+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 新潟県沖で起きた地震の震源地 | main | 中国、米企業など10社からの冷凍食品輸入を停止って、はあああ?逆ちゃうの?? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
地震が起こるすぐそこに、ある原子力発電所・・

新潟県中越沖地震で、柏崎刈羽原子力発電所の数機が、一時、緊急停止し、3号機から火災が発生し、黒煙をあげた。



この柏崎市は、過去にも大きな地震が起こっており、どうして、そんな場所に、「原発」なんて危険なものを作るんだろうか?

不思議に思えてならない。

日本は、どこでも地震が起こりうるから、極論すれば、地震国日本に、原子力発電所は、危ない。。

ということになってしまうが、それにしても、もう少し、工夫の余地はないものか・・・

今回は、今のところ、放射能漏れなどはなさそうだが、万が一、大きな破損や事故につながったらと、思うと、背筋がゾッとするのは、私だけだろうか?


柏崎刈羽原子力発電所とは



柏崎刈羽原子力発電所(かしわざきかりわげんしりょくはつでんしょ)は新潟県柏崎市・刈羽郡刈羽村にある東京電力の原子力発電所である。

現在1号機から7号機までの7つの炉があり稼働中である(定期点検期間も稼働中と考える)。7基の原子炉が発生する合計出力は821万2千キロワットにもなり、7号機が営業運転を開始した1997年7月2日の時点でそれまでの最大だったカナダのブルース発電所を抜いて世界最大の原子力発電所となった。

発電された電気は50万V送電線で群馬県や山梨県を経て首都圏に向け送電されている。なお発電所の位置する新潟県は東北電力のエリアであるため、この地域には供給されない。

目 次

1 設備
1.1 1号機 (KK-1)
1.2 2号機 (KK-2)
1.3 3号機 (KK-3)
1.4 4号機 (KK-4)
1.5 5号機 (KK-5)
1.6 6号機 (KK-6)
1.7 7号機 (KK-7)

2 耐震性

3 100万V送電

4 過去の主なトラブル

5 外部リンク

6 関連項目



1.設備

1号機 (KK-1)
原子炉形式: 沸騰水型軽水炉 (BWR)
運転開始: 1985年9月18日
定格出力: 110万キロワット

2号機 (KK-2)
原子炉形式: 沸騰水型軽水炉 (BWR)
運転開始: 1990年9月28日
定格出力: 110万キロワット

3号機 (KK-3)
原子炉形式: 沸騰水型軽水炉 (BWR)
運転開始: 1993年8月11日
定格出力: 110万キロワット

4号機 (KK-4)
原子炉形式: 沸騰水型軽水炉 (BWR)
運転開始: 1994年8月11日
定格出力: 110万キロワット

5号機 (KK-5)
原子炉形式: 沸騰水型軽水炉 (BWR)
運転開始: 1990年4月10日
定格出力: 110万キロワット

6号機 (KK-6)
原子炉形式: 改良型沸騰水型軽水炉 (ABWR)
運転開始: 1996年11月7日
定格出力: 135.6万キロワット

7号機 (KK-7)
原子炉形式: 改良型沸騰水型軽水炉 (ABWR)
運転開始: 1997年7月2日
定格出力: 135.6万キロワット


2.耐震性

砂地を掘り下げ堅い岩盤の上に支持させていること、また半地下式で4階部分程度まで地中に埋もれ建物上部も共振しにくいことから、非常に地震に強い構造となっている。2004年の新潟県中越地震の際も、すぐ近くの刈羽村役場では震度6弱が観測されたにもかかわらず、発電所の基礎部は震度4の揺れしか観測されなかったと言われている[要出典]。



3.100万V送電

柏崎刈羽原子力発電所から群馬県の西群馬開閉所までの2系統の送電線のうち、1993年に竣工した南新潟幹線は技術的に100万Vでの送電が可能な構造となっており、当初の計画では既に100万Vでの送電が開始されていたはずであった。しかし、電磁波の影響を懸念する沿線地域が計画に反対している為、日本初となる100万V送電計画は未だ実現しておらず、その目処も立っていない(諸外国に対しての技術的遅延が懸念されている[要出典])。



4.過去の主なトラブル

2006年7月12日、柏崎刈羽原子力発電所で初めて、作業員が一日で受けても良いとされている計画線量0.8ミリシーベルトを超える1.03ミリシーベルトを被曝していたことが分かった。


5.外部リンク

東京電力・柏崎刈羽原子力発電所


6.関連項目

柏崎刈羽地域

日本の原子力発電所
泊原発 | 東通原発 | 女川原発 | 福島第一原発 | 福島第二原発
東海第二原発 | 柏崎刈羽原発 | 浜岡原発 | 志賀原発 | 敦賀原発 | 美浜原発
大飯原発 | 高浜原発 | 島根原発 | 伊方原発 | 玄海原発 | 川内原発

稼動していない発電所
大間原発 | 浪江・小高原発 | 巻原発
上関原発 | もんじゅ | 東海原発


カテゴリ: 半保護 | 現在進行 | 出典を必要とする記事 | 原子力発電所 | 新潟県の建築物・観光名所 | 柏崎市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
| 災害・日本の地震 | 18:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 18:36 | - | - | pookmark









http://funnystoryda.jugem.jp/trackback/50