+↓優良メル友、出会い系ならココ↓
+↓あなたの、おなかポッコリがスッキリ!↓
+素的な出会いが!
+↓髪の毛が増える↓
+ブログランキング〜〜↓
  • seo
+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ハイテク日本、アダルトグッズも最先端 | main | 地球温暖化により可能となる東アジア−ヨーロッパ最短の「北極海航路」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
中国、食品規制違反の通報報奨金を大幅に増額

中国、食品規制違反の通報報奨金を大幅に増額したってことは
まだまだ、中国内じゃあヤバい食品が、うようよしてることの裏返しだよね・・・

中国国内からも、海外からも、これだけ「中国の食品安全は?????」って叩かれっちゃ中国当局も、火消しに躍起になるのも分かるけど、

これじゃ、金儲けで、嘘の通報やら、商売敵を陥れようなんてヤカラが、うじゃうじゃ出てくるんじゃないの???

違う意味で、問題になったりして・・・

それにしても、


ネズミに毒見って、、北京オリンピック大丈夫??



【7月28日 AFP】中国政府は規制違反の食品に関して当局に通報した者に対する報奨金の額をこれまでの1万元(約16万円)から5万元(約80万円)に大幅に引き上げた。国営紙中国日報(China Daily)が27日、報じた。

 2004年に開始された現行の制度では、通報者は報奨金を受領する際に身分証明証を示す必要があったが、当局ではこれが通報の妨げとなっているとみなし、新たな規定では報復の恐れがないよう匿名の通報制度も設けた。

 報奨金引き上げの背景には、最近の食品や医薬品などにおける中国製品に対する危険性への指摘があり、中国政府は内外の懸念を払拭しようと対策に乗り出した。

 特に2008年北京五輪の対策に力を入れる首都・北京(Beijing)では、海外からの選手団や観光客らが食中毒などにかからないよう、選手村の調理場には24時間監視体制を導入し、食物貯蔵室は監視カメラで、食糧運搬車は全地球測位(GPS)システムで監視する。また選手の食事はネズミに毒見をさせるとしており、万全の態勢で臨む。(c)AFP

(写真)2007年7月20日、北京(Beijing)の市場で野菜を売る露天商。(c)AFP/Peter PARKS
| 中国の食品安全 | 20:14 | comments(0) | trackbacks(3) | pookmark
スポンサーサイト
| - | 20:14 | - | - | pookmark









http://funnystoryda.jugem.jp/trackback/80
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/28 10:39 PM |
サンドイッチを食べて急死!
北京の韓国大使館に勤務していた黄公使が28日夜、街中で買ったサンドイッチを食べた後に急死するというショッキングな事件が起こりました。北京の大使館近くで購入したサンドイッチを食べたあと、激しい腹痛と下痢の症状を訴え、その後病院で亡くなりました。現在、中
| なんでんかんでん 【 Nanden - Kanden 】 | 2007/08/01 7:42 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/11/08 7:20 PM |