。

それまで有色人種を排除していたメジャーリーグベースボールにおいてアフリカ系アメリカ人選手としてデビューし活躍。有色人種のメジャーリーグ参加の道を開いた[1]。

目次 [非表示]
1 来歴・人物
1.1 生い立ち
1.2 メジャー・デビュー
1.3 引退後
1.4 偉大な足跡
2 獲得タイトル・記録
3 年度別打撃成績
4 脚注
5 外部リンク



来歴・人物 [編集]

生い立ち [編集]
1919年1月31日ジョージア州カイロで5人兄弟の末っ子として生まれたが、生後6カ月のころに父が蒸発したため、カリフォルニア州パサデナへ移住した[2]。ロビンソンはスポーツ万能選手として頭角を現し[2]、パサディナ短期大学(現・パサディナ市立大学)とカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)でアメリカンフットボールや野球などで活躍。アメリカンフットボール選手として特に名高かった[2]。中退[要出典]して軍隊に入隊し、膝を痛めて少尉で退役[2]。その後1945年に口約束で月間400ドルでニグロ・リーグのカンザスシティ・モナークスに入団[2]。


メジャー・デビュー [編集]

ジャッキー・ロビンソン(1945年)1945年の末に当時のブルックリン・ドジャースの会長ブランチ・リッキーに誘われる。リッキーは優秀な選手を欲していたが、その供給源としてニグロ・リーグの黒人選手に求めたのだ。様々な選手選考の中、当時ドジャースのスカウトであったジョージ・シスラーはロビンソンの人間性を高く評価し「彼、ロビンソンなら批判を乗り越えられるから大丈夫」と推薦を受けたものだった(単なる野球の成績だけであればサチェル・ペイジが第一の候補だったといわれるが、様々な誹謗・中傷に耐えうる人間性をロビンソンは持ち合わせていた)[要出典]。リッキーはその確認に行き、現地で評判を調べた。耳にした批判は黒人への差別にはたちどころに抗議をすることだった[2]。

黒人がメジャーリーグに入ることで受けるであろう反感と差別にジャッキーは最初は躊躇するが[要出典]、契約金3000ドル、月給600ドルで1946年からドジャースの傘下のAAA級モントリオール・ロイヤルズに入団[2]。1946年4月18日に打席に立ち、黒人選手としてインターナショナルリーグでは57年ぶり、他の野球機構のマイナーリーグを含めても48年ぶりのことだった[2]。

1947年4月10日に「ドジャースはモントリオールのジャック・ルーズベルト・ロビンソンをメジャーに昇格させる。彼は直ちにチームに合流するだろう」と発表した[2]。開幕戦の4月15日に本拠地のエベッツ・フィールドには26,623人の観客のうち半数以上の14,000人はロビンソンを見ようとする黒人だった[3][4]。そしてロビンソンはアフリカ系アメリカ人のメジャーリーガーとしては1884年のモーゼス・フリート・ウォーカー以来63年ぶりにメジャーデビューを果たした[4]。

世間からは非難ごうごうで、チームメイトのなかにはジャッキーとプレイするのを嫌がって移籍した者もいた[4]。それに対し、監督のレオ・ドローチャーは「自分は選手の肌が黄色であろうと黒であろうと構わない。自分はこのチームの監督である。優秀な選手であれば使う。もし自分に反対する者がいたら、チームを出て行ってほしい」と語った[4]。また、対戦チームのフィラデルフィア・フィリーズはドジャースとの対戦を前にロビンソンが出場するなら対戦を拒否すると通告したり、セントルイス・カージナルスも同じような脅しをした[2][5]。それに対し、リーグ会長はロビンソンを支持し、問題の鎮静化を図った[2]。

ジャッキーは逆境にめげず常に紳士的に振る舞い、どのような酷いことをされても決して報復をしなかった。この状況の転機は8月末にやってくる。その日の試合で一塁のベースカバーに入ったロビンソンに相手チームの選手がスパイクを立ててスライディングし、ジャッキーに怪我をさせた。このことでチームメイトが相手チームへの怒りで一丸となり、白人のチームメイトたちがロビンソンをかばった。同時にロビンソンの活躍とその態度に世論も徐々に味方するようになっていった。[要出典]

ジャッキーはこの年に一塁手として打率.297・12HR・48打点・29盗塁という成績を残してチームの優勝にも貢献し、この年より制定された新人王を受賞した。翌年からは二塁手として活躍を続け、1949年には首位打者と盗塁王を獲得し、MVPに選ばれ、黒人選手として初のオールスターゲームに選出され[5]、その後オールスターには6年連続で出場した。1949年から6年連続で3割を達成している。

1956年にはジャイアンツへの移籍が持ち上がるが、ジャッキーはドジャースにこだわり[要出典]、ドジャースにいられないならばと翌年の1月に引退してしまった。


引退後 [編集]
1962年には1939年のルー・ゲーリッグ以来となる有資格初年度で野球殿堂入りを果たす[5]。引退後は実業家として活躍し、また黒人差別撤廃のための政治活動に力を注いだ。さらに長男のジャッキー・ロビンソン・ジュニアが麻薬中毒で亡くなったため反麻薬活動にも積極的に参加した。著書に自伝"I Never Had It Made"(邦題・黒人初の大リーガー)がある[6]。1972年6月4日、ロビンソン(42)、ロイ・キャンパネラ(39)、サンディー・コーファックス(32)の背番号がドジャースの永久欠番となる[7]。同年10月に心臓病のため53歳で死去。


偉大な足跡 [編集]
ロビンソンの活躍によりメジャーへの黒人選手受け入れを早める役割を果たし[2]、ハンク・アーロンやウィリー・メイズ、サチェル・ペイジのメジャーデビューの手がかりとなった。メジャーリーグのみならず、人種差別問題そのものへ与えた影響も非常に大きい。

ロビンソンのメジャーデビュー50年目にあたる1997年4月15日、その功績を称えて、ロビンソンの背番号42が全球団共通の永久欠番となった。ただし、マリアノ・リベラなど、それ以前から背番号42をつけていた選手に関しては特例として背番号42を継続使用することが許可されている。

1999年には、メジャーリーグベースボール・オールセンチュリー・チームの二塁手部門に1位で選ばれている。通算成績では他の候補選手に一歩譲るものの、その存在意義が高く評価された結果である。また2004年4月15日からはこの日が「ジャッキー・ロビンソン・デー」とされて、メジャーリーグの記念日となった。また2007年の同日には、ケン・グリフィー・ジュニアのコミッショナーへの提案により、希望する選手全員が背番号42を着用して試合に出場した[8]。ドジャース、カージナルス、パイレーツ、フィリーズ、ブルワーズ、アストロズでは選手・監督・コーチ全員が42番を着用した[9]。 2009年には、全球団の選手・監督・コーチ及び審判員全員が42番を着用した。

日本のプロ野球でプレーする外国人(非日本人)選手に42番をつけている選手が多いのは、日本人は「42=死に」として忌み嫌われやすい数字であるのに対してメジャーリーグでは今や着けることが出来ない偉大な背番号だからである。最近は日本人でも42を付ける選手は何人か存在している。また、MLB中継がNHKBSなど日本でも増えていることや前出したマリアノ・リベラが背負っている42の存在も大きいものとみられる[要出典]。


獲得タイトル・記録 [編集]
ナショナルリーグMVP 1回:1949年
新人王:1947年
首位打者 1回:1949年(.342)
盗塁王 2回:1947年(29)、1949年(37)
MLBオールスターゲーム選出 6回:1949年−1954年
メジャーリーグベースボール・オールセンチュリー・チーム選出:1999年


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


JUGEMテーマ:メジャーリーグ


| MLB メジャー・リーグ・ベースボール | 14:48 | comments(0) | trackbacks(17) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 14:48 | - | - | pookmark









http://funnystoryda.jugem.jp/trackback/442
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/18 2:58 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/18 5:02 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/18 5:28 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/18 6:11 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/19 3:21 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/19 2:20 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/19 4:41 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/19 5:33 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/19 8:46 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/20 2:37 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/20 2:39 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/20 5:29 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/21 12:29 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/04/21 7:59 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/05/11 9:14 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/06/13 7:36 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/09/11 12:22 AM |